Home / Facebook / Facebookで名前変更する方法と旧姓やニックネームの登録方法

Facebookで名前変更する方法と旧姓やニックネームの登録方法

Facebookの「名前」は、実名登録が前提となっています。そのおかげで信憑性が向上すると同時に、Facebookの独自性が保たれている要因ともなっています。ただ、結婚で姓が変わった、漢字表記をローマ字にしたいなど、何らかの理由で名前を変更したいことは充分起こり得ます。

その際の処置として名前変更は可能となっていますが、他のSNSのように無条件というわけではなく、さまざまな制約が付きます。Facebookの運営ポリシーからして、アカウントと本人が関連付けられないようなものは認められない傾向にあります。とはいえ、本名だけでは不便なことが起こり得ることも想定し、ニックネームの使用が認められています。

ここでは、Facebookで名前変更する方法と、旧姓やニックネームの登録方法について説明します。

スポンサードリンク

facebookで名前変更する前の確認事項

facebookは原則実名登録制

Facebookは他のSNSと違い、付けられる名前にいくつかの制限があります。これは、「原則実名登録制である」ことから来ています。また、システム上の制限もあると思われます。Facebookのヘルプセンターから、名前付けに関する部分を抜粋します。

名前に以下を含めることはできませんのでご注意ください。

  • ・記号、数字、不要な大文字、繰返し文字、句読点
  • ・複数の文字種
  • ・あらゆる種類の肩書き(職業上、宗教上など)
  • ・名前に代わる語句やフレーズ
  • ・あらゆる種類の不快または露骨な語句

不快・露骨な語句は言わずもがなですが、他はついつい使ってしまいそうな感じですので注意しましょう。他のSNSではやりがちな”namae123@NAME”とかは、Facebook的にはアウトということになります。Facebookが「ダメネーム」と判断すると、登録を拒否される(再入力を促される)こともあるようです。
他、Facebookのヘルプでは名前に関する注意点として、下記にも留意して欲しいと書かれています。

  • ・プロフィール上の名前は、普段の生活であなたを呼ぶ時の名前にしてください。この名前は、本人確認書類、または本人確認書類リストに含まれている書類に記載されている必要があります。
  • ・アカウントに別の名前(旧姓、ニックネーム、事業で使用している名称など)を追加できます。
  • ・プロフィールは、個人としてのみ利用できます。ビジネス、組織、または特定のアイデアのFacebookページを作成できます。
  • ・他人や関連の無い団体名を名乗ることは禁止されています。

いろいろ書かれていますが、要約すると

  • 名前は、本人確認書類または本人確認書類で確認できるものにする
  • ニックネームはロバートの代わりにボブなど、実名と関連したもののみOK
  • アカウントとは別で「ニックネーム」を登録することは可能

といったところでしょうか。共通の目的は「Facebookページと本人が確実に紐づくようにすること」ということがわかります。Facebookの運営が、日本語の名前とニックネーム(いわゆるあだ名)の関係性を解釈しきってくれるかどうかという心配はありますが、あまりにも関係の無い名前は避けた方が無難です。

もし関連が無いと運営に判断されると、本人確認されることがあります。さらに、Facebookページと本人の紐づけができないと結論付けられると、アカウントを停止されることもあります。

名前変更してから60日間は名前変更できなくなる

Facebookは実名登録が基本であることから、名前変更に対しても厳しくなっています(名前なんてそうそう変わるものではありませんから、当然と言えば当然ですね)。とはいえ日本人であれば、改名まではいかなくとも「結婚して姓が変わった」ということもありますし、「漢字で登録したけど、外国人にわかってもらえないからローマ字に変えたい」等々、名前変更が必要な場面がでてくることは充分考えられます。

上で述べた「Facebookページと本人の紐付けができる範囲」であれば名前変更も可能ですが、新規登録または名前変更後、60日以内の名前変更は認められていません。なぜ60日なのかはヘルプセンターにも説明がありませんが、とにかく60日ルールとなっています。言い換えると、間違って設定してしまうとそのままで60日間我慢しなければならないことになります。また、そうなると友達へも混乱をきたすもしれませんので、変更の際はよくよく確認してから作業するようにします。

Facebokで登録している名前を変更する方法

①facebookの名前に関する規定を確認

上でもあげましたが、Facebookのヘルプセンターで「名前」で検索すると、一番目に「?Facebookではどんな名前が認められていますか。」という項目が出てきますので、そこを開いて確認してみてください。
【方法】※画面はiPhoneのスマホ版アプリのものです。

  • 1.画面右下の「三」(その他)をタップします。
  • 2.メニューの一番下にある「ヘルプとサポート」をタップします。
  • 3.「ヘルプセンター」をタップします。
  • 4.検索欄に”名前”と入力し検索します(虫眼鏡のアイコンをタップします)
  • 5.「?Facebookではどんな名前が認められていますか。」をタップします。

ここを読めば、名前付けのルールがわかります。
続いて、実施に名前を変更する手順を説明します。画面はiPhoneのスマホ版です。

②「設定」画面を呼出す

画面最下段のメニュー群から、「三」(その他)をタップします。スクロールしていくと、一番下から三番目に歯車のアイコンで「設定」というメニューがあります。ここから作業を始めます。

③「設定」をクリック

「設定」をタップします。するとメニューが現れますので「アカウント設定」をタップします。出てきた画面の一番上、「一般」(歯車が2個並でいるアイコン)をタップします。

④「名前」をクリック

「名前」をタップします。

余談ですがこの画面、他にもメールや電話番号、パスワードなど、Facebookの設定で基本というか重要な項目が並んでいますね。大事な設定画面ですので、ぜひ覚えておきましょう。

⑤変更後の名前を入力し、「変更を確認」をクリック

「姓」および「名」を、希望のものに変更します(上記の名前ルールに則ったもの前提です)。正しく入力したら、下の「変更を確認」ボタンをタップします。

【ミドルネームについて】
ちょっと余談ですが、「ミドルネーム」というのは、日本ではあまり馴染みがありませんね。ミドルネームというのは主に下記のようなものらしいです。キリスト教信者のものだけかと思っていたのですがそうでもないようですね。日本の戸籍ではミドルネームは認められていませんので正式には使えませんが、通名でつけるくらいなら誰でもできるもののようです。

  • キリスト教の洗礼名
  • 先祖の名前
  • 自分の旧姓
  • 母方の姓
  • 尊敬する人物の名前

ミドルネームはもともと、同姓同名者を区別する意味合いもあります。日本人は漢字も含めると、欧米人に比べて同姓同名が圧倒的に少ないので必要性をあまり感じませんが、Facebook上に限れば、付けたければ付けても問題ないかと思います。

⑥パスワードを入力し、「変更を保存」をクリック

「新しい名前のプレビュー」画面が表示されます。ここで気を付けるべきは、右のチェックマークです。ここでは例として「府営巣 太郎」(ふえいす たろう)さんとしていますが、上にチェックを付けるとでは「姓-名」の順、下のチェックだと「名-姓」となります。これを間違えてやり直しに60日待つのはつまらないので、よく確認して希望の方に設定してください。たまに、漢字名で「名-姓」のアカウントを見かけますが、やっぱりちょっと変ですよね。

あと、Facebookのパスワードを入れないと変更を受け付けてもらえませんので注意してください。特にアプリ版は終了(スワイプ)しただけではログアウトしないのでありがちなのですが、繋ぎっぱなしにしていてパスワード忘れた・・・ということのないように、たまにはログアウトするのもいいかと思います。なお、ログアウトは設定画面の一番下にあります。

Facebookで旧姓やニックネームの登録方法

旧姓やニックネームを付けたい時の設定を紹介します。

①アカウント設定を開き、「ニックネームや生まれた時の名前を追加」をタップ

名前の変更と同じように、「その他」→「設定」→「アカウント設定」→「一般」→「名前」と進みます。「名前を変更」画面が開きますので、一番上の「他の名前」の下にある「ニックネームや生まれた時の名前を追加」をタップします。”生まれた時の名前”というのがしっくりこないです。詳しくは知りませんが、大人になると改名するお国があるのかもしれないですね。日本人に限って言うと、旧姓のことと取れなくもないです。

②設定

「他の名前」という項目が開きますので、必要事項を入力します。

名前のタイプ

「名前のタイプ」の横の文字(デフォルトでは「ニックネーム▼」となっています)をタップして選択します。項目としては下記が用意されています。

  • ニックネーム
  • 旧姓
  • 別のつづり : 例えば「浜田」さんと「濱田」さんみたいなものでしょうか。
  • 結婚後の名前 : メインを旧姓にするのであればこちらを使いましょう。
  • 父親の名前 : ミドルネームとの違いがよくわかりませんが、欧米の方が使いそうな感じです。
  • 生まれた時の名前 : 日本ではまずありませんが、幼名みたいなものでしょうか。
  • 旧名 : 改名していない限りは不要かと思います。
  • 名前(肩書き付) : 「〇〇株式会社 専務」みたいなものでしょうか。
  • その他

Facebookはアメリカ製なので、中には日本人には馴染みの薄いものもありますが、これだけあればどれかが該当しそうです。

名前

上で選んだタイプに相当する名前を入力します。どうやら、先で設定した「姓・名」に比べると、入力制限はほとんどないようです。

プロフィールのトップに表示

右のラジオボタンにチェックを入れると、ここで設定した別名がプロフィールのトップに表示されるようになります。

保存する

設定が完了したら、「保存する」をタップします。Facebookも先の「姓・名」ほど重くは見ていないらしく、パスワードは不要となっています。

まとめ

Facebookで名前変更する方法と旧姓やニックネームの登録方法について紹介しました。他のSNSと違い、実名登録が大前提のFacebookなので、途中から名前を変更することはあまり考えられませんが、日本人特有の事情として

  • 結婚して姓が変わった
  • 最初は漢字名で始めたが、海外の友達が増えたのでローマ字表記にしたい

くらいなら、発生事由として十分に考えられます。変更するにあたり把握しておかねばならないこととしては

  • 付けることのできる名前にはそれなりの制約がある
  • 名前と本人の紐づけができるような名前であること
  • 変更後60日間は再変更できない
  • 表示方法として「姓-名」か「名-姓」のどちらかを選ぶことができる

の4点です。なお、明らかに偽名だと思われる名前でFacebookをやっている方がいるのも事実です。それで何もなければいいのですが、Facebookの運営側にたまたま見つかってしまい本人確認を要求され、名前も写真も無関係(本人と結び付けられないもの)であったため紐付けを証明できなくて、アカウント停止措置を喰らったという話を聞いたことがあります。

そうじゃなくても、Facebook運営側の判断基準はよくわからないところがあり、意味不明の理由でアカウントを停止されたという話もあるくらいです。ですので、運営に怪しまれるような行為は極力避けるべきだと考えます。よほどの理由がない限り、Facebookは実名でやった方が間違いないと言えるでしょう。プライバシー保護の目的で偽名を使うくらいなら、公開設定などをしっかり行い、余分な情報が関係ないところに漏れないように気を遣うことの方が大事です。


スポンサーリンク

Check Also

Facebookで写真を保存する方法と写真の取り扱い方の注意点

Facebookを見ていると、 …