Home / iPhone / iPhoneアプリを削除する様々な方法とメリットデメリット

iPhoneアプリを削除する様々な方法とメリットデメリット

a0150_000136

iPhoneを長く使っていると、音楽や写真などさまざまなデータが溜まっていってしまい、ストレージを圧迫して保存できなくなってしまうということがありますよね。場合によってはアプリでいっぱいになってしまい、使いやすいはずのiPhoneも気づいたら使いにくくなっていることもあるはず。

本記事では、iPhoneのアプリの削除方法と削除することのメリット、デメリットをご紹介します。使う頻度の少ないアプリを定期的に削除して整理できるようにしましょう。

スポンサードリンク

iPhoneアプリをiTunesから削除する方法

mba15_gori_tp_v

普段、iPhoneを使っていると、この方法があることに気づかなかったり、忘れてしまっていたりしませんか?

実は、iTunesを使った方がアプリの整理が非常に簡単になるんです。特にiPhone上にたまってしまった画像の整理やアプリをまとめて移動させたり、削除するなら断然iTunesの方が簡単。バックアップもできるので、一石二鳥と言っても過言ではありません。

iTunesにアクセスし、Appをクリック

まずは、PCにiPhoneを接続してiTunesを起動させましょう。PCにiTunesがインストールされていない場合は、自動でインストール画面に入るので、インストールしてください。

iPhoneを接続した状態のiTunesはミュージックだけでなく、iPhone上のAppが選択できるようになります。

Appを選択し、iPhone上のAppを表示させましょう。

Appライブラリ一覧内から右クリックで削除

Appを選択すると、接続しているiPhoneにインストールされているアプリがライブラリとして一覧表示されます。

消したいアプリを選択して右クリックで削除を選択すれば、そのアプリはiPhone上から削除されます。

一覧表示が見にくい場合には、画面と同期した表示も可能です。画面の表示の見え方も変えられたり、配置を変えたりすることもできるので、画面の見え方も含めてというのであれば、こちらの方法もおすすめです。

Ctrlキーで大量選択も可能

アプリを1つひとつ消していくというのは、非常に手間。それに時間もかかりますよね。どうせなら選べるだけ選んでまとめて消したい、たくさんアプリを持っている人であれば、そんな要望が出てくるはず。

そんな人には、Ctrlキーを押しながら選択がおすすめ。

Ctrlキーを押しながら選択することで、複数選択が可能になり、まとめて削除できるようになります。

また、選択範囲が連続している場合は、Shiftキーを押しながら選択すると大量選択できます。この方法は時に消すアプリの数の方が残すアプリよりも多い場合に有効で、Shiftキーを押して大量選択し、Ctrlキーで残したいアプリを選択から外していく方法がシンプルでラクにできます。ただし、この方法は選択を解除するのを忘れてしまったアプリもまとめて消してしまう可能性があります。大量削除の際には削除の選択解除をし忘れていないか注意をしてください。

削除するアプリを[ゴミ箱に入れる]場合

iTunesでアプリを削除する際、この表示が出ます。PC上でアプリを消す場合、データを残す気がないのであれば、こちらの選択が基本。ファイルを残しても、再利用することがなければ、ムダにPCの保存領域を圧迫することになるので、基本的にはこちらの選択肢を選ぶようにしましょう。

削除するアプリを[ファイルを残す]場合

一方、削除したものの、もしかしたら使うかもというようなバックアップとしてファイルを残したいのであれば、こちらの選択肢を選びましょう。自分で設定した内容がこちらに保存されていることもあるので、再設定をしたくないようなアプリを消す場合に有効です。

iPhoneからアプリを削除

max88_suwaipu20141025133450_tp_v

iPhoneユーザーであれば、アプリの削除方法はこちらがメインという人が多いはず。基本的な消し方ではありますが、実際は完全に削除されていないということご存知でしょうか。というのも、バックアップデータとしてiCloud上にもアプリデータが保存されているのです。データサイズにもよりますが、ゲームなどでロード時間の短縮のために予めデータインストールをしているような場合はデータ量も多くなっているので、iCloudでも容量の圧迫をしている場合もあります。

削除したいアプリのアイコンを長押し削除

iPhoneの画面上からアプリを削除する方法の中で最も簡単で使用頻度が高い方法がこの方法。iPhone上でアプリの削除といえばこの方法であり、多くのiPhoneユーザーが使う方法なので知らない人はほとんどいないでしょう。

やり方は非常にシンプルなので、すぐにできます。アプリのアイコンを長押しするとすべてのアイコンが震えるようになり、各アイコンの左上にバツマークが表示されます。このバツマークをタップすると対象のアプリが削除され、アイコンも画面から表示されなくなります。

ただし、この方法は複数のアプリをまとめて削除することはできません。それぞれ削除したいアプリを1つずつ削除することになるので、PCを使ったiTunesで削除するよりも手間がかかります。

設定画面の「Appの削除」を有効にする

購入した初期設定では、この設定になっていますが、機能制限で「Appの削除」が無効に設定している場合は、自動的にアプリが削除されません。

この設定を有効にするのであれば、「設定」から「一般」の中にある「機能制限」を開き、ページ下部にある「Appの削除」のボタンを右にして、緑色が表示してください。

緑色が表示されることで、設定が有効になり、自動的に削除されるようになります。

iPhoneデータ消去ソフトでアプリを完全に削除

画面上では、アプリを削除できましたが、バックアップ先であるiCloud上にはアプリデータは残っています。つまり、アプリは見た目上では削除できているものの、完全には削除できていないのです。

iCloudがデータ容量一杯になっていると、それ以上のバックアップも取れなくなってしまうため、万が一の時に危険です。

しかし、普通の削除方法では完全に削除できないのがiOSのアプリ。そこで登場するのが、iPhone専用のデータ消去ソフトです。アプリデータを完全に削除できるので、iCloudに残っているデータまで完全に削除することができます。

万が一、iCloudのデータ容量に不安がある場合には、試してみるのも手ですよ。

Apple純正のアプリを削除と復元方法

pak25_pctoiphonewokushi_tp_v

iPhoneの中にはApple純正アプリと標準搭載アプリがあります。純正アプリはオフィスソフトであるKeynoteやPages、Numbersなどがあります。純正アプリも基本的な削除方法は他のアプリと変わりません。

ただし、iCloud上にはバックアップとして残るだけでなく、消すこともできません。

逆に言えば、iCloud経由でダウンロードすれば復元が可能になります。

削除できないiPhone標準搭載アプリ

標準搭載アプリの中には、削除できないアプリもあります。例えば、電話やSafari、App Store、メッセージなどがあります。どのアプリも削除してしまうとiPhoneとしての機能がなくなってしまうので、削除することはできません。

削除できるiPhone標準搭載アプリ

その一方で、メールやボイスメモや計算機などは標準アプリですが消すことができます。もちろん、ミュージックアプリもその中に含まれています。

これらのアプリはiPhoneで消すことができるだけに、間違って削除してしまうこともあるはず。

そんなときは、App Storeからダウンロードすれば復元できます。ただし、初期設定が必要になる場合もありますので、削除する前に、消すべきアプリなのかは必ずチェックしましょう。

アプリを削除する方法

iPhone上でのアプリの削除方法は非常にシンプル。アイコンを長押ししてすべてのアイコンが震えるようになれば削除できるようになります。iPhoneの画面上では削除されていても、ストレージ内にバックアップデータを持っている場合もあるので、完全に削除するのであれば、このデータも削除しましょう。

削除したアプリを復元する方法

基本的にアプリをiPhone上で削除していても、バックアップ先となっているiCloud上にインストールしたアプリデータは残っています。

削除してしまったアプリデータはiCloud上に保存されているので、App Store内のアップデートの一番上にある購入済みの中にこれまでのiPhoneでインストールしてきたアプリがほぼすべて確認できます。

ここからダウンロードすれば、復元することができるので、万が一誤って消してしまったら、この方法をお試しください。ただし、iCloudからも削除してしまった場合は復元することはできませんので、ご注意ください。

もう1つ復元方法があり、バックアップデータからの復元も可能です。ただし、バックアップデータからの復元は非常に時間がかかる上、iPhoneのバッテリーの消耗も激しいので、推奨する方法ではありません。

削除できないアプリをフォルダにまとめる

gori0i9a3183072105046_tp_v

iPhoneに標準で搭載されているアプリでどうしても表示させたくない場合は、フォルダにまとめてしまうと便利。1画面で最大9個のアプリが確認でき、9個以上は左にフリックすることで確認できます。メッセージや設定など通知ボタンがつきやすいアプリをフォルダ内の先頭にしておくことで、通知が来てもすぐに確認できるので、この設定がおすすめです。

フォルダにまとめるだけでも見え方が大きく変わるので、使い勝手の面で不便を感じるのであれば、フォルダにまとめてしまいましょう。

まとめたいアプリを長押し

アプリをまとめるには、まずアプリのアイコンを長押しします。しばらく押し続けると、すべてのアイコンが震えるので、まとめたいアイコンを他のまとめたいアイコンの上に移動させると自動でフォルダが生成されます。

あとは、自動で生成されたフォルダに1つずつアプリを入れていくだけ。移動していく最中に配置が変わってしまっても、フォルダの中に格納してしまえば、配置に変更はありませんので、ご安心を。

フォルダから出す場合は、アイコンを長押しして移動できる状態にしてから、フォルダの外に出すだけ。配置の変更があっても、指を離さなければ変更しないので、目的の場所に移動してから指を離すようにしましょう。

フォルダ名を表示・名前の変更

フォルダ名はフォルダの自動生成時に最も近いジャンルに設定されます。SNSが多い場合はSNSと表示されますし、ゲームが多い場合はRPGなど細かいジャンル設定が自動で行われます。

しかし、それでは分かりにくい、あるいはその他にもある場合などで名前を変えることもあるはず。

フォルダの名前の変え方はいたってシンプル。フォルダ内のアプリを長押ししてアプリが移動できるようにしてください。すると、フォルダの名前の箇所の右側にバツマークがつき、編集できるようになります。テキストの箇所をタップするとキーボードが出るので、自由に編集してください。

特に文字数の制限はありませんが、ある程度の文字数に達すると表示されなくなるほか、徐々に文字のサイズが小さくなってくるので、見にくくなってきます。文字サイズが変わり始める目安は5文字程度。文字の種類によっても前後するので、見やすい文字サイズになるように調整が必要です。

ホームボタンで操作完了

フォルダの名前の編集やアプリの移動が終わったらホームボタンを押してください。

すべてのアイコンが固定され、アプリとして使える状態に戻ります。

iPhoneのアプリの削除方法はiPhone上で消す方法だけではありません。iTunesを使えばPC上にバックアップも取れますし、まとめて削除をするのも時間をかけることも少ないはず。一方で、iTunesを使う方法やiPhone上でアプリを削除するだけでは、完全にデータが削除できたとは言えません。そうした時にはデータ削除ツールを使う必要もあります。アプリを削除する際には、保存領域の状況も考慮した上で削除するようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

アプリで簡単~iPhoneで家計簿をつけて貯金を作ろう

今回は、iPhoneに家計簿の …