Home / ソフトウェア / クラウドシステムのメリットと分類~パブリッククラウドやハイブリッドクラウドについて~

クラウドシステムのメリットと分類~パブリッククラウドやハイブリッドクラウドについて~


クラウドコンピューティング(クラウド)とは、サーバーやネットワーク、ストレージといったコンピュータのリソースを、どんな場所からでもいつでも自由に利用することができるシステムです。

このシステムを利用すれば、突発的にアクセスが増した場合や、企業の成長にも柔軟かつスピーディに対応できるようになります。ITリソースをより効率的に使って共有できるメリットがあるため、IT業界で注目されているサービスの一つです。

この記事ではクラウドサービスの利用メリットとクラウドサービスの分類、その中の「パブリッククラウド」と「ハイブリッドクラウド」の特徴やメリット、デメリットについて紹介してきたいと思います。

クラウドサービスを利用しようと考えている方は是非この記事を参考にしていただけるとうれしいです。

スポンサードリンク

クラウドシステム利用のメリット

これまで自社で設置することが多かったサーバーやアプリケーションですが、クラウドではインターネットを通して別の場所にある他社が提供するシステムにアクセスし、これを利用します。データベースやバックアップ、アプリケーションなどがクラウド側からサービスとして提供されることにより、利用者としては必要な分だけを使うことができるという大きなメリットを得られるのが特徴です。

今までの形態では、例えばデータベースが利用したい場合、自社で技術者を雇い、自社用のデータベースを設置するのが定例でした。これには人的な費用のほかにメンテナンスや保守といった日々の管理も加わり、結果的に多大な費用がかかることになります。しかしサービスを介してデータベースを利用すれば、サーバー自体はクラウド側にあり、メンテナンスや保守管理も任せることができるのです。

サービスとして提供されているのはデータベースだけではありません。一般的な会社が利用するものとしては、たとえば給与計算ソフトや、勤怠管理ソフトなども挙げられるでしょう。こういったソフトや給与情報、勤怠情報などもサービス提供側が管理することによって、利用者側はセキュリティに苦労をせず、また導入も楽に行うことができます。

必要な分だけ利用するというシステムはセキュリティ面から見ても好ましいもので、使用せずにすっかり忘れて放置していた自社設置のシステムから、外部のコンピューターウィルスが侵入するといった事故も防ぐことができるでしょう。

顧客の個人情報や自社製品についてのデータ各種など、外部に漏えいしてはいけないデータの管理も楽になり、それぞれの事業に集中できるのもメリットとして挙げられます。

クラウドが提供するサービスは各運営会社によりさまざまですが、基本的には月額やユーザー人数によって決定されます。これにシステム内のサービスを追加する形になり、サービスにも月額やユーザーごとの料金がかかる可能性もあります。運営側も事業として行っている限り利用料金が発生するのは当然のことですが、アプリケーションの更新やセキュリティの確保などを加味すると、決して高いものではありません。

ウェブサイトやデータベース、あるいは勤怠管理ソフトなどを実際に導入してみたものの、やはりたいして利用しなかったという場合には、コストをかけずにすぐに停止できるもの大きな魅力となっています。自社で設置していた場合は廃棄にも費用がかかり、コストをかけて導入したものをすぐに停止するわけにはいきませんが、サービス利用の形式ならば、月額の利用を辞めるだけで済むのです。

クラウドサービス依存によるデメリットも

メリットばかりが多いようにも見えますが、多少ながらデメリットも存在しています。クラウドサービスに依存する限り、サービス提供側に万が一の事態が起こった場合には、顧客側からは手の出しようがないという点もデメリットのひとつといえます。とはいえ基本的にはサービスは万全の態勢で運営されており、自社設置に比べるとアクシデントが起こる可能性は低くなっています。

デメリットについて考慮した上でも、サービスへの加入は充分に魅力的なものでしょう。

クラウドサービスの分類

クラウドサービスは、大きく分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」、そしてパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用する「ハイブリッドクラウド」の3種類に分類できます。それぞれの特徴とメリット、デメリットについて紹介していきたいと思います。

プライベートクラウドとは

プライベートクラウドとは、不特定多数が利用できるのではなく特定の企業内で環境を構築します。従って自由にシステムをカスタマイズすることができ、セキュリティシステムも強固なものになり得ます。

プライベートクラウドのメリット

前述したように、自由にシステムをカスタマイズすることができ、セキュリティシステムも強固なものになり得ます。また、パブリッククラウドとは異なり、重要な個人情報も保存可能です。

プライベートクラウドのデメリット

重要な個人情報等も保存可能ですが独自のシステムを構築する必要があり、その点は多額の初期費用が必要になります。初期段階で必要となる容量などをあらかじめ決めておく必要があります。

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドとは、プロバイダーが提供するクラウド環境を、企業や組織など不特定多数の利用者にインターネットを介して提供しているサービスを指します。利用者は、ハードウェアあるいは通信回線などは自分で所有することなく、パッケージになっているクラウド環境を共有して利用します。

この「共有する」という点が、パブリッククラウドの大きな特徴です。サーバ本体はもちろん、OSをはじめソフトウェアや回線に至るまで、ぱぶっくクラウドでは使用する環境を利用者が全体的に共有することになります。

こうした利用方法が実現する理由は、パブリッククラウドを提供している事業者が、自社で規模の大きなデータセンターを数多く構えているからです。また、こうしたデータセンターに設置されている大量のサーバは、各社が独自に仮想化したり、分散化する技術などを駆使して、一つのクラウド環境を実現しています。

ちなみにパブリッククラウドの事業者としてよく知られているのは、「Google」や「Amazon」、「Microsoft」といった事業者です。日本国内においては「ニフティ」が有名です。

パブリッククラウドのメリット

パブリッククラウドのメリットとは簡単に説明すると、「IT サービスが手軽に調達できる」という点です。パブリッククラウドサービスは、個人や企業に関わらずに利用できるケースが多くなっています。その上、クレジットカードでの決済方法が採用され、即時に利用を開始することが可能です。増減も簡単に行えるため、利用者は使いたい時に、使う分だけを使うことができますので、コストダウンにつながります。

そして、導入にあたって初期費用も殆どかからない場合が多いのも利点です。OSのバージョンおよびセキュリティに関することなど、定期的なメンテナンスが必要になる機能も、プロバイダーがメンテナンスしてくれます。システム担当者にかかる負荷が軽減される点もメリットと言えるでしょう。

パブリッククラウドのデメリット

しかし、逆にパブリッククラウドを利用する上で注意しないといけない点もあります。サーバ本体や設置場所、ソフトウェアなどをクラウドプロバイダーが用意してくれるということは、逆に言えば利用者側が状況を把握したり、コントロールするのは殆ど不可能と言えます。

そのため、仮に障害が生じた際には、基本的に利用者はプロバイダーから障害が復旧するまで連絡を待つことになります。事態を把握するまでに時間を要するという点は、予め心得ておきましょう。また、クラウドサービスを提供する事業者全てが、同一内容のサービスを提供しているという訳ではありません。コンピュータ市場のサードパーティ(外部事業者)が提供を行っているサービスは使用できない可能性があることも押さえておきたいところです。

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドとはパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせて利用するものを言います。この2つは両方のメリットを踏まえた上で最適な内容となるように組み合わせることが必要です。

重要な情報とか個人情報などは独立性の高いプライベートクラウドに保存可能になったことで高いセキュリティ機能付きで保存ができ、手軽に使用でき良い部分が活かせるパブリッククラウドと共に活用することが出来るようになりました。

ハイブリッドクラウドのメリット

まずパブリッククラウドの場合とはこれを提供するプロバイダーのサービス内容を指します。前述したようにパブリックは共有を意味し、不特定多数の個人であるとか企業がこれを利用することが出来ます。初期費用が殆どかからずハードを購入する必要もなくそこが最大のメリットになります。

そしてホームページを通じて申し込みを行うことが出来ます。普通は企業側でサーバーを用意したり初期投資に資金を投入するものですが一切必要なく、プロバイダー側でこれらのものが揃えられていますので即使用を始めることが可能です。ただ重要な情報は保存できないことと、プロバイダー側でシステム管理が行われる為に障害が発生した場合に対応出来ないといったデメリットも持っています。

また、前述したようにプライベートの場合は共有ではなくて占有のサービス内容になります。不特定多数が利用できるのではなく特定の企業内で環境を構築します。従って自由にシステムをカスタマイズすることができ、セキュリティシステムも強固なものになり得ます。

重要な個人情報等も保存可能ですが独自のシステムを構築する必要があり、その点は多額の初期費用が必要になります。初期段階で必要となる容量などをあらかじめ決めておく必要があります。
それぞれに一長一短があるものですが、ハイブリッドの場合にはどうなのかという問題があります。

ハイブリッドにした場合はセキュリティに関する課題は解消されます。物理サーバーで管理を必要とする場合はオンプレミスのハブになる中間のシステムを構築すればセキュリティ上問題のないシステムへ移行することが出来、プライベートとしても独立性の高いものにすることが出来ます。

ハイブリッドの場合は機密性の高いものをプライベートで、それが比較的に低いものはパブリックで利用するためにプライベートだけで使う場合よりも対費用性が良いとされています。企業内部でプライベートを構築する場合は多くの初期投資が必要ですが、パブリックの場合はこれがかかりません。

ただ、月額の費用は従量制によって増える可能性があります。このことから長期的に使う場合はプライベートを、短期的に使う場合はパブリックを選ぶことでコストを抑えることも可能になります。
ソフトウェアライセンスについてはハイブリッドを使うとこちらへ移行することができますから提供されていないソフトウェアと連携できるというメリットがあります。

ハイブリッドクラウドのデメリット

ハイブリッドのデメリットについてはシステムを2つ分組み合わせる分構成が複雑になります。それに伴い運用が難しくなり統合管理ツールなどを使ってこのコストを下げる必要性も出て来ます。

それと管理者としても両方の知識を持つ人が要求され、そうでない場合はうまく運用して行くことが出来ないとか、システムにトラブルが発生した場合にこれに対応できないといった事態も起こります。これにかかる費用も相当に見込んでおかなければならず運用コストとと共にこれをいかにして抑えるかという新たな問題も出て来ます。負荷が急激に増えた場合はそれを分散させるとコストも抑えることはできます。

まとめ

当たり前のようにコンピューターが利用され、各家庭に一台以上のパソコンが置かれる時代にあっても、インターネットで会社や家庭を繋ぐサービスの提供は画期的なものです。

コスト導入によって見送っていたアプリケーションやソフトについても、最小限の月額やユーザー課金で済むことから、思い切って挑戦してみることができます。また、顧客情報のセキュリティについての危惧も、クラウドシステムを利用することで安心できるのも嬉しい点となっています。

また、クラウドサービスは3種類に分類されており、それぞれのメリット、デメリットを把握したうえで自身に最適なものを選択することが大切です。


スポンサーリンク

Check Also

オフィス2010のインストール方法及びワード2010、エクセル2010の特徴を徹底解説!

Microsoftのオフィス製 …