Home / iPhone / iPhone7の防水機能はどのレベル?iPhone7の防水レベル

iPhone7の防水機能はどのレベル?iPhone7の防水レベル

iPhoneは長らく防水機能を標準装備されることを望まれてきましたが、iPhone7では初めてこの念願が叶い、防水・防塵の機能を追加された端末になっています。

しかし、防水・防塵機能と言っても一概にあらゆるレベルでの水環境等に耐えられるということではなく、防水にもレベルがあり、それぞれ耐えられる環境というのが設定されています。

本記事ではiPhone7の防水・防塵の性能レベルについてご紹介していきます。iPhone7では標準でどの程度まで防水がされるのか、また防水ケースなどの利用が必要なのかについて、本記事と一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

iPhoneの防水レベル

防水性能等については国際電気標準会議(IEC)や日本工業規格(JIS)などで、保護レベルの基準が定められており、防水・防塵機能におけるiPhone7のレベルは「IP67」とされています。

この「IP67」という文字の意味を理解することによって、iPhone7にどの程度の防水・防塵を期待して良いのかを理解することができます。早速見ていきましょう。

「IP67」の意味

「IP67」は「IP」と「6」「7」の3つに区切ることができます。最初のIPについては「International Protection」の頭文字をとった略になっており、IPに続く数字が防塵性能を表し、その次の数字が防水性能を表しているという意味になっています。

そのため、「6」「7」がiPhone7の防塵・防水性能のレベルを表している数字になりますので、それぞれについてどの程度なのか、次に見ていきましょう。

iPhone7の防塵機能

iphone7の防塵レベルについては、「6」と設定されています。これがどの程度のものなのか、下記の防塵等級表と比較をしてみましょう。

  1. 0:特に保護されていない
  2. 1: 直径50mmを超える固形物(人体の手足など)が内部に侵入しない
  3. 2: 直径12.5mmを超える固形物(人体の指先など)が内部に侵入しない
  4. 3: 直径2.5mmを超える固形物が内部に侵入しない
  5. 4: 直径1.0mmを超える固形物が内部に侵入しない
  6. 5: 悪影響が生ずる程度の粉塵が内部に侵入しない
  7. 6: 粉塵が内部に侵入しない

この防塵等級表と比較をしてみると、iPhone7の防塵機能は最大レベルで、防塵機能については高いレベルにあると言えそうです。それでは、iPhone7から導入されているという防水機能はどのようになっているか見ていきましょう。

iPhone7の防水機能

iPhone7の防水性能は「7」と設定されています。下記の防水等級表と比較して、iPhone7の端末の防水性能がどの程度のものか見ていきましょう。

  1. 0: 特に保護されていない
  2. 1: 鉛直に落下する水滴を受けても有害な影響がない
  3. 2: 鉛直から15度以内の範囲で落下する水滴を受けても有害な影響がない
  4. 3: 鉛直から60度以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない
  5. 4: あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない
  6. 5: あらゆる方向から噴流水を受けても有害な影響がない
  7. 6: あらゆる方向から強い噴流水を受けても有害な影響がない
  8. 7: 一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない
  9. 8: 連続的に水中に置いても有害な影響がない

つまり「IP67」と設定されているiPhone7の端末では、防水防塵機能ともにどちらも非常に優秀であると言えます。これまではうっかり水のある場所に落としてしまったり、水をかけてしまってもトラブルになる場合もありましたが、iPhone7からはある程度の水環境では、問題なく使用し続けることができるようになったと言えそうです。

しかし、このような商品規格のテストについては「真水、かつ常温」という環境でテストをしているため、実際の日常生活で使用するお風呂場や、またプールや海などでの使用については、実際は故障を招く恐れがありますので注意が必要です。

お風呂やプール、海などの環境でiPhoneを今後も使用し続けるという方にとっては、あまり防水機能等を過信しすぎず、ソフトケースやハードケースのiPhone防水ケースを使用した方が、より安心感を持って利用することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhone7からは待望の防水機能が標準装備され、そのレベルとしても非常に高い評価を受けています。

一方で、テスト環境は非常に良い環境下でのテストとなり、実際に高熱の環境であったり、シャンプーや塩素などがある環境下での耐久テストは行われていません。

そのため、iPhone7の防水機能は優れたものではありますが、過信せず、水環境で使用する時には注意をしながら使用するようにした方が良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …