Home / iPhone / iPhoneアプリがアップデート中に待機中で止まる原因と対策

iPhoneアプリがアップデート中に待機中で止まる原因と対策

iPhoneでアプリのアップデートやインストール等を行っていると、たまにアプリが待機中になって全く動かなくなることがあります。iPhoneが壊れてしまったのではないかと焦るかもしれませんが、アプリの待機中はある程度対策をすれば防げますし、仮に起こってもちょっとした操作をすることで直ることもあります。

今回はiPhoneのアプリが待機中になってしまう原因と解決策について説明します。

スポンサードリンク

iPhoneアプリが待機中でフリーズした時の解決策

まず、iPhoneアプリが待機中になった場合の解決策を紹介します。iPhoneアプリが待機中になる原因はさまざまなのでそれによって解決策も異なりますが、ここで紹介する方法を行えばほとんどの場合は待機中が解消されます。

再アップデートを試す

アプリをアップデートしようとするとダウンロード中やアップロード中にアプリが待機中になってしまうことがあります。その場合はダウンロードやアップロードの最中に何かしらのエラーが発生しています。この場合はApp Storeから再アップデートを行いましょう。

再アップデートする際はApp Storeの検索からアプリを探してアプリページにアクセスし、クラウドマークもしくはアップデートをタップします。

Wi-Fiをオンオフ切り替えてみる

アプリが待機中になるのはWi-Fiに問題があるのが原因の可能性もあります。一度Wi-Fiのオンオフを切り替えて再接続すると良いでしょう。

Wi-Fiのオンオフをするにはホーム画面下部を上方向にスワイプしてコントロールセンターを呼び出し、Wi-Fiボタンを押します。Wi-Fiボタンが灰色になったらオフ、白色になったらオンです。

機内モードを一時的にオンにする

Wi-Fiの再接続を行ってもうまくいかない場合は機内モードを一時的にオンにして外部との通信すべての再接続をしてみましょう。

機内モードはさきほどのコントロールセンターの左側にある飛行機のマークをタップするとオンオフを切り替えられます。灰色ならオフ、白色ならオンです。10秒ほどオンにしたら、再度オフにしてみましょう。

アプリケーションのリセット

電波に問題がない場合は何らかの理由でアプリの動作がおかしいことがあるので、アプリをリセットしてみましょう。

アプリのリセットはiPhoneの電源ボタンを長押しして「スライドで電源オフ」というメッセージが表示されたらホームボタンを長押しすることで実行できます。すべてのアプリの動作がリセットされるので、待機中が改善されるかもしれません。

他のアプリを終了させる

他のアプリを同時にたくさん起動させているとiPhoneの動作が重くなり、アプリが待機中になってしまうことがあります。アップデートを行う際は使わないアプリは終了させるようにしましょう。

アプリを終了するにはホームボタンを短く2回タップします。すると実行中のアプリ一覧が表示されるので終了させたいアプリを上へスワイプします。これでアプリを終了させることができます。

Apple IDのサインアウト・再サインイン

アプリのインストールやアップデートをする際はApple IDを利用します。そのApple IDに何らかの問題が発生してサインインに失敗しているとアプリが待機中になることがあります。一度Apple IDからサインアウトして、再度サインインしてみましょう。

Apple IDからサインアウトするにはApp Storeのオススメのページの一番下にあるアカウントIDをタップします。

サインインIDの詳細が表示されるので「サインアウト」をタップしてサインアウトできます。サインインも同様に出来ます。

iPhoneを再起動をする

iPhoneに何かしらの問題があってアプリが待機中になることがあります。その場合はiPhone本体を再起動すると待機中が解消されるかもしれません。

iPhoneの再起動は電源ボタンを長押しすると「スライドで電源オフ」と表示されるので、スライドすると完了です。電源がオフになったら再度電源ボタンを長押しすることで起動します。

ソフトリセットする=スリープボタンと音量を下げるボタンを長押し

アプリが待機中になった場ありはソフトリセットを使うのも有効です。ソフトリセットはiPhoneがフリーズしたりして通常の方法では再起動できない際に強制的にフリーズさせる方法です。

ソフトリセットを行うとiPhoneの不具合を改善することができるので、アプリの待機中も解消できることがあります。

ソフトリセットの方法はiPhoneのバージョンによって異なります。iPhone 6sより前の端末の場合は電源ボタンとホームボタンの長押し、iPhone7 / iPhone 7 plusの場合は電源ボタンを音量を下げるボタンを長押しで実行できます。

数時間〜数十時間待ってみる

電波やiPhoneには特別問題がなくてもない場合は単純に時間がかかっているだけのことがあります。アプリによって1回のアップデートで数百MBから数GBといった大きなデータをダウロードするため、アップデートに時間がかかる場合もあります。数分待ってダメでも数時間~数十時間待てばいつの間にかアプリの待機中が解消されていることがあります。

時間に余裕があるなら待ってみるのも1つの手でしょう。

設定から一旦アプリを削除して再インストール

待機中から全く進まない場合はいったんアプリを削除して、もう一度最初からダウンロードしましょう。ただし、待機中になっているアプリは通常のようにアイコンを長押ししても削除することができません。

待機中のアプリの削除は設定から行います。「設定」->「一般」->「ストレージとiCloudの使用状況」->「ストレージを管理」と進み、待機中になっているアプリを選択して削除できます。

アプリの不具合がないか確認する

電波やiPhoneなどに問題がない場合は、ダウンロードしようとしているアプリに問題がある可能性もあります。インターネットやSNSなどでそのアプリを検索し、同じように待機中になってしまう人がいないか確認してみましょう。

App Storeの障害の可能性も

iPhone本体や電波、アプリにも問題がないのに待機中になる場合はApp Store自体に障害が発生している可能性があります。App Storeの障害情報は公式サイトのサポート情報から見ることが出来るので、App Storeに障害が発生していそうな場合はそちらを確認するようにしましょう。

アップルサポートセンターへ問合せ

ここまで紹介した方法でもアプリの待機中が改善されない時はiPhone本体が故障している可能性もあります。このような場合はアップルのサポートセンターへ問い合わせたり、近くのアップルストアに持ち込んでみると良いでしょう。

iPhoneアプリが待機中でフリーズする原因

iPhoneアプリが待機中になるのは、ダウンロードやアップロードがなんらかの原因で正常に行われず、アプリを起動できなくなっているためです。アプリが待機中になってしまう原因はいくつかあり、これらの原因を知ることでアプリが待機中になるのを防ぐことができます。

インストール中にバッテリーが切れた

待機中の原因としてよくあるのがアプリのインストール中にバッテリーが切れてしまうことです。バッテリーが切れるとiPhoneの電源が落ちてしまうので、当然インストールも強制的に中断されてしまいます。

強制的に中断されるとアプリのインストールが正常に終わらないため不具合が生じ、アプリが待機中になってしまいます。アプリのアップデートには時間がかかることもあるのでバッテリーの残量には注意しましょう。可能であればアップデートの間はiPhoneを電源に接続しておくと確実です。

ネットワーク接続が不安定

iPhoneのアプリはWi-Fiや3G/LTEなどの携帯電話回線といったネットワークを通じてダウンロードします。そのためネットワークの接続が不安定だとダウンロードに時間がかかったり、ダウンロードに失敗したりします。そうするとアプリが待機中になってしまうことがあります。

iPhoneのアプリをダウンロードする場合はネットワーク環境を整えて、安定した状態でダウンロードするようにしましょう。とくに3GやLTEなどの携帯電話回線は場所や時間帯によって速度が変わるため不安定なのでアプリなどの大容量データのダウンロードには向いていません。

アプリをダウンロードする際はWi-Fiを利用するようにしましょう。また、Wi-Fiを使う際も最新のルーターを使うなどしっかりと環境を整えるようにしましょう。

Apple IDの認証に問題が発生

Apple IDの認証に問題が発生することも原因の1つです。アプリをインストールする際はApple IDを使用して紐づけされます。そのためApple IDの認証がうまくいかないとダウンロードが進まなくなり待機中になります。

アプリをダウンロードする際にはApple IDに正常にサインインできているかを確認するようにしましょう。また、待機中になってしまった場合は上記で紹介した方法を使ってApple IDのサインアウト/再サインインを実行してみましょう。

iTunesとの同期が中断された

機種変更などをする際は元のiPhoneのバックアップデータを保存し、新しい端末でそのデータを復元します。これをパソコンのiTunesを使って行っていると、アプリが待機中になって復元が進まなくなることがあります。

これは、iPhoneとiTunesとの同期が中断されたことが原因です。iPhoneとiTunesを同期する際はUSBケーブルでパソコンとiPhoneを接続しますが、このケーブルが抜けると同期も中断されてしまいます。復元している途中でケーブルを抜くと当然復元もそこで止まってしまいます。ストアからダウンロード中にWi-Fiの電波が切れてしまうのと同じです。

そうするとアプリのインストールが正常に終わらないため、アプリが待機中になってしまいます。この場合はもう一度同期を再開すれば待機中が解消されることもありますが、iTunesと同期している間はケーブルが抜けて同期が中断されないように注意しましょう。

同時にインストール/アップデートしようとし過ぎている

iPhoneでは複数のアプリを同時に実行できるようになっており、アプリのインストールやアップデートも1つずつではなく同時に行うことができます。

しかし、あまりにもたくさんのアプリを起動したりアップデートを行ったりするとiPhoneの処理が追い付かずに待機中になってしまいます。とくにiPhone4sやiPhone5といった古い端末はメモリ容量が少ないためアプリを同時に起動しているとiPhone全体が重くなりアプリが待機中になりやすいです。

インストールやアップデートを行う際はなるべく他のアプリは終了し、2~3個ずつ順番にインストールやアップデートするようにしましょう。

空き容量が充分に確保されていなかった

iPhone本体のストレージの空き容量が少ないとiPhone本体の動作が遅くなり、アプリが待機中になることがあります。iPhoneを使う場合はぎりぎりまで容量を使うのではなくなるべくある程度余裕を持って使うようにしましょう。

ストレージの容量は「設定」->「一般」->「ストレージとiCloudの使用状況」から確認できます。不要な写真や使わないアプリなどは極力削除してストレージの容量を確保しましょう。

また、写真などアプリ以外のデータはdropboxやiCloudといったクラウドストレージに置いておくのも1つの手です。

まとめ

今回はiPhoneアプリが待機中になる原因と解決策について解説しました。アプリが待機中になるとフリーズして何も起こらなくなるのでびっくりしてしまいますが、多くの場合は解決策を実行することで解消することができるのですね。

とは言ってもやっぱり待機中になってしまうのは避けたいところです。そのためにもWi-Fi環境を整える、ストレージ容量を確保するといった対策をしっかりとるようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …