Home / iPhone / これで安心!iPhoneのアドレス帳を移行する方法

これで安心!iPhoneのアドレス帳を移行する方法

98c2b8081fb2d0192536089edf236141_s

iPhoneの機種変更する際、面倒だけど必須な作業の一つといえばアドレス帳の移行ですよね。iCloud、またはiTunesを利用することで、面倒なアドレス帳移行を簡単、確実に行うことができます。

大切な連絡先が消えて困らない為に、iPhoneからどのようにアドレス帳を移行できるのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.iPhoneからiPhoneへアドレス帳を移行する方法

goriimg_9640071101839_tp_v

まずは、iPhoneから別のiPhoneへアドレス帳を移行する方法を確認していきます。先ほど少し触れたように、iPhoneからiPhoneへの移行の場合には、iCloudまたはiTunesを利用してアドレス帳を移行する方法があります。

iCloud、iTunesともに一長一短なので、それぞれの特長を理解して自分に合った移行方法を選択するのが良いでしょう。

iCloudを使用した移行方法

iCloudを使用してアドレス帳を移行する最大のメリットは、パソコンがなくても作業可能なことです。

iCloudはAppleが提供するインターネット上のストレージで、つまりiCloudに移したデータはパソコンではなく、サーバー上に保存されます。(なのでiCloudを使用した移行方法ではパソコンが不要です。)

具体的には、以下の作業を行います。

※文中の「旧iPhone」はデータ移行元のiPhone、「新iPhone」はデータ移行先のiPhoneを指します。

1. iCloudの初期設定をする ※既に完了している場合は不要

旧iPhone上で設定→iCloudに進み、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインします。サインイン後、利用規約への同意等が表示されるので、画面の案内に従って設定します。

2. 旧iPhoneのアドレス帳データをiCloudに同期する

旧iPhone上で設定→iCloudに進み、「連絡先」がオフになっている場合はオンに変更します。(この画面でオンになっている項目がiCloudに同期されます。)

「連絡先」をオンにする際、iCloudと結合するか聞かれることがありますが、この場合は「結合」を選択します。

iCloudにデータが同期されたかは、ウェブブラウザからiCloudにアクセスすることで確認可能です。(ログイン後、「連絡先」を開いてデータを確認します。)

iCloudにログイン

3. 新iPhoneにiCloudのアドレス帳データを同期する。

新iPhoneでも同様に1を実施して、iCloudを初期設定します。※新、旧iPhoneともに同じApple IDでサインインする必要があります。

設定→iCloudで「連絡先」がオンになっていることを確認します。(オフになっている場合はオンにする。)2と同様に、オンにした時にiCloudとの結合を聞かれた場合には、「結合」を選択することで同期されます。

iTunesを使用した移行方法

次に、iTunesを使用したアドレス帳の移行方法についてです。

まず事前準備として、iPhoneの設定→iCloudで「連絡先」をオフにする必要があります。もしこの項目がオンになっている場合には、移行作業を始める前にオフにして下さい。

また、iTunes上で「自動同期」の設定が無効になっていることを確認します。(この設定が有効の場合、iPhoneを接続した途端に同期が開始し、データが消えたり重複する可能性があります。)自動同期の設定を無効にする方法は以下の通りです。

Windowsの場合
iTunes上で編集→設定→デバイスで、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れる。

Macの場合
iTunes→環境設定→デバイスで、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れる。

以上で自動同期が無効であることを確認したら、アドレス帳の移行作業を開始します。

【1. iTunesでデータをバックアップ】

アドレス帳の移行はiTunesの同期機能を使用して行いますが、誤ってデータを上書きすることで連絡先を消してしまうことを防ぐため、念のため作業前にバックアップを取ることをおすすめします。

バックアップを取るには、旧iPhoneをパソコンに接続し、iTune上でiPhoneアイコンをクリック→概要で「今すぐバックアップ」をクリックします。

【2. 旧iPhoneのアドレス帳データをiTunesで同期する】

  1. 2.1 旧iPhoneをパソコンに接続した状態で、iTunes上でiPhoneアイコンをクリック→情報に進み、「連絡先の同期先」にチェックを入れます。
  2. 2.2 ※Windowsのみ
    「連絡先の同期先」でアドレス帳データの保存先が選択されているかを確認します。表示されている保存先が希望の保存先でない場合、希望の保存先を選択して切り替えます。
  3. 2.3 詳細の「連絡先」にチェックが入っていないこと(※重要)を確認します。
  4. 2.4「同期」または「適用」をクリックすると、同期が開始されます。

【 3. iTunesに保存したアドレス帳データを新iPhoneに同期する】

先ほどiTunesを使用してパソコンに同期したアドレス帳データをどのように新iPhoneに移すか(同期するか)を確認します。この場合も、iPhoneの設定→iCloudで「連絡先」はオフになっている必要があります。

  1. 3.1 新iPhoneをパソコンに接続した状態で、iTunes上でiPhoneアイコンをクリック→情報に進み、「連絡先の同期先」にチェックを入れます。
  2. 3.2 ※Windowsのみ
    「連絡先の同期先」でアドレス帳データの保存先が選択されているかを確認します。表示されている保存先が希望の保存先でない場合、希望の保存先を選択して切り替えます。
  3. 3.3 詳細の「連絡先」にチェックが入っていること(※重要:先ほどと異なりチェックが入っている必要があるので注意)を確認します。
  4. 3.4「同期」または「適用」をクリックすると、同期が開始されます。

同期完了後、新iPhoneでアドレス帳のデータが確認できたら完了です。

23.iPhoneからiPhone以外の機種へアドレス帳を移行する方法

faf4b73cbbe5051b4b60ae69ded05366_s

次に、iPhoneから他の機種へアドレス帳を移行する場合について見ていきます。残念ながら、この場合には上記のiCloud、iTunesを使用した移行方法を使うことができません。

iPhoneからiPhone以外の機種へのアドレス帳移行にはいくつかの方法がありますが、ここではGooleアカウントを使用する方法、JSバックアップアプリを使う方法、microSDカードとパソコンを使用する方法をご紹介します。

※ここでは例として、iPhoneからAndroidへのアドレス帳移行を想定しています。

Googleアカウント(Gmail)を使用した移行方法

まずはGoogleアカウント(Gmail)を使用した移行方法についてです。Googleアカウントを持っていない方は、まず以下の手順でアカウントを作成しましょう。

Google アカウントを作成する

1. iPhoneで「連絡先」をオンにする(iPhoneのデータをGoogleアカウントに同期)

設定→メール/連絡先/カレンダー→Googleアカウントをタップし(アカウント未登録の場合は登録)、「連絡先」をオンにしてアドレス帳データをGoogleアカウントに同期します。

2. アドレス帳データをGoogleアカウントからAndroidへ同期

Android上で、設定→アカウント→アカウントを追加→Googleを選択し、1で使用したGoogleアカウントを登録します。

アカウント登録後、設定→アカウントで先ほど登録したアカウントを選択し、「連絡先を同期」がオンになっていることを確認します。(オンにすることで、GoogleアカウントからAndroidへデータが同期されます。)

JSバックアップアプリを使用した移行方法

次に、「JSバックアップ」というアプリを利用した移行方法をご紹介します。

JSバックアップ – iPhone版

JSバックアップ – Android版

まずはiPhone、Androidの両方にアプリをインストールしましょう。

また、JSバックアップではデータをDropboxやGoogle Driveといったオンラインストレージに保管し、そこから移行先のスマホに復元することになる為、DropboxまたはGoogleアカウントを持っていない場合は事前にアカウントを作成する必要があります。

Dropbox アカウントの作成

Google アカウントを作成する

バックアップ、復元作業の手順は以下の通りです。

1. iPhoneでアドレス帳データのバックアップを取得

JSバックアップアプリを開き、「バックアップ」を選択、バックアップ保存先(DropboxまたはGoogle Drive)を選択します。

「スタート」をタップすると、バックアップが開始されます。

2. Androidでバックアップデータを復元

JSバックアップアプリを開き、「復元」を選択、先ほど保存したバックアップデータが選択されていることを確認したら、「スタート」をタップして復元を開始します。

microSDカードとパソコンを使用した移行方法

上記以外のアドレス帳移行方法として、microSDカードとパソコンを利用する方法があります。Androidは機種によってはSDカードスロットを備えていない為、使用している機種がSDカードに対応しているか事前にご確認ください。

1. iTunes/iCloudを利用してiPhoneのアドレス帳データを同期する

iTunesまたはiCloudを利用して、iPhoneのアドレス帳データをパソコン(またはiCloud)に同期させます。手順は上記「iCloudを使用した移行方法」、「iTunesを使用した移行方法」と同じです。

2. パソコン、またはiCloudに同期させたアドレス帳データを書き出します。

パソコン(またはiCloud)に同期させたiPhoneのアドレス帳データをvCard形式で書き出します。

Windowsの場合:アドレス帳データ保存場所(Outlookなど)からvCardを書き出す

Outlook 連絡先を vCard (.vcf ファイル) として送信および保存する

Macの場合:アドレスブックを開き、ファイル→書き出す→vCardを書き出す

iCloudの場合:パソコンでiCloudにログインし、連絡先→設定→vCardを書き出す

3. vCardデータをmicroSDカードに保存

パソコンにmicroSDカードを挿入し、先ほど書き出したvCardデータを保存します。

4. microSDカードからvCardデータを読み込む

microSDカードをAndroidに挿入し、VCardデータ(アドレス帳データ)を読み込みます。

3.携帯会社独自のアドレス帳を移行する方法

goriimg_9532071095953_tp_v

これまで紹介してきたアドレス帳の移行方法以外に、各携帯会社が独自に提供するアドレス帳移行方法があります。

利用条件等、各携帯会社によってそれぞれ異なるので、各サービスの特長を理解した上でこれらの方法で移行を行うのか上記のiCloudやiTunesを利用した方法を選択するのか検討することをおすすめします。

softbankのアドレス帳を移行する方法

softbankでは「あんしんバックアップ」というサービスを利用して、アドレス帳を移行することが可能です。

あんしんバックアップ

iPhone、Androidだけに限らず、ガラケー(3Gケータイ、4Gケータイ)からのデータ移行にも使用できます。

auのアドレス帳を移行する方法

auの場合、以下のいずれかのアプリを利用してデータをauのサーバーに保存することで、アドレス帳を移行することができます。

機種、販売時期ごとに利用できるアプリが異なるので、詳しくは以下リンク先の案内をご確認ください。

データお預かりアプリ:iPhone、2015年4月以降に販売のAndroid端末

Friends Notesアプリ:その他Android端末

au データお預かり

au Friends Notes

docomoのアドレス帳を移行する方法

docomoでは、「ドコモデータコピー」アプリを使用してアドレス帳を移行することができます。

ドコモ データコピー

機種ごとに利用できる機能、アプリの表示名等が異なることがあるのでご注意下さい。
対応機種

その他携帯会社のアドレス帳を移行する方法

上記の大手キャリア以外にも、一部の格安スマホ会社ではアドレス帳移行サービスを提供しています。

これらのサービスを利用するには別途料金が発生しますが、携帯会社側で移行作業を行ってもらえるので、自分でアドレス帳の移行を行う自信が無い方は利用を検討しても良いかもしれません。

Nifmo
Nifmo 訪問レクチャー
追加オプションとして、アドレス帳移行サービスを利用可能です。

楽天モバイル
アドレス帳・写真移行サービス

4.iPhoneへアドレス帳を移行するために役立つツール

先ほど「JSバックアップ」でiPhoneからAndroidへアドレス帳を移行する方法をご紹介しましたが、同様にAndroidからiPhoneへアドレス帳の移行、iPhoneからiPhoneへの移行にも利用可能です。

また、JSバックアップ以外にもiPhoneへアドレス帳を移行するために便利なアプリが提供されているので、ここではその一部をご紹介します。

iPhoneへアドレス帳を移行する時に便利なアプリ

以下のバックアップアプリを利用して、iPhoneへアドレス帳を移行することができます。(SA 連絡先 LiteにはAndroid版も提供されています。)

iTunes、iCloudを利用したアドレス帳移行との大きな違いは、エクセル形式でのアドレス帳の管理が可能なことです。

これらのバックアップアプリを利用してアドレス帳をパソコンにバックアップし、バックアップデータをエクセル形式で書き出し、編集、保存することができるので大変便利です。

連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free 

SA 連絡先 Lite iPhone版
SA 連絡先 Lite Android版

5.iPhoneへアドレス帳を移行することができない場合

pak25_pctoiphonewokushi_tp_v

手順に従ってiPhoneへアドレス帳を移行しようとしても、どういうわけが上手くいかない…ということがあります。このような場合には、エラーの内容を確認し、問題を切り分けることが解決の一歩になります。

ここでは、iPhoneへのアドレス帳移行の際に起こり得るエラーの代表例を確認しましょう。

表示されるエラーの内容を把握する

調べたところ、auのiPhoneでアドレス帳データがiCloudに同期されないという現象が報告されています。

これは、設定→メール/連絡先/カレンダーでデフォルトのアカウントが◎Eメール(ezweb.ne.jp)になっていると、データがiCloudではなくezwebサーバーに同期される為に発生するようです。

対処方法として、上記のリンク先のサイトでは、先ほどご紹介した「連絡先 バックアップ – IS Contacts Kit Free」を利用してアドレス帳の移行を行っています。

同期やバックアップ作業では、間違えるとデータが完全に消えてしまい取り返しのつかないことになってしまう恐れがあるので、上記のようにアプリを利用するなどして自分にとってわかりやすい方法で、確実に作業を行うことをおすすめします。

まとめ

以上、iPhoneのアドレス帳を移行する方法をご紹介してきました。定番のiCloud、iTunesを利用したアドレス帳の移行方法以外にもたくさんの移行方法が存在することをご理解いただけたのではないでしょうか。

多くの移行方法が存在する状況で、自分の目的に合った方法(移行先の機種は何か、パソコンは必要なのか、携帯会社の提供する移行方法を利用可能なのか)を見つけることと、きちんと手順を理解した上で作業を行えるのかが移行方法を選択する上でポイントになるかと思います。

また、たとえアドレス帳の同期に失敗してしまった(データが消えてしまった)としても、日頃からバックアップを取得しておくことでデータを回復ができる場合があるので、移行方法と合わせてバックアップ方法を理解しておくと良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

bluetoothの接続方法とイヤホンやマウス、キーボードの選び方

スマートフォンからイヤホンを介 …