Home / IT / 使いこなそう!クラウドシステムのメリット・デメリットを徹底解説

使いこなそう!クラウドシステムのメリット・デメリットを徹底解説

今では一般的に使われるようになったクラウドサービス。

クラウドサービスにはオンラインストレージ、SMS、データベースなどたくさんの種類がありますが、中でも目立つのはクラウドストレージです。

クラウドという言葉はいろいろなところでよく聞きますが、そもそもクラウドシステムとは何なのでしょうか。

今回は、クラウドサービスとは一体どのようなものを指すのか、クラウド化することで得られるメリット・デメリット、オンプレミスとの違いなど詳しく紹介・解説していきます

スポンサードリンク

クラウドシステムって一体なんだ?

クラウドシステムで使われるクラウドとは、クラウドコンピューティングの略称です。インターネットなどに繋がれたコンピューター(サーバー)が提供するサービスをクラウドシステム(サービス)といいます。

クラウドシステムはインターネット経由で利用することが前提となっていることが特徴であり、インターネット経由で繋ぐことが可能であればどこにコンピューターがあっても問題ありません。

クラウドシステムは居場所(サーバ)がつかめない

クラウドシステムは、利用者からは実際の居場所を知ることができません。これがクラウドという名前の由来にもなっています。

クラウドを日本語で訳すと雲になりますが、まさにこのクラウドサービスは、無数の雲の中にあるどこかのコンピューターに繋いでサービスを利用しているというシステムなのです。利用者はサービスを利用できていることはわかりますが、どこの雲の中につないでいるかはわかりません。

どんなサービスがあるの?

クラウドサービスは例えば勤怠管理サービス、安否確認サービス、eラーニングサービスなどがあります。

勤怠管理システムの場合、事業所や店舗が複数ある場面で大活躍します。クラウド化していない場合、昔ながらのタイムカードなどで管理していると思いますが、その場合別事業所との共有が難しいです。

上記の方法だと別事業所等もまとめて管理することが大変ですが、クラウド化していた場合、インターネット経由で勤怠管理ができるので、理論上インターネットにつながる場所であればどこでも勤怠管理をすることができます。

場合によってはオンプレミスの方がいいことも

クラウドシステムの話が出てくる際にオンプレミスというキーワードが出てくることがあります。

オンプレミスってなに?

そもそもの疑問ですが、オンプレミスとは一体何のことかわからない人もいるかと思います。

オンプレミスとは、簡潔にまとめると自社運用型のことをいいます。自社運用型とは、自社内で使うシステムを購入し、資産化することができます。

自社公式サイトの立ち上げを例に挙げると、自社サイトを管理するためのサーバーとサイトのシステムを購入して運用することです。これを自社運用型、すなわちオンプレミスといいます。

両者の違いは?

クラウドとオンプレミスの違いですが、まず初期費用が大きく異なります。

オンプレミスの場合、ゼロからシステムを構築する必要があるので、サーバーやシステムなどをまるごと購入します。その際の初期費用が高額になりがちです。

クラウドシステムの場合、既に完成されているサービスを利用することになるため、サーバーなど高額な機材を購入する必要がなく、低コストでの運用が可能です。サービスの保守管理もすべてクラウドサービスを提供している企業が行うため保守コストもほとんどかかりません。

クラウドシステムの3つのメリット

次はクラウドシステムのメリットを3つあげていきます。
クラウドシステムだからこそ得られる恩恵も多いためぜひ知っておきましょう。

バックアップの必要がない

クラウドシステムはクラウドサービス提供側が保守運用しているため、サービスポリシーに沿ってバックアップをしてくれます。そのため、過度なバックアップをする必要は一切ありません。

保守コストの中でバックアップは高コストな要素でもあるため、大量のデータを扱う企業などであれば得られる恩恵は大きいでしょう。

導入が素早い

クラウドシステムは既に出来上がったシステムを利用することになるため、導入も非常に簡単です。システムの導入手順を含めたマニュアルが完備されているので教育コストもかかりません。

オンプレミスだとサーバーやライセンス、ネットワーク構築など導入コストが非常に高いですが、クラウドサービスであればこれらのコストは全てクリアされています。

スマホなどのデバイスからのアクセスがラク

クラウドサービスはインターネット経由で利用することが前提であるため、好きなブラウザで利用することができます。さらに近年のサービスはスマホ向けに最適化されているものも多く、スマホなどの携帯端末でもスムーズに利用できます。

クラウドシステムの3つのデメリット

メリットがあればデメリットがあると言いますが、当然クラウドシステムにもデメリットが存在します。

こちらはクラウドシステムという都合上改善しづらいデメリットですが、オンプレミスだとこれらのデメリットは全て解消できます。

 

セキュリティに懸念あり

クラウドシステムは基本的に自社ではなく他社のサービスを使うことになります。

つまり、クラウドシステムで顧客や社員の個人情報を扱う場合、クラウドシステムのバグ等でデータ流出が起きてしまうと大変なことになります。

またセキュリティシステムの詳細は外部からは完全に分からないため、具体的にどのように管理されているのかわからないという不安な点もあります。

この問題を解消したいのであれば、クラウドを諦めてオンプレミスで自社管理するしかありません。

他のシステムと統合しづらい

クラウドシステムというのはまた別のシステムと統合しづらいです。

基本的にクラウドシステム一つで完結するように作られており、他社システムと統合する前提で作られていないことがほとんどです。

システムによっては、○○と連携可能となっていることもありますが、それでも各サービスごとに1~2サービス程度しか連携できないことが多く、汎用性は高くありません。

カスタマイズが難しい

企業がクラウドシステムを利用するにあたり、一番懸念点となることが、カスタマイズが難しいことでしょう。

クラウドシステムは様々な人に利用されることが前提であるため、システムが汎用化されています。そして同じシステムをいろんな方が利用するため、利用者別でシステムをカスタマイズするということが極めて困難になっています。

しかし最近は少しでも自由にカスタマイズできるIaas型クラウドが増えてきており、カスタマイズ前提であればIaas型クラウドシステムを利用することも選択肢の一つです。

 

まとめ

クラウドシステムについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

クラウドシステムは初期費用が非常に安い、保守管理が楽、導入コストも低いというメリットが多いですが、その分場合によっては決して無視できないデメリットもあったかと思います。

クラウドシステムにこだわっていたが、考え直してみるとオンプレミスの方が良いということもあるかと思います。

クラウドシステムだから何でもできるというわけでは決してないので、その点だけ勘違いしないようにしましょう。

当たり前ではありますが、クラウドシステム、オンプレミスの両方のメリット・デメリットをきちんと把握したうえで、自社に合う形のシステムを構築していくことが大切です。

 


スポンサーリンク