Home / IT / 気になっているiotデバイスをご紹介

気になっているiotデバイスをご紹介

今の時代、インターネットがなければ生きていくことが難しいと思えるくらいインターネットが普及してきました。

インターネットを使うといえばスマートフォンやPCといった端末を使うことが多いと思いますが、それ以外にもたくさんのものがインターネットを使っており、日常的に使っているようなものまでインターネットにつながっているということも珍しくありません。

そういたモノのインターネット、通称「iot」について紹介していきます。

スポンサードリンク

iotって?

iotとは

iotとは、Internet of Thingの略称で、モノのインターネットと呼ばれています。これはその名の通り、様々なモノがインターネットに接続されて、いろんな情報と交換して必要な情報を増やすことで、相互に制御できる仕組みをいいます。

iotという言葉は意味がかなり曖昧でもあり、インターネットにつながっているモノであれば、なんでもiotであるといえます。マンションなどに設置されているものもインターネットを介して映像が見れるので、これもiotといえます。

家の外からでもエアコンの電源のオンオフができるもの、これもiotです。大体わかったでしょうか。探してみればiotはいろんなところで見つけられると思います。

昨今iotが注目されている理由

iotはいま世界中で注目されています。

iotは、温度センサーなどを使ったデータの収集などを行っていましたが、iotを使えば様々な機器、機械の遠隔操作を容易にすることができるため、さま座生製品が開発されて行っています。

昔も、専用回線を引いたり、IP-VPN、インターネットVPSなどを使うことで、このような遠隔操作も実現できる技術はありましたが、それを実現するためのコストが莫大で現実的ではありませんでした。

ですが、インターネットの技術が向上した今では、コストもかなり抑えることができるようになり、個人でも開発に手が出せるような時代になりました。iotなら、低コストで最新技術を取り入れることが現実的になったため、ビジネスでかなり注目されています。

個人であれば、Raspberry Piというものを使って、iotデバイスを自作することもできます。

活用メリット

iotは難しそうなイメージが持たれそうですが、iot技術を使うとこのようなことができます。

接続したものの状態をモニタリング可能

湿度・室温・気圧や・音の大きさまで、測定できるものさえあればなんでも監視することができます。その場にいる必要がないので、ちょっとマニアックな話だと自前のサーバールームの温度を確認するといったことだってできちゃいます。

家に小さな子供がいるなら室温を見て遠隔でエアコンを操作するってことだってできちゃいます。このような複雑なモノじゃなくても、ドアが開いているか閉まっているか、照明がついているかついていないかも監視することができます。

照明が監視できると電気消し忘れたかどうか忘れて確認しに戻るといったこともなくなるので非常に便利です。

モニタリングはただ温度の数値を確認したり、オン顔負荷を見るだけでなく、カメラであれば遠隔でカメラに映っている映像を見ることもできます。映像の場合は情報量が多い少し難しいかもですが、なんでもできちゃうのがiotです。

遠隔でスイッチの操作などができる

先ほども少しだけ触れましたが、iot技術を用いたものであれば遠隔で操作することが可能です。照明のオンオフやエアコンの手動での温度調整、冷蔵庫・冷凍庫の温度調整などインターネットに繋がって遠隔操作できるようにさえなっていればなんでも可能です。

もし電動で開け閉めができるカーテンがあれば、それをインターネットにつなげば遠隔操作ができてしまいます。

動物の健康状態も管理できる

体内にセンサーなどのiotデバイスを埋め込んでおくと、リアルタイムで健康状態を監視することができるようになります。

心拍数の監視や、血圧の管理など

iotが抱える課題

そんな便利なiotも完ぺきというわけではありません。iotにも重大な課題があり、それを少し紹介させていただきます。

プライバシーの課題

iotの需要が徐々に高まっていき、セキュリティ面の対策も重要視されるようになりました。というのも、iotデバイスはインターネットに繋がっているのでセキュリティ対策をしていない場合、悪質なハッキングにあってしまうリスクがあります。

もし、冷蔵庫がインターネットにつながっているiotデバイスだったとします。もしこれがハッキングされて温度を最大まで上げられたり、電源を落とされたりすると、ご想像がつくと思います。

また、やろうと思えば個人で使える分、管理も個人で行わないといけないため、インターネットを軽視している人だと、どこかで問題を起こす可能性もあります。

これが本人にだけ被害が行くのであればまだよい方ですが、もしこれが大規模なサイバーテロの踏み台にされてしまうと、何が起きるかわかりません。

また、車に搭載されたカーナビもiotデバイスの一つで、過去に重大な事件が起きていました。それは、カーナビをハッキングすることで自動車のハンドルやブレーキを含んだすべての機能を乗っ取れることが判明したからです。

ハンドルやブレーキを乗っ取られると人の命に大きくかかわるため、問題となったカーナビを搭載した140万台以上の車がリコールされることとなっていました。

法律の課題

iotにもセキュリティガイドラインというものが存在するが、このガイドラインそのものが法的拘束力を持っているわけではない。

ですが、iotデバイスに脆弱性が見つかり、それが原因でデバイスの購入者や、そのデバイスを用いたサービスの利用者や、またそれ以外の人に損害を与えた時は、不法行為責任や、債務不履行責任に問われる可能性があります。

また、相手が個人ではなく会社のような組織に損害を与えた場合は、取締役の善管注意義務というのも一つの問題となります。こういった法的な問題は、itoの「当時の技術的水準」に基づいて判断されるため注意が必要となっています。

ですが、将来的にこの「当時の技術的水準」が新しくなることも考えられます。

責任所在の課題

iotデバイスはインターネットにつながっているので、当然パスワードを設定されているものがほとんどだと思います。ですが、このパスワードを初期設定のまま変更せずに使用しているということがほとんどで、パスワード解析ツールを用いればほとんどのiotデバイスにアクセスできてしまうという現状です。

このようなことが起きているのはメーカー側にも責任があり、セキュリティに関する知識は深くなくても、パスワードをランダム文字列にするだけでかなり安全性が増すことになります。無線LANルータなどであれば初期状態ではランダム文字列となっているので、色んなiotデバイスもこのような初期設定にしておくといいと考えられます。

気になっているiotデバイス

iotが抱える課題としてネガティブな話題を取り上げましたが、ここで今気になっているiotデバイスも紹介します。

「DFree」

DFreeとは、トイレで困っている人のために作られたiotデバイスです。

突然トイレに行きたくなったけど周囲にトイレがなかったり、尿意を感じるけど行くほどでもないと我慢した結果、トイレに駆け込む羽目になってしまうような場面で大いに役立つものとなっています。

特に高齢者や車いすに乗っている方であれば、トイレに行きたいと思ってもトイレをする準備までに時間がかかってしまいます。

ですが、このDFreeというデバイスを使えば、DFreeが排泄を予知して、スマートフォンに通知を飛ばしてくれるようになっています。

しかも、ただ通知を飛ばすのではなく「あと5分で出ます」といったように時間まで知らせてくれるため、場所によってはわざわざ急ぐ必要なかったり、大丈夫と思ってたけど、DFreeからはヤバイといわれてトイレに行ったら特に焦ることもなく用を足せるなど、使い勝手がとてもいいものとなっています。

普段から腸の調子が悪い人や、急にトイレに行きたくなる人が多い人にもお勧めです。

Nest Labsのサーモスタット

Nest LabsのサーモスタットはGoogleが買い取るほどの魅力的なiotデバイスです。Nest Labsのサーモスタットは、家屋の温度を自動調節するiotデバイスで、ヒーターやエアコンの調整用コントローラが一つにまとまったものとなっています。

リアルタイムで部屋の温度を監視していて、サーモスタットにつながっている全ての温度調整に使われる機器(エアコンやヒーター)を調節してくれるようになっています。

日本では一般的ではないですが、アメリカでは、部屋単位ではなく家全体で温度を調節するのが一般的となっており、アメリカではその家全体の温度管理のためにサーモスタットが使われています。

もちろん部屋単位でも使えます。

多言語音声翻訳「メガホンヤク」

メガ翻訳とは、メガホンと翻訳機能が一つになったiotデバイスです。翻訳機能がメガ級にすごいという意味ではありません。

メガ翻訳は、メガホンに発せられた言葉を、日本語・英語・中国語・韓国語で同時に再生してくれるものとなっており、訪日外国人などのツアーでの誘導に非常に便利です。

翻訳そのものもクラウドから最新のデータを取ってきているので日々翻訳精度が向上していっています。メガホンヤクのソフトウェアもクラウドから配信されるアップデートで自動的に適用されるため、セキュリティ対策もされています。

スマート照明「Hue」

「Hue」は、スマートフォンなどのデバイスと連携することができる照明で、スマートフォンから照明の明るさを調整したり、モノによっては色の調整もすることができるものです。照明のスイッチが普段手にしているスマートフォンになるので、部屋に設置されたスイッチや専用のリモコンを使うことがないので非常に楽です。

また、タイマー設定も可能で、何時何分で照明をオンにする、オフにするということも可能なので、指定の時間になれば自動で照明を消して睡眠に入るということもできます。

 

面倒な鍵の管理に、スマートロック

マンションなどの集合住宅での空き巣被害の4割異以上は鍵の閉め忘れが原因とされています。オートロックでない部屋だと鍵の閉め忘れでこのような被害にあうリスクが高くなってしまいますが、スマートロックを導入することで空き巣被害も激減させることにつながります。

また、スマートロックは玄関に近づくと自動的に開くようになっており、これはBluetoothという機能で実現しています。

また、鍵をシェアすることもでき、その鍵の有効期限まで設定することができます。3時間だけ好きに出入りしていいよという場合、有効期限を今から3時間後に設定すればそれ以降は勝手にドアを開けることができなくなるため、ちょっとした融通も聞きやすいです。

これがオートロックだと、鍵を持っていないけど頻繁に出入りするような状況だと、人が出入りするたびに内側からドアを開けに行かなければならないため非常に面倒です。

そのような手間を省くことができるのもスマートロックの特徴です。

植物もスマートに管理 Parrot Flower Power

「Parrot Flower Power」は、植物の育成を監視してくれるiotデバイスです。

趣味でガーデニングを始めた場合、初心者だと栽培が苦手で枯らしてしまうことが少なくないと思われます。ですが、このiotデバイスを使えば、植物の日当たり、湿度、湿度、肥料をリアルタイムで監視して記録を残してくれます。

その記録はスマートフォンのアプリから確認することができ、水分量の不足や肥料の不足などの注意をしてくれます。これがあれば栽培初心者でもどれだけ水を上げたらいいのかといった問題も解決するのでお勧めです。

まとめ

iotデバイスについていかがだったでしょうか。お勧めとして紹介したiotデバイスもほんの一部にすぎません。

探せば数えきれないくらいのiotデバイスが存在するので、どのようなものがあるか探してみるといいでしょう。

最近はセキュリティ対策がされているデバイスも増えてきていますが、中には解析されやすいパスワードが設定されているものも少なからずあるので、便利ではありますが、利用する際はパスワードを変更するなりして注意するようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

iot家電って何?おすすめiot家電9選!

iot家電をみなさんはご存知で …