Home / iPhone / 意外と簡単!iCloudを使ったiPhoneの復元方法を徹底解説

意外と簡単!iCloudを使ったiPhoneの復元方法を徹底解説

iPhoneなどのスマートフォンは常に持ち歩くものなので、予期せぬ事故で故障してしまう事態を頭に入れておく必要があります。

こうした事態に陥った場合、各携帯電話は様々なサポートサービスを用意しています。修理であったり、機器の交換であったり、選択肢は色々ありますが、問題はその後です。

修理後や交換後のiPhoneは多くの場合、初期化されてしまっています。修理に出す際も「出来れば、故障する前の設定で使いたいのだけど・・・」という方が多いのではないでしょうか。

そんな時、強い味方となるのが、iCloudです。iCloudにデータを保存しておくことで、いざという時にiPhoneを復元することが可能です。

この記事では、そんなiCloudを用いたiPhoneの復元方法をご紹介します。

自分の不注意だけではなく、不可抗力的な出来事が原因で、iPhoneが使えなくなってしまうことは少なくありません。そんな事態に備える為の第一歩として、iCloudをどのように活用すればいいのか、その方法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

iPhoneのデータをiCloudでバックアップするには

いざという時にiCloudを利用してiPhoneを復元するためには、普段からiCloudで設定をバックアップしておく必要があります。バックアップはパソコンやiTunesでも可能ですが、iCloudの場合はバックアップを行うことができます。

ここでは、その設定方法をご紹介します。

1.「設定」から「iCloud」を開く

ホーム画面から「設定」をタップし、自分の名前を選択します。そして、次の画面で「iCloud」をタップします。するとiCloudの設定一覧が表示されます。

2.「iCloudバックアップ」をオンにする

iCloudの設定一覧が表示されたら、「iCloudバックアップ」の項目をオンにします。これだけで、1日1回、現在のiPhoneの設定を自動的にバックアップしてくれる設定が完了です。

しかし、バックアップが自動的に始めるためには、3つの条件が揃わなければなりません。それは、「iPhoneがWi-Fiに接続されていること」「iPhoneがロック(スリープ)されていること」「iPhoneが電源に接続されていること」の3つです。

3.「今すぐバックアップを作成」を選択する

すぐにバックアップが必要になることも多いでしょう。その場合は、手動でもバックアップが可能です。

前述した「iCloudバックアップ」の下に、「今すぐバックアップを作成」という項目があります。この項目をタップすると、すぐにバックアップが始まります。

この場合、iPhoneは電源に接続されている必要はありません。しかし、Wi-Fi環境下にある必要があります。

iCloudを使ったiPhoneの復元にはiPhoneの初期化が必要

何らかのトラブルでiCloudにバックアップされたデータを利用してiPhoneの設定を復元する必要がある場合、iPhoneを初期化する必要があります。つまり、工場から出荷された時の状態に戻さなければなりません。

ここでは、その初期化の手順をご紹介します。

復元するにはiPhoneが初期状態である必要がある

iCloudのバックアップデータを利用した復元には、この初期化という作業が欠かせません。その初期化の手順は次の通りとなります。

iPhoneを初期化するには

1.「設定」から「一般」→「リセット」を開く

ホーム画面から「設定」、そして「一般」の順にタップすると、画面の一番下に「リセット」という表示が出てきます。この「リセット」をタップします。

2.「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

「リセット」をタップすると、「すべてのコンテンツと設定を消去」という表示が出てくるので、この表示をタップします。

この際メールやWi-Fiなどの設定情報は削除されますが、メールのテキストや画像、アプリケーションなどは残ります。

もしパスコードを設定している場合は、パスコードの入力が求められ、その後に「iPhoneを消去」をタップします。すると「本当に続けますか?」と尋ねられるため、もう一度「iPhoneを消去」をタップします。これで初期化が始まります。

パスコードを設定していない場合は、Apple IDのパスワード入力を求められます。

iCloudを使ってiPhoneのデータを復元するには

Wi-Fiに接続されていないとiCloudから復元ができない

それでは、いよいよiCloudのバックアップデータを利用したiPhoneの復元を行いましょう。この作業はWi-Fi環境下でなければできません。この作業は必ず、Wi-Fi環境下で行ってください。

iPhoneの初期化が終わり、再起動するとWi-Fi設定の画面が表示されます。その表示に従って、まずはWi-Fiの設定をしましょう。

その後は画面の指示に従い、タップまたは入力を行います。

iCloudを使ってiPhoneのデータを復元する方法

1.「Appとデータ」で「iCloudバックアップから復元」を選択

入力が完了すると「Appとデータ」という画面になります。

この「Appとデータ」という画面に、「iCloudバックアップから復元」という表示があります。この表示をタップします。

2.iCloudのApple IDでサインイン

「iCloudバックアップから復元」をタップすると「iCloudサインイン」という画面が表示されます。Apple IDとパスワードを入力して、「次へ」をタップします。

3.復元に使うバックアップを選択

利用規約への同意を求められる画面になるので、「同意する」をタップするとこれまでiCloudがバックアップしてきたデータの一覧が、バックアップした日付と共に表示されます。

この時、日付を見て、復元するバックアップデータを選択、タップします。すると、「iCloudから復元」という画面となり、復元が始まります。

4.復元が完了するとiPhoneが再起動する

iCloudを利用しての復元が終わると、iPhoneは自動的に再起動します。

5.再起動後、iPhoneでダウンロードが行われる

再起動後、購入済のコンテンツやアプリケーションのダウンロードが始まります。このダウンロードにApple IDの入力が必要なものがあるので、注意が必要です。

バックアップするアプリケーションのバージョンが古い場合は、最新版がダウンロードされることもあります。

iPhoneのデータをiCloudから削除する方法

iCloudを利用したiPhoneのバックアップは非常に便利ですが、問題点もあります。それは、バックアップに使えるiCloudの容量が限られている点です。

その対策として「iCloudの有料スペースを購入して、容量を増やす」という選択肢もありますが、「不要になったバックアップデータを削除する」という方法もあります。

1.「設定」から「iCloud」を開く

ホーム画面から「設定」、そして「iCloud」の順にタップします。

2.「容量」→「ストレージを管理」を選択

「iCloud」の画面に「容量」という項目がありますので、この表示をタップし、更に「ストレージを管理」という項目をタップします。

3.削除するバックアップを選択し、「バックアップを削除」

「ストレージを管理」の画面には、これまでiCloudが保存しているバックアップデータの一覧が表示されています。その中から不要なバックアップデータを選択し、「バックアップを削除」をタップすると、そのバックアップデータは削除されます。

まとめ

いかがでしたか?iPhoneの復元は簡単に行うことができます。またこの作業はトラブル発生時だけではなく、機種変更をした際にも利用することが可能です。

iCloudを用いた復元を利用して、よりiPhoneを活用しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

スマートな情報管理を!おすすめ無料スキャナーアプリ4選

電子書籍もすっかり一般化し、ビ …