Home / Android / 映画や音楽鑑賞に!Google Playギフトカードの使い方マニュアル

映画や音楽鑑賞に!Google Playギフトカードの使い方マニュアル

パソコンはもちろんのこと、スマホ上でもアプリを通して映画や漫画、また音楽といった様々なコンテンツを楽しめるようになってきています。

その中でも人気があるアプリの一つが、Google playです。このGoogle playには無料のコンテンツも多いですが、様々な有料コンテンツがあります。Google playの有料コンテンツに使用することができるGoogle playギフトカード。この記事では、Google playギフトカードの具体的な使い方や用途を紹介していきます。

スポンサードリンク

Google Playギフトカードとは

Google Playギフトカードとは、「Google Playストア」で販売されている有料コンテンツを購入できるカードです。
プリペイドカードとして考えるとわかりやすいですね。

Google PlayストアにGoogleアカウントでログインして、カードの裏のコードを入力すれば、ストアで使えるお金がチャージされるという仕組みになっています。Google Playストアにはアプリやマンガ、映画や書籍、マンガ、音楽、アプリなど様々なコンテンツがあり、そのすべてに対応しています。

Google Playギフトカードの種類

Google Playのギフトカードは金額を選んで購入することができ、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、15,000円、20,000円の6種類があります。
また、この他に、特殊なバリアブルカードというものもあります。

Google Playギフトカードの購入方法

Google Playのギフトカードは、コンビニ、スーパー、家電量販店、ゲームソフト販売店などで購入することができます。

インターネット販売はしていないので、実店舗に足を運ぶ必要があります。支払いについては、現金・クレジットカードのどちらでも可能です。また、このギフトカードの魅力的な特徴として、有効期限がないことが挙げられます。カードとして持っていても、既にストアにチャージしていても焦る必要はありません。安心して購入できますね。

ただし、Google playギフトカード以外の手段でチャージされた残高には、有効期限がある場合もあるので、注意しましょう!

バリアブルカードとは

通常のGoogle Play のギフトカードは、金額によって6種類に分かれていますが、バリアブルカードは、1,500円から50,000円までの間で金額を指定して購入することができるカードです。

レジで、店員さんに希望のチャージ金額を伝えて、店員さんが入力した金額を確認して「OK」を押せば完了です。この場合でも、支払いは現金・クレジットカードのどちらでも可能です。

バリアブルカードの特徴は、1円単位で金額をチャージ指定できることと、通常のGoogle playギフトカードの上限である20,000円以上の金額分が購入できることです。そのため、お祝いやプレゼントなどで20,000円以上の金額を購入する方に人気だそうです。

Google Playギフトカードの利用方法

・購入時には台紙とカードが貼りついているので、ゆっくり剥がします
・カード本体の裏側の「削るとコードをご覧いただけます」と書いてある銀の部分を削ります
・20桁のコードが確認し、Google playストアで入力します

以上がチャージまでの流れです。次に、Google playストアでの具体的な操作を紹介します。

Google Playアプリを起動

AndroidのスマホやタブレットのGoggle Playストアのアプリを起動します。もちろん、パソコンからも「Google Play」にアクセスすることで利用可能です。

「コードを利用」を選択

Google Playアプリのメニューの中に「コード利用」の項目があるので、選択します。
すると、コードを入力するフォーム画面が出てきます。

シリアルコードを入力

コード利用画面が開いたら、ギフトカードの裏に書かれていた20桁のコードを、コードフォーム入力画面に入力します。

入力が終わったら、「コード利用」をクリックしましょう。入力したコードが認識されると、「〇〇〇〇〇円入金してもよろしいですか?」と確認のメッセージが出るので、「確認」をクリックすれば、チャージが完了です。

Google Playギフトカードの用途

Google Playのギフトカードはどのように使われているのでしょうか。

多くの人は、映画やテレビの視聴に使っているようです。また、ゲームアプリ取得などにも多く使われています。洋画や邦画、アニメなどその種類はかなり豊富となっており、手軽に選べるのが嬉しいですね。最新の映画や人気のテレビドラマも多く扱っているので、探すこともまた楽しいでしょう。

また、音楽が好きな人は、音楽をダウンロードする目的も多いようです。音楽は新しいものが次々と発表されるので、音楽好きの人にとってはなくてはならないのがこのアプリだと言います。

さらに最近では、スマホやタブレットで書籍やマンガを楽しむ人も増えているようです。通勤・通学中やちょっとした空き時間にスマホから書籍やマンガがいつでも読めることで、手軽に良い時間を過ごせるでしょう。

また、昨今、話題の「LINE」のスタンプの購入にもこのギフトカードが使われることが多いようですね。
では、各コンテンツを詳しく見ていきましょう。

映画&テレビ

Google Play には、どのような映画やテレビがあるのでしょうか。

映画やテレビ作品の配信といえば5万本以上のコンテンツがあるとされているAmazonのサービスが有名ですが、Google PlayのサービスもAmazonのものに近づいてきており、最新の作品も続々と登場しています。

日本でも話題となっている海外のTVドラマも多く配信されているので、この機会にじっくりとシリーズを楽しんではいかがでしょうか。

また、映画、テレビ共に最新作をレンタル及び購入できるのですが、画質は、高画質のHDと通常画質のSDの二種類に分けられており選択することができます。レンタルの場合で、平均してHDで500円、SDで400円となっています。購入の場合は2000円くらいが多いようですね。

パソコンでもスマホでも視聴できるため、このサービスはかなり普及しているようです。

レンタルと購入に共通するメリットは、いつでもどこでも見られることでしょう。同じアカウント上であれば、前回見た部分を端末を変えて引き継いでみることも可能なので、家ではパソコン、外ではスマホという方も気軽に見ることができます。

一回視聴を始めると、48時間で視聴期限が終了するというシステムになっており、それ以後は見れなくなってしまいますが、いわゆる延滞料金はかかりません。返却に行く手間がないことも大きなメリットです。

音楽

Google Playのサービスのひとつとして、Google Play Musicがあります。

意外に知られていないことですが、そもそもGoogle Play Musicは最初からAndroid端末にインストールされており、無料で音楽プレイヤーアプリとして使用できます。

そして、さらにGoogle Play Musicは最大5万曲までGoogleクラウドサーバーにアップロードして、ストリーミング再生できるロッカー機能を使えるのです。なにより無料で使えるので、これは「Apple Music」や「iTunes Match」とは大きく違う魅力と言えるでしょう。

現実的には5万曲もアップロードすることはまずないので、実質的には無制限の音楽クラウドストレージがあるのと考えてよいでしょう。スマホに音楽ファイルが存在しなくても曲を聴けるので、端末の内部ストレージの容量が圧迫されることもありません。

必要な時だけダウンロードして、オフラインで再生することも可能です。Wi-Fi接続中にダウンロードし、外出中はオフラインで再生する、という使い方をすれば多くの人が悩まされる通信速度制限にもかかりにくくなりますね。

さらに月額料金を払えば、3500万曲の音楽やミュージックビデオが「定額制音楽聴き放題」のサービスを受けることができるようになるのです。聴きたい曲やアーティストは決まっているけどCDを借りたり買ったりするのが面倒な人や、とにかく新しい曲に出会いたい人など、音楽好きな人には非常に便利なサービスですね。

また、YouTubeとの連携に、今後期待されるサービスがあります。

「YouTubeRed」というYouTubeサービス全般の有料会員サービスがあり、このサービスを利用することで、「YouTube」の広告がなくなります。

Google Play Musicの有料ユーザーとYouTubeRedのユーザーが共通化されているため、Google Play Musicに登録すれば同時にYouTubeRedのサービスも使えるのです。
ただし、YouTubeRedは現在一部の国でしか利用できず、日本は含まれていない点に注意が必要です。今後サービス対象地域が拡大し、日本でも使えるようになることに期待しましょう。

書籍&マンガ

Androidだけでなく、iphoneやPCなどからも利用できる電子書籍サービスです。

書籍やマンガなどのコンテンツがあり、これらの有料コンテンツにもGoogle Playギフトカードを使用することができます。サービスの内容的には、AmazonのKindleほどの書籍数、マンガ数にはまだまだ至りません。現状、発展途上のサービスといえます。

ただ、他のサービスにない珍しいポイントとして、Google Play Booksには個人出版も可能なサービスもある点が挙げられます。Googleアカウントを持っていさえれば、すぐに利用することができます。クレジットカード決済だけでなく、Google Playギフトカードでの決済もできます。

『LINE』のスタンプ購入

若者だけでなく多くのスマホユーザーにとって必要不可欠なサービスとなっている「LINE」ですが、この「LINE」のスタンプはGoogle Playのアプリ内課金で購入することができます。
「LINE」スタンプは無料のものからありますが、有料のものと無料のものでは使い勝手や印象が全く違いますよね。

「LINE」の有料スタンプの価格は100コインか50コインがほとんどで、100コインが240円、50コインが120円となっています。「LINE」スタンプの販売形態は、企業が販売する「公式スタンプ」と個人でも販売可能な「クリエイタースタンプ」の2種類があります。
Google Playギフトカードで、このような「LINE」スタンプも購入できるのですから、このギフトカードは様々な使い方ができますね。

まとめ

いかがでしたか。この記事ではGoogle Playギフトカードの利用方法や用途を紹介してきました。

今はスマホやタブレットでいろいろなことが楽しめる時代ですが、クレジットカードを使用することに抵抗がある人も少なくないでしょう。これまでのネットサービスはそのほとんどがクレジットカード支払いだったために、未成年者やクレジットカードを持たない人々は利用が難しいという背景がありました。

しかし、Google Playギフトカードによって、様々なサービスを誰でも気軽に利用できるようになったと言えます。

学生の間にもスマホやタブレットが普及してきているので、中学や高校の入学祝い・卒業祝い・誕生日プレゼントにもこのGoogle Playギフトカードは役立ちそうですね。

あなたもぜひこのGoogle Playギフトカードを有効に活用してください。


スポンサーリンク

Check Also

意外と知らないテザリングの設定方法を解説!

フリーWi-Fiスポットが充実 …