Home / iPhone / すぐ落ちる!iPhoneバッテリーを長持ちさせる効果的な方法8つ

すぐ落ちる!iPhoneバッテリーを長持ちさせる効果的な方法8つ

最近では多くの人が使用していると言われているiphoneですが、バッテリーの減りが早いという不満も良く聞かれるようです。

Appleでは、バッテリーの耐用年数はデバイスの個々人の使い方や設定によって異なると発表していますが、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されていると言っています。

つまり、使い方によって、バッテリーの劣化は驚くほど大きな差が出るのです。

バッテリーの劣化を抑えるポイントを習慣化することにより、少しでも有効容量を80%に近付けたいものですが、そのためのiphoneのバッテリーを長持ちさせる対処方法を紹介します。

スポンサードリンク

なぜそんなに早い?iPhoneのバッテリーの減りが早くなる原因とは

iphoneのバッテリーの減りが極端に早いと感じることはありませんか?それまで感じなかったのに、急に減りが早くなったという場合には、何か特別な原因があるかもしれません。

たとえば、iphoneのアップデートをした際、似合い部では複雑な処理が行われるために、数時間はバッテリーの減りが早くなることがあります。

しかし、数日たってもその減りの状態が続くようであれば、バッテリードレイン(バッテリー消耗が早くなる不具合)が起きている可能性もあります。

あるいは慢性的にバッテリーの減りが早い時には、バッテリー自体がへ立っている可能性も考えられます。iOSがバッテリーの以上を検知していないか確認する必要があります。

バッテリードレイン

バッテリーの消耗が早くなる不具合であるバッテリードレインに関しては、最新バージョンのiO5 10.3.2で多くの報告が上がっている事実があります。この場合はAppleに報告、相談することをお勧めします。

バッテリー自体に異常

慢性的にバッテリーの減りが早い場合はバッテリー自体の異常も疑いましょう。iO5 10.2.1以降であれば、バッテリーに異常がある場合、「設定」→バッテリー最上部に「iphoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」という警告が表示されます。

アプリの一斉なアップデートが原因

OSがアップデートされた際に、アプリが一斉にアップデートすることがあるため、モバイルデータ通信でダウンロードされてバッテリーが大幅に消費する状態になります。この場合は設定を変更し、自動ダウンロードをオフにする必要があります。

APPのバックグラウンド更新が原因

バックグラウンド更新とは、ほかのアプリを表示している裏側でもアプリの通信を許可する機能のことですが、位置情報を拾いつつ、safariで店情報を調べるなど、同時にアプリが動く状況をさします。こうなると、バッテリーの消耗は早くなり、バックグラウンド更新を停止することで消費を抑えることができます。

使用していないアプリのバッテリーが原因

通常、使用していないアプリなのにバッテリーの消費が大きいものもあります。どのアプリがどれだけのバッテリーを消費しているのかを確認しておく必要があるでしょう。不要なものは削除することをお勧めします。

少しでも長く!バッテリーを長持ちさせる秘訣

iphoneのバッテリーの減りが早くなることは多くの人の悩みですが、このバッテリーを少しでも長く持たせるためにはどうしたら良いのでしょうか?

バッテリーを消耗している原因は様々ですが、それに対していろいろな意見が寄せられ、試行錯誤している状態のようです。実際にみんなが試している方法を紹介しましょう。

バッテリーを消耗しているアプリを検出する

「設定」 → 「一般」 → 「使用状況」 → 「バッテリーの使用状況」で、バッテリーを大きく消費しているアプリを見つけ出し、不要であれば削除しましょう。バッテリーの消費量がかなり変わるはずです。

次ページ:iTunesとAppストアの自動ダウンロードを切断する

iTunesとAppストアの自動ダウンロードを切断する

「設定」 → 「 iTunes & App Store 」 → 「自動ダウンロード」に進み、自動ダウンロードが有効になっている場合は手動で対応するようにしましょう。

Appのバックグラウンド更新をオフにする

「設定」 → 「一般」 → 「 App のバックグランド更新」ここからバックグラウンド更新をオフの設定にします。更新が不要のアプリはオフで問題はありません。

位置情報サービスの使用許可を管理

「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」全てのアプリをオフにするわけではなく、信頼できないアプリのみをとりあえずオフにしておくのも一つの方法です。

iAdと位置情報に基づく通知をオフにする

「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」 → 「システムサービス」

位置情報に基づくiAdというのは、自分の地域の広告を表示する機能のことです。広告を重要視しない人にはオフにしておいた方が良いでしょう。また、位置情報に基づく通知もリマインダーアプリで「指定場所で通知」の機能を使う場合に利用するものなので、不要の人も多いでしょう。

こんな方法があった!バッテリーの寿命自体を長持ちさせるコツとは

バッテリーの減りが早いことで悩んでいる人も多いと思いますが、実はバッテリーの寿命自体を長持ちさせるコツがいくつかあります。その方法を考えてみました。

70%消費したくらいで充電する

リチウムイオン電池は小刻みに充電したり、まったく空になってから充電するのはお勧めできません。全容量の70%強くらいを消費した段階で充電する使い方が長持ちすると言われています。また、充電回数は少ない方が良いとされています。

充電完了時間を厳守する

完全放電状態にしない方が良いのは当然ですが、それと同じように、100%充電が終わっているのに放置しておくと、バッテリーに大きな負担をかけることになります。そのため、バッテリーの消耗が早くなり、劣化してしまいます。夜寝る前に充電して、朝まで放置するなどは厳禁です。

充電しながらの使用は避ける

充電中にiphoneを使用することはバッテリーが長持ちしない原因の一つと言われています。リチウムイオン電池は熱に弱いため、充電中に負荷をかけると、iphoneに熱がこもり、バッテリーの劣化に繋がるのです。

最終手段!バッテリー交換をするにはどうしたらいい?

 

iphoneを充電したばかりなのに、数時間後にはバッテリーの残量が10%ほどになっているなどの際には、バッテリーを交換するしかないかもしれません。バッテリー劣化が原因と考えられます。ここまできたら、バッテリーそのものを交換する方法を考えなければなりません。

iphoneの場合は基本的にAppleでの対応となります。

Apple Storeの「Genius Bar」へ持ち込む

iphone購入後1年以内のiphoneで、正常な製品使用の80%未満のバッテリー能力しかないと判断された場合には無償でバッテリー交換をしてもらえます。また、「AppleCare+for iphone」に加入していれば、2年間の間無償で交換してもらうことができます。修理期間は約1週間となります。

Apple 配送修理に依頼する

近くにApple Storeがない場合や、Genius Barへ行く時間がない場合は配送修理に依頼すると良いでしょう。Genius Barに予約をし、専用ページでiphoneの症状などを入力したら、配送修理を選択します。配達住所など必要事項を記入したら、配送修理の手続きは完了です。約1週間ほどで修理完了のiphoneが届きます。

正規サービスプロバイダへ持ち込む

Apple Storeが近くにない場合、Appleの正規サービスプロバイダでバッテリー交換も可能です。サービスプロバイダの場所はAppleのWebサイトから確認しましょう。家電量販店などに窓口があることが多く、手続きなどはApple Storeと変わりません。

まとめ

現在、多くの人々に愛されているiphoneですが、ランニングコストが高いことや、バッテリーの消耗が早いことがネガティブな話題となっている事実もあります。

しかし、使い方次第でiphoneはより便利にまたより画期的にその性能の高さを発揮できる製品であることは間違いありません。正しく使って、iphoneのバッテリーを長持ちさせましょう!


スポンサーリンク