Home / Android / google pay(Android pay)とは?使用方法からApple payとの違いまで一挙紹介

google pay(Android pay)とは?使用方法からApple payとの違いまで一挙紹介

今は様々なモバイル決済サービスが普及してきており、クレジットカードやデビットカードを毎回用意することなく、スマートフォンなどの端末さえあれば決済ができてしまう便利な時代になりました。

そこで、ここでは、そのモバイル決済サービスの一つであるGoogle pay(Android pay)について、他のモバイル決済サービスと比較しながら紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

Google pay(Android pay)とは

Google pay、通称Android payとは、Googleが提供しているモバイル決済サービスの一つです。
2015年9月にアメリカでサービスが開始されており、日本でも2016年12月にAndroid payサービスが開始されました。
VisaやMastercardなど大手のカードも使用できるようになっており、対応したクレジットカードやデビットカードを登録することで、Android payに対応している読み取り機にスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。

Android向けのモバイル決済サービス

Android payは、その名の通り、Androidユーザー向けのモバイル決済機能となります。
Android端末に専用のアプリをインストールし、設定を済ませることで使用できるようになります。

また、店頭での支払いだけではなく対応しているところであればオンラインショップでも使用することができます。

楽天Edyとnanacoに対応

Android payは楽天Edyやnanacoも登録することができるため、登録さえすれば楽天Edy、nanacoに対応した店舗でも使うことができます。
楽天Edyと提携している関係で、三井住友VISAカードなどの日本のクレジットカード・デビットカードや、楽天カード、セゾンカード、HOKUSENカード、UCカード、youmeカードやライフカード、ポケットカードいった楽天Edyで使えるカードも登録することができます。

楽天Edyはローソンやセブンイレブンなどのコンビニ、ドン・キホーテやイトーヨーカドーなどのスーパー、マクドナルドやすき屋といった店舗やBookLive!のようなオンラインショップ、家電量販店・カフェ・ホテル・飛行機など様々な場面で利用できます。

Android payに楽天Edyを登録していれば電子マネーによる支払いに対応しているほぼすべての店舗で使うことができ、一つのアプリに電子マネーをまとめることができるため、管理が楽になります。

nanacoも同じように提携しているため、Android Payアプリから直接入会することもできます。
ただし、nanacoをAndroid Payで使う場合、Android payでは残高のチャージをすることはできませんので、チャージの場合はnanacoモバイルアプリを使用する必要があります。
Android payからは現在の残高の確認と取引履歴の確認ができるようになっています。

Android payとnanacoモバイルアプリは一つにAndroidに同時に入れても問題ありません。

 

ギフトカード、ポイントカードの登録が可能

楽天Edyに提携しているので楽天Edyで使えるポイントカードやギフトカードも登録することができます。
楽天ポイントカードのほかにPontaカードなども登録することができます。

当然Pontaカードであれば、ローソンでAndroid payを使って支払いをすれば自動的にpontaポイントがたまるので、いちいちPontaカードを持ち歩く必要はないですし、レジで取り出す手間も省けます。
カードをあまり入れることができない財布の場合、カード一枚分余裕ができるため、非常に楽です。

Apple Payとの違い

Android payのほかに似たようなモバイル決済サービスとしてApple payがあります。
Apple payは、主にiPhoneなどのアップル製品で使えるモバイル決済サービスで、Android payがAndroid向けならばApple payはiOS向けのモバイル決済サービスです。

クレジット情報をスマホの端末内に保管しない

Apple payは登録したクレジットカードやデビットカードの情報をスマートフォン端末内に保管されています。
それに対してAndroid Payは、登録したカード情報はスマートフォン端末内に一切保存されません。
Android Payの場合は代わりにGoogleが管理するクラウド上で保管されています。

Apple payはスマートフォン端末内に情報が保存されているため、紛失時に危険と思うかもしれませんが、当然カード情報のセキュリティは厳格で、暗号化されていて、なおかつ専用の複合キーを使わない限り、カード情報を盗み取ることはできません。

ただ、それでも保存されているのはスマートフォン端末内なのでやっぱり怖いと感じる方はAndroid payの方がいいかもしれません。

NFCというシステムを採用しているためグローバルに使える

NFCとは世界中で採用されている近距離無線通信技術で、日本国外でも使用することができます。
Android payはこのNFCというシステムを採用しているため、Android payと登録している電子マネーにさえ対応さえしていれば海外でも使用することができます。

普及率がApple payより低い

サービス開始当初はAndroid Payの方が圧倒的に普及率が低い状態でした。
Apple payでは、電車などで使えるSuicaにも対応しているため、Apple pay一つで交通機関も利用できますし、宅配サービスなどにもいち早く対応していました。

ですが、Android payはこのような提携にかなり遅れを取っていて、特にクレジットカード・デビットカード関係は、三菱東京UFJが発行しているデビットカードのみでした。

ですが、2016年12月に楽天Edyと提携したことで、一気に普及率が上がり、Apple payと肩を並べる、場合によってはそれ以上のサービス対応を実現しています。

楽天Edyと提携している関係で、楽天Edyで使えるクレジットカード・デビットカードを使うことができるほか、ポイントカードやギフトカードも使用することができます。

ですが、Suicaに対応していないのでAndroid payでは電車などの交通費の支払いができません。
そのため、AndroidでSuicaを使おうと思ったらおサイフケータイが必要となります。

おサイフケータイにはFeliCa SEというものが必要であり、海外のSIMフリースマートフォンだと搭載されていません。
例えば、Nexus5Xだと、FeliCa SE非対応なので楽天Edyやnanacoを登録する画面すら現れません。
現時点ではFeliCa SE非対応スマートフォンの場合、楽天ポイントカードしか登録できない模様です。

海外のスマートフォンだとFeliCa SEが搭載されていないため、その場合は現状あきらめるしかありません。
SIMフリースマートフォンであっても国内のものでFeliCa SEに対応しているものであれば登録することが可能です。
FeliCa SEがよくわからない場合は、おサイフケータイとして使えるスマートフォンかどうかで区別するといいでしょう。

Apple payではSuicaに対応していて、電車賃も全部Apple payで管理できるため、Android payも電車などの交通機関で使えるように早く対応してほしいところでもあります。

 

Google pay(Android pay)の設定方法

ここでは、実際にAndroid payを使う方法を解説します。

Android Payをインストール

まずは、持っているAndroidにAndroid payをGoogle playからインストールします。
検索ボックスに「Android pay」と入力すると一番上に出てくると思います。

見つけたらそれをダウンロード・インストールします。
なお、Android Payを使うにはAndroidのバージョンが4.4(Kitkat)以上が必要となります。
バージョンがこれより低かった場合はあらかじめアップデートしておきましょう。

インストールが完了したら、 Androidの設定アプリからNFCの設定をします。
設定アプリを開いて、[無線とネットワーク]の中にある[もっと見る]という項目をタップします。
すると[NFC]という項目があるのでこれをオンにします。

スマートフォンの種類やバージョンによって異なる可能性があるのでその際は、設定アプリの一番上にある検索ボックスに「NFC」と入力してください。
それもない場合でどこにあるかわからない場合はメーカーにお問い合わせください。

オンにすることができたらAndroid payを開いて画面に従って初期設定をします。
その初期設定が終わったら、カード登録などを行うことができます。
FeliCa SE非対応スマートフォンでもここまでは進めることができますが、カード登録の際にポイントカードかギフトカードしか設定できる項目が現れないようになっています。

使いたい電子マネーを登録

楽天 Edyとnanacoを登録することができるので、登録できる端末の場合は登録します。
また、電子マネーを持っていない場合はAndroid payから楽天Edy、nanacoを作成することができます。

Android payアプリを開いたら画面右下にある[+]をタップします。
するといくつか項目が出てくるので、その中にある[電子マネーカードを追加]をタップします。
そして、追加する電子マネーカード(楽天Edyやnanaco)を選択します。
なお、楽天Edyとnanacoはそれぞれ1枚ずつ登録することができます。一つのスマートフォンにこれ以上登録することはできません。

それぞれの電子マネーの画面の指示に従って新規であれば新規登録、すでに持っている場合はそれを登録してください。
すべての登録作業完了するとAndroid Payアプリに追加した電子マネーが表示されます。

チャージする

チャージできる方法は楽天Edyとnanacoで異なります。

Android Payからチャージする場合(楽天Edyのみ対応)

こちらはnanacoの場合チャージできないので注意してください。

Android Payから楽天Edyにチャージするには、チャージしたい登録済みの楽天Edyをタップします。
タップした後に出てくる項目から[チャージ]をタップします。
タップしたらチャージする金額を設定して、[カードを選択]をタップします。

ここで登録済みのカードがあればそこからチャージすることができます。
新たに追加することもできるため、その場合はこのときに支払方法を追加をしてください。

そして画面の指示に従って、チャージ金額、支払い方法の確認をして作業を終えると、カードの残高が更新されて使える金額がチャージされます。

店舗でチャージする(楽天Edy、nanacoの両方に対応)

nanacoの場合はこちらの方法、もしくはnanacoモバイルアプリなど別の方法でチャージする必要があります。
楽天Edyでも店舗でチャージすることができ、店舗の場合は現金でチャージすることが可能です。

操作方法は店舗によって異なるので、各店舗の店員の案内に従ってチャージしてください。

店頭で使用する

楽天Edyかnanacoに対応した非接触型リーダーのあるレジであれば利用することができます。
対応しているかどうかわからない場合は、対応している電子マネーリーダーにが表示されているはずなのでそれを確認しておきましょう。

使用する際は、「楽天Edyで支払います」といったように一言言っておくとスムーズに会計が済みます。
そして、リーダーにAndroidをかざします。この際スリープを解除する必要はありませんが、完全に電源をオフにしていると使えないので注意してください。

正常に支払いが完了すると、画面が光るとともに通知音が鳴るようになっています。

ポイントの設定方法

ポイントの設定は、[+]をタップし、[ポイントプログラム]を選択します。
他の電子マネーを登録しておらず、最初にポイントカードを登録する場合は、[はじめる]から[ポイントプログラム]をタップします。
するとどのポイントプログラムを追加するのか聞かれるので、追加したいポイントカードを検索して、選択してください。

するとバーコードを撮影する画面に移るので、画面の指示に従ってポイントカードの番号(またはバーコード)を撮影します。
その後、画面の指示に従って登録することで、使用することができるようになります。

まとめ

Android payについていかがだったでしょうか。
Googleがモバイル決済サービスを発表した直後はGoogle payで広まっていましたが、現在は名称を変更してAndroid payとなっています。
Android payを使うと様々な決済が楽になるのでおサイフケータイに対応しているAndroidであれば使っていくほうが今後の支払いが楽になるでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

アンドロイドペイとは?アップルペイとの違いは?

アンドロイドペイ(Androi …