Home / Facebook / どうして?!Facebookのアカウントが停止された時の対処方法

どうして?!Facebookのアカウントが停止された時の対処方法

Facebookは、ユーザーが利用規約に則って使用しているかを運営側が厳しくチェックしており、利用規約に反していると判定されたユーザーにはアカウント停止、最悪の場合はアカウント削除の処置が待っています。規約のほとんどが社会的常識に即したものであり、普通に使用していればまず抵触するものではありませんが、中には知らず知らずのうちに犯してしまいそうな違反行為もあります。

また、Facebookでは手動と自動で違反を検出しているのですが、まれに自動システムの誤作動(検出誤り)によってアカウントを停止されてしまうこともあるようです。

ここでは、Facebookアカウント停止の理由と、処置を喰らった際の対処についてご説明いたします。

スポンサードリンク

アカウント停止の理由

Facebookでアカウント停止処分を受ける理由はいくつかありますが、いずれも「迷惑行為」や「詐称」に起因するものであり、常識をもって普通に使用していればまず適用されないものばかりです。各理由は下記です。

友達申請を過剰に行った

一日のうちに過剰な友達申請を行うと、運営より処分されます。具体的な申請数ははっきりしませんが、10件程度との情報があります。

なお、この件での処分には段階があります。
1.友達申請ができなくなり、警告を受ける
2.それでも無視し続けると、アカウントを停止され、Facebookにログインできなくなる

Facebookは、今現在親密か疎遠かということはさておき、実際の友達間でのやり取りを推奨しています。あまりにも関連のなさそうな相手への友達申請なども、違反の対象になる可能性があります。

他のFacebookユーザーに通報された

Facebookには通報(報告)システムがあり、「このアカウントを報告」メニューを使うと問題の理由と共に運営へ通報できるようになっています。これは報告対象ユーザーそのものだけでなく、そのコメントや投稿に対して個別に行うこともできます。

tuuhou1

恐らく運営側も、通報があったからといって直ぐにアカウント停止するわけではなく、まずは対象ユーザの挙動を調査するのでしょうが、運営側が不適切と判断すればアカウントが停止されることになります。

自動検出システムで停止された

Facebookでは規約違反に関して、人間系の管理と共に自動検出も行っており、システムがユーザーの行動を監視しています。ある一定の条件(過剰な友達リクエストやいいね!等)を満たすとアカウント停止を喰らうことがあります。
自動システムですので、まれに理不尽な停止処分もあるようですが、救済措置もあります。

アカウントの不正利用

アカウントの不正利用の代表的なものは下記3点です。

1.偽名

Facebookは「実名登録」を前提としたシステムですので、偽名の使用は利用規約に反することになります。さすがにこれは自動検出は無理だと思われるので、誰かからの通報か、あるいは運営側たまたま見つかった、などが理由になることが多いでしょう。

プライバシー管理をしっかりした上で、やましいことをしていなければ敢えて偽名にする必要はないと言えます。実名強制の賛否はともかく、規約は規約です。同意できないのであれば利用をあきらめるしかありません。

2.複数アカウント取得

実名登録を前提としている以上、一人に対して複数のアカウントがあること自体、異常と判断せざるを得ません。中には複数アカウントを取得している方もいるようですが、検出網にひっかかってないだけであり明らかに違反行為ですから、最終的にいかなる処置を喰らっても反論はできません。

3.アカウント乗っ取り

Facebookに限らず、各種SNSなどでもよく発生するトラブルです。Facebookでは、個人情報抜き取りや詐欺を目的としたユーザーが少なからず存在します。 乗っ取られると、宣伝サイトへの誘導投稿がやたらに増えたり、これまでと違った挙動をしめすことになるので、最終的にには誰かが通報→アカウント停止の道をたどることになります。

【要注意】「友達の助けを借りる」機能の悪用

Facebookでは、パスワードを忘れてしまった際の復旧方法として、3名の友達を予め登録しておき、その3人から聞いから取得したコードでパスワードのリセットができる、という機能があります。これを悪用して、悪意ある者が3つの偽アカウントを取得して標的ユーザと友達になり、勝手にパスワードを変えることが可能です。

このような事態に陥らないためにも、よくわからないユーザーからの友達リクエストは安易に受け続けるべきではありません。

迷惑メールを送信している

まずは、Facebookにおける迷惑メールとはどのようなものか、説明します。
Facebookを利用していると、迷惑メールが頻繁に届くことがあります。その形態には下記2種類があります。

1.e-mail(G-mailなどのメーラー)宛てに届く

Facebookのユーザー情報のメールアドレスを公開設定(誰でも見える状態)にしておくと、悪意のあるユーザに抜き取られ、迷惑メールの送付対象となることがあります。

2.Facebookの”Messenger”へ届く

Messenger経由で、全く身に覚えのないユーザーからメッセージが届くことがあります。対処としては
・スパムとして運営に報告する
・対象相手をブロックする
の2種類があります。

上記1.2.とも、アカウント停止の要因となり得ます。

1.については自分ではまずやらないと思いますが、Facebook上であなたのアドレス情報を入手した誰かが、Facebookと関係のないところであなたを名乗って迷惑メールを大量送信し、それを受け取った相手があなたを通報することが考えられます。

2.については頻繁にやらずとも、メッセージを出した相手によってはスパムと認識してあなたを通報するかもしれません。

いずれにしろ、通報されてしまうとアカウント停止の対象となり得ますので、
・メールアドレスは非公開にする
・見ず知らずのユーザーへはメッセージ送信しない
といった自己管理が重要と言えます。

アカウントは削除したくないけど一時的に止めたい

アカウントは運営より停止されるだけでなく、ユーザーが任意で停止できます。再開も任意で可能です。
理由はどうであれ、他のユーザからみると「アカウント停止状態」であることに変わりはなく、停止が任意なのか、運営からの強制なのかを他ユーザーが見分けることはできません。

停止された友達のアカウントはどのように見える?

アカウントを検索しても見つからない

アカウント停止中のユーザーは、Facebook各ページの最上段にある検索バーから検索しても単に見つからないだけで、「アカウント停止中」とか、そういった類の表示はされません。

友達の一覧でも表示されない

自分の友達一覧を開いて目視確認しても、そのユーザーは表示されません。検索と同じで、「アカウント停止中」といった類の表示はなく、単に消えるだけです。

過去にやりとりしていたメッセージからもたどれない

生きている(停止中でない)ユーザーだと、メッセージのプロフィール画像(発言の横にある画像)をクリック(タップ)すればメニューが表示がされますが、停止中だと何も起こらなくなります。

友達の一覧ページ内の検索で表示された

アカウント停止中のユーザーは友達一覧に表示されないものの、このページ内にある「友達を検索」で検索するとヒットします。詳細はわかりませんが、自ページ内に何らかの情報が残っているものと推察されます。

消えた友達のページを開くとエラー

自ページ内での検索は可能ですが、開こうとしてもエラーメッセージが出て先に進めません。実際に経験していないので詳細はわかりませんが、こんなメッセージが出るようです。([NAME]は対象ユーザー名です)
Web上での情報だと、メッセージが英語の場合と日本語の場合があるようですが、現在は日本語だと思われます。

Account Inactive
This account has been deactivated.
Only you can see [NAME] on your friends list.
You have the option to [NAME]さんを友達から削除.

アカウント停止中
このアカウントは無効となっています。
[NAME]はあなたの友達リスト上で見えているだけです。
「[NAME]さんを友達から削除」することができます(選択できます)。

いずれにしろ、アカウント停止ユーザに関する情報開示は一切していないことがわかります。

アカウントの停止(利用解除)と削除の違い

一言で言うと、データが保存されるか、完全に削除されるかの違いです。

【停止(利用解除)の場合】

1.任意で、いつでも再開できます。
2.停止したアカウントの各種情報(友達・趣味・関心など)はFacebook上で保存されています。
3.他のユーザーが停止中のユーザー検索をできなくなります(見つからなくなります)。
4.アカウント停止を申請後、実際に反映されるまでの時間はまちまちのようです。自動処理ではなく、運営側が手動で操作しているものと思われます。
5.利用再開後は、ユーザー名や各種設定は停止前の状態を引き継げます。
6.運営側が不適切と判断した発言、画像その他は削除されます。

【完全削除(退会)の場合】

1.削除申請後、一定期間を過ぎるとデータが完全に削除されます。
2.いったん削除されると、利用再開は不可能です。
3.他のユーザーのタイムラインへの書き込みや、送信したメッセージはそのまま残ります。
4.Facebookのデータベースにログ等が残りますが、個人情報に関するものは全て削除されます。

アカウントを停止する手順は簡単

アカウントを自ら停止する方法についてご説明します。

【方法:パソコン版】

1.パソコン版Facebookでログインします。
2.上部の青いメニューバーから、一番右の”▼”をクリックします。
3.「設定」を選択します。

accstop01

4.左列のメニューから「セキュリティ」をクリックします。
5.一番下の「アカウントの停止」項目の「編集」をクリックしたのち、「アカウントの利用解除」をクリックします。

6.必要事項を選択・記入し「利用解除」をクリックします。

accstop03

【方法:モバイル版、アプリ版】

モバイル版では上部メニューアイコンから”三”をタップしてスクロールし、下の方にある「アカウント設定」をタップします。

accstopmov_a

アプリ版の場合は下部メニューアイコンから”三”をタップ→「設定」をタップ→「アカウント設定」をタップします。

accstopapp_a

後の操作は上記パソコン版の4.以降と全く同じです。

アカウント停止再開

アカウントを自ら停止した場合の再開は拍子抜けするほど簡単で、「普通にログインする」だけです。何事もなかったかのように利用再開できます。運営側から停止された場合は、運営への再開申立てが必要となり、申し立てフォームから処理します。

スマートフォンアプリで再開する方法

1.アプリを起動します。
2.一番下の「ヘルプが必要な場合」をタップするとメニューが現れるので「ヘルプセンター」をタップします。

app_a

3.検索バーに「アカウント停止 再開」と入力し検索させます。
4.一番上の「?個人用Facebookアカウントが停止されました。」をタップします。
5.画面をスクロールすると、最終行の「申し立てを送信」がリンクになっていますのでタップします。

app_b

6.「自分のアカウントが無効にされた」(=申し立てフォーム)が出ますので指示に従って先に進めます。
ここで言う”ID”とは、パスポートや運転免許証など、国や公的機関が発行した顔写真と名前が照合できるものを指します。

app06

パソコン画面で再開する方法

Facebook利用停止問合せフォーム」を開き、必要事項を入力して送信します。

accountpc1

申し立てを送信し、フォームへ入力

フォームへ必要事項を入力し送信すると、運営より回答メールが届きます。内容は
・質問への回答
・停止解除に必要な案件の提示
となります。なお、必要な案件は停止理由により異なります。

身分証明が必要な場合も

停止理由が「個人の特定ができず、偽名と判断されたため」だと、あなたの身分を証明するもの(運転免許書など)の画像が必要となります。本当に偽名を使っていた場合は、この時点で何も証明するものが無いことになり、再開は難しいと思われます。

何度かメールでやり取りすることも

提出した情報が運営側で適切と判断されなかった場合は再度やり取りをすることになります。ここまでくると完全に人間対人間のやりとりとなりますので、事象によって対処は異なってきます。運営の指示に従うほかなさそうです。

不正ログインの場合は新しいパスワードを

アカウント乗っ取りなどの理由で停止されたのであれば、パスワードは当然ながら新しいものにしなければなりません。

友達の助けを借りる

「信頼できる連絡先」を3件以上登録しておくと、アカウント停止解除の際助けてもらえます。これらは友達から選出します。

【設定方法】

1.「設定」→「セキュリティ設定」→「信頼できる連絡先」の「編集」をクリックし、「信頼できる連絡先を選択。」を選びます。

trast1

2.「信頼できる選択先を選択」ボタンを押し、友達の名前を入力(途中まで入力すると候補が出てきます)し、選択して「確認」を押します。あとは指示に従ってください。

trast_a

アカウントが停止されると、これら信頼できる連絡先に特別なコードが送信されますので、そのコードを教えてもらい入力することで、アカウントロックが解除できます。
特別なコードを連絡してもらう方法は電話、口頭のいずれかとなります(Facebookは、コード連絡にメールを使いことを、セキュリティの観点から推奨していません)ので、そのような連絡手段が取れる友達を選びましょう。

ヘルプセンターを活用する

Facebookヘルプセンターでは、アカウント停止・再開だけでなく利用方法やプライバシーの確保など、様々な情報が提供されていますので、わからないことがあれば利用してみてください。

まとめ

Facebookのアカウント停止は、不正利用はもちろんのこと、正しく使用していてもある日突然あなたの元に訪れるかもしれません。いざそうなったときに慌てないで済むよう、アカウント停止の解除方法について事前に確認しておきましょう。

また、できるだけそのような事態に会わないようにするため、パスワードの定期的な変更、他からの使いまわしはしない、友達承認は慎重に行うなどの心がけも重要といえます。


スポンサーリンク

Check Also

Facebookで写真を保存する方法と写真の取り扱い方の注意点

Facebookを見ていると、 …