Home / IT / iotについて勉強しよう!基礎知識から活用事例まで徹底解説!

iotについて勉強しよう!基礎知識から活用事例まで徹底解説!

最近「IoT」と言葉をよく見聞きします。「IoT」とは、「物(モノ)」がインターネットに接続されて利便性が向上する技術です。

IoTは様々な分野に応用され、今後も大きな需要の増加が望めます。2020年の東京オリンピック・パラリンピック特需もあり、「IoT」技術は重宝される事に間違いはありません。

ここではIoTとは何かに始まり、そのメリット・デメリット、活用事例までとことん解説していきます。

スポンサードリンク

iotとは


IoTとは、「物(モノ)」がインターネットに接続して利便性を向上させる仕組みです。IoTは全業界に活用可能です。家庭電化産業・自動車産業・農業・生産工場・インフラ産業に至るまで広域に影響が出る時代に突入しました。

日本人は「IoT」「iOS」「iPS」「B2B」「B2C」など三文字で略した先端技術や仕組み・ビジネスモデルを表記して、広める事がお好きなようです。

IoTは、IT技術を超えた仕組みになります。インターネットを介して「物」「設備」「施設」に指令を出して活用する時代になります。そのまま進化を続けると、人類は「IoT」の世界では中心位置せずに、周辺機器の仲間に組み込まれるかも知れません。

IoT=モノのインターネット

インターネットに接続された「物(モノ)」が増加していきます。IoTとは、デバイス(装置・機器など)が相互にネットワークで密接に接続されたものです。

様々な「物(モノ)」にプロセッサー(コンピューター本体の中央処理装置で演算機能・制御機能を実行します。)やソフトウエア(コンピューターを作動するアプリケーションプログラム)、センサー(音・光・温度・圧力・流量などの物理量を検知して信号に変換する装置)を組み込むことで、デバイス同士がデータを相互に交換して分析します。

IoTは、機能が優れたソリューション(問題解決策)や、革新的なサービスや製品、工場での効果的な生産を促進し、新しいビジネス環境を生み出します。さらに今後期待されている「AI」技術を組み合わせる事で想像が出来ない程の生活環境が現れる可能性を秘めています。

IoTが今注目されている理由

IoT技術は世界の全業界に活用可能な技術です。「物(モノ)」に小さな制御コンピューターを搭載することによって、パソコンやタブレット端末、スマートフォンで「物(モノ)」を遠隔操作する事が可能です。企業は遠隔操作した工場や農場、建築現場などをコントロールする事が可能になります。企業とコンシューマーが大注目している技術です。

iotがもたらすメリット

IoT技術がもたらすメリットとは何でしょうか?ここではいくつかに分けて紹介していきます。

利便性向上

IoT技術による身近な利便性向上の例としては以下のようなことが挙げられます。

・生活関連機器の動作確認が可能になり利便性が高位になる

・お子様の様子、介護が必要な高齢者の様子、ペットの様子をスマートフォンやタブレット端末で確認可能になり安心して世話が出来る

・施錠忘れや、生活関連機器の電源入れっぱなし防止が抑制できる

・認知症罹患者で外出徘徊の症状を有する介護者の負担が軽減できる

このようにIoTは日常の困りごとを解決してくれるものです。

企業の戦略構築のさらなる高度化

IoT技術を活用して利便性が増加する目的はコンシューマー(一般ユーザー)だけではありません。企業の利便性を向上することも目的にしています。

特にIoT技術を活用して戦略の構築をする業界がマーケティング業界です。マーケティング業界は大量のデータを定量的・定性的に分析し、コンシューマー(一般顧客)のニーズや購買プロセスを把握した上で戦略情報を展開します。

IoT技術導入で適時に正確なマーケティングを展開する事が可能になります。多種多様なデータを多角的に分析する事で、今まで気付けなかったカテゴリーに進出してマーケットを拡張する事が可能になっていきます。

効率化によるコスト削減

IoT技術導入は、業務の効率化を促しコスト削減に繋がる可能性を秘めています。また、IoT技術とAI技術を連携した仕組み作りが盛んで、企画・設計・開発・テスト運用が進んでいます。

新たなビジネス機会の創出

IoT技術の導入の市場が急速に立ち上がっています。市場規模が高位でありGDPを追い越す勢いがあると予想されています。この好機を見据えて、ICT(情報通信技術)業界だけでなく、ICTを利用する産業界からも「IoT技術が新たな産業革命を牽引する」と言われています。

しかしIoT市場でビジネスチャンスを得るには、ビックデータのリアルタイム分析が必要になります。IoT技術が進歩すると、多岐に渡るデバイス(装置・機器など)がオンタイムで情報を発信するようになります。

センサーやRFID(自動認識機器)、スマートメーター(電気やガス・水道などの使用状況など)、スマートフォンを初めとして、データを創出するデバイスは、種類も数も膨大に増えていきます。

この好機に、新たなビジネスチャンスを取得し、競合他社に対して競争優位性を創出する技術が「リアルタイム分析」なのです。リアルタイム分析結果を有効的に活用して新たなビジネス機会を創出可能になります。

iotを活用するデメリットとその対応策

IoTを活用すると利便性が高位になると同時に様々なリスクを負う事になります。代表的なものがセキュリティ問題です。

セキュリティ問題

IoT技術を活用する最大の課題は、セキュリティー問題です。IoTは膨大なデータ量を取り扱うので、厳重なセキュリティー対策が重要となります。その中で情報漏洩や不正侵入により基幹システムが不正に操作され、大きな事故や損害を発生するともに、社会的な問題や信頼性の低下が指摘されるよう陥ります。

ですが、企業の経営サイドの観点では、市場拡大のためにはサービスの標準化が必要不可欠の状況です。標準化を図らないと個別対応が拡散し業務効率が低下していきます。また、制御機器毎(デバイス毎)にサービスルールやサービスツールが異なると、市場拡大時に混乱を生じる原因になります。

この課題を解消するための技術やサービスの標準化すると同時に、情報漏洩や不正アクセスを防ぐ事が重要になりますので、IoT技術を活用した機器の開発とセキュリティー対策は同時に進行させる事が求められます。

セキュリティ問題への対策

第1に、強固なパスワードを使用する事が重要です。「1234」や誕生日などのパスワードは侵入して下さいと開門している事と同様です。

パスワードは数字・大英文字・小英文字を混在させて作成し、侵入しにくいコードを設定する事が重要です。

最近では、銀行系やクレジットカード系のマイページへログインする際に2段階認証を使用している方々も多い状況です。できれば、複数段階の認証機能を利用する事がお勧めです。またコード番号による認証機能に、指紋認証・虹彩認識・生体認証・顔認証を組み合わせてセキュリティー強化を施す基幹システムが増加しています。

バグが起きることがある

例えば医療業界や自動車業界では高位の安全性が求められます。このような環境では、従来のアプリケーションソフトウエア(装置・機器などを制御する命令)の開発・検査手順を根本的に変える必要があります。ソフトウエアの異常(バグ)が直接生命に関わることになるからです。

基幹システムの異常(バク)で、通勤電車の到着時刻が10分遅延することや、銀行のATM端末の振込業務が10分停止することはそれほど大きな被害にはつながりませんが、医療系の基幹システムが異常(バグ)により10分停止すれば、たくさんの命が失われることになります。

医療業界や自動車業界では、IoT技術を導入する際には基幹システムの異常(バグ)が生じた場合に即時に切り替える事ができるバックアップシステムを複数用意しておく事が重要になります。

産業別のIoT活用事例

近年IoT技術を導入している産業が増えています。導入では大手ICT開発メーカーが業界をリードしています。ICT開発メーカーは企業が悩んでいる諸課題を相談するためIoT技術を活用した仕組みを提案します。試作品で諸課題の業務改善を試して、仕組みを導入するケースが増えています。

サービス業

IoT技術を導入したサービス業界(ファッション系小売業)の事例を紹介します。小売業界にとって、IoTはサプライチェーン(供給連鎖管理の仕組みです。物流管理システムを複数企業で統合的に管理する仕組みの事です。)の効率性を高めます。

IoTは新しいサービス形態を開発して、新しい販売方法を提案する多くの機会を提供してくれる技術です。大手ICT開発メーカーは、実際の店舗での売上実績データ、通信販売用店舗の売上実績データを収集分析し、製販情報を相互に関連付けることを目指しています。

例えば、ジーンズの大手メーカーでは、アメリカ合衆国のサンフランシスコにある旗艦店で全商品の在庫をリアルタイムで確認出来るシステムを開発しました。

RFID(自動認識)タグとリーダーを使用して、実際に陳列している商品やバックヤード在庫を瞬時に確認出来る仕組みで、欠品によるロス軽減、在庫過多による弊害を解決して、正確に在庫を補充することが出来るようになりました。この旗艦店から地域の店舗へ、地域の店舗から州内の店舗へ、州内から全国へ展開し、海外店舗と通信販売店舗まで普及させました。

自動車

IoT技術を導入した自動車生産メーカーの事例を紹介します。最近の自動車業界は自動運転と電気自動車(EV)化へ舵を切り始めました。イギリス・フランス両国は2040年以降にガソリン・軽油を燃料とした新車販売を禁止する事になりました。

電気自動車(EV)化は環境に優れ、地球の温暖化を抑止します。電気化することで安全化が求められ、自動停止装置や自動運転装置の開発が進歩しています。

未来の自動車は、センサー(検知器)で取得したデータを、高速通信を使用してクラウド(ネットワークを利用した資源の共有化)や他の自動車と共有する仕組みになっていきます。走行中に取得するデータは強力なコンピューターと超高速の 5G通信接続、さらに高度なデータセンターと連携することで、自動運転車の実現をバックアップします。

現在、大手ICT開発メーカーは、大手自動車メーカーやサプライヤー(支持支援組織)と提携して快適な車内体験を構築しています。法律の整備が先行するか?自動運転技術が先行するか?比較すると技術開発が優位と言えるでしょう。

医療

IoT技術を導入した医療機関の導入事例を紹介します。医療施設の室温の温度管理をIoT技術を取り入れた仕組みを導入した例です。

今までは、施設職員や依頼された現場担当者が、各部屋に設置されている温度計を定期的に視察し、記録票に手書きで記録する運用で温度管理をしていました。

この運用では従業員の負担が大きく、突然発生する温度異常には即座に対応ができないという課題がありました。またコンプライアンス強化に伴い、特別な管理を実施している部屋への入退出に制限がありました。

そこで、医療施設内に点在する多種多様な温度計にセンサー(検知器)を取り付けデータの一括収集化を始めました。また、センサーからのデータ収集を有線配線から無線化を導入しました。

IoTを有効活用して、短時間でリアルタイムの温度状態を可視化できるため、異常が発生した際に迅速に対処可能になりました。現場における温度管理の人的負荷軽減を実現して、早期に問題の発生を抑制する事も可能になります。IoT技術と無線ユニットを組み合わせ、効率的な温度管理が可能になりました。

スポーツ

IoT技術を導入したスポーツ関連業界の事例を紹介します。IoT技術は、スポーツ業界へも効果的な影響を与え、未来のトレーニング方法を実現可能と言われています。

現実にモーションキャプチャーシステム(現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術)を利用し、アスリートの動きを「数値化」「見える化」するデータ化が進歩しています。「数値化」「見える化」する事で、これまでに考えつかなかった効率的な練習やトレーニングが可能になっていきます。

農業

IoT技術を導入した第一次産業の農業分野への事例を紹介します。農業とICT技術やIoT技術に縁が無く、経験と勘で今まで営んで事業主や事業所の方々が多いです。

センサー(検知器)やタブレット端末・スマートフォンなどのIoT機器で情報を収集したデータを基にした栽培方法の評価と検証をする事で、高品質な作物栽培が可能になります。上記の栽培データを継続的に解析して効率的な栽培方法を実現させています。低農薬・低カリウム化の付加価値が高位な栽培ノウハウを蓄積する事が可能になります。

IoTを学ぶのにおすすめの書籍3選

IoT技術を解説する書籍の紹介をします。通信販売大手の売れ筋ベスト3をご案内します。

第1位:俯瞰図から見える― IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

本書では、今だ画一化されていないイメージのIoTを技術要件を分解、分析し、さらにそこに市場の全体像を重ね全貌を明らかにする事で、日本の製造業の進むべき道を示しています。

https://www.amazon.co.jp/俯瞰図から見える-IoTで激変する日本型製造業ビジネスモデル

第2位:IoTの全てを網羅した決定版―IoTの教科書

本書ではIoTの基礎知識、実用化事例から新ビジネスのヒントまで、やさしく理解できる解説をしています。

https://www.amazon.co.jp/IoTの全てを網羅した決定版-IoTの教科書

第3位:2時間でわかる図解Iotビジネス入門

本書には「解かる」だけではなく、明日から「使える」手法が満載です。基本的なキーワードに始まり内容がすっきりと解ります。いちばん丁寧なIoT解説書です。

https://www.amazon.co.jp/2時間でわかる図解Iotビジネス入門

まとめ

いかがでしたか。IoTに関して、本記事を通して少しでも理解を深めていただけたなら幸いです。

今後ますます導入が進んでいくと予想されるIoT技術。日々情報をキャッチアップしていくことが肝要です。


スポンサーリンク