Home / IT / これで完璧!クラウドの仕組みと魅力たっぷりのniftyクラウドの解説!

これで完璧!クラウドの仕組みと魅力たっぷりのniftyクラウドの解説!

いまや仕事の作業効率化にはクラウドサービスは必要不可欠です。
しかし、様々なクラウドサービスが出てきており、どのサービスが良いのか分からない場合も。
また、クラウドの仕組みがいまいち理解できていないと導入にも踏み切れないこともあるかもしれません。

そこで、今回はクラウドの解説と数あるクラウドサービスの中でも特に魅力的なniftyクラウドについて説明していきます!

スポンサードリンク

クラウドはメリットだらけ。その仕組みと効果とは?

そもそもクラウドって?

クラウドとはクライアントとサーバーと言う点では従来と変わりはありませんが、大きく変化した所は仮想化技術の応用と利用の仕方の2点になります。

イメージとしては、無尽蔵に用意された資源から、必要な時に必要な分だけサービスを利用する事ができます。
インターネット回線と端末となるパソコンなどがあれば、それ以外の事はサービス会社が整備してくれますので利用者側はとても便利になります。

例えばメールを受信する場合には、コンピューター本体とOS、メールソフトを個別にインストールしメールの設定やISPとの契約も必要でした。
メールを保存するコンピュータも手元に置く必要があり仮にコンピューターがトラブルを起こした場合は、メールが見れなくなりデータも消える可能性もありました。

こうした自分で管理する事をオンプレミスと呼んでいますが、逆にGmailやYahooメールの様にログインするだけで全ての機能が利用でき、難しい管理や設定もなく全てはサーバーの上で管理されています。
ちなみにGmailなどは手元に管理する資源はなく料金を支払えば簡単に資源とサービスを加減する事ができます。

この様にソフトウェアがサービスへ抽象化され資源を自由に利用できる事が特徴と言えます。

クラウドのメリットやデメリットは?

クラウドのメリットとしては、IT部門が楽になりメンテナンスが要らないので管理が簡単です。
また、サーバーやソフトにお金が掛からず、初期費用も殆どないためランニングコストだけで利用できます。
直ぐに構築できるので、試し作りやスケールを大きくするのが簡単です。

反対にデメリットとしては、カスタマイズがしにくくSaaSなどでは全くできない事が多く、データを預けた会社がそのサービスを止める可能性がある事です。
利用料金については、月額いくら、1ユーザーいくらと言う従量課金制です。
サービスを利用するスタイルなので、使用していない時には費用が発生しません。

例えば繁忙期の1か月間だけ複数の人が作業のため利用し、それ以外のシーズンは管理用に1人が利用する方法もあります。
必要最小限の利用で無駄を省く事ができます。
また、利用期間や利用人数だけではなく、使用するサービスを自社のスタイルに合わせて、必要なものだけ絞って利用する事ができるため、無駄な費用が発生しません。
必要時に直ぐに利用できるのが最大の魅力です。

クラウドの機能で効率化を

クラウドは多種多様な使い方ができるため、勤怠管理、安否確認、eラーニングなどで実用化されています。

勤怠管理システムもインターネットを活用しており、これまで説明してきた通り独自にネットワークやサーバー管理をする事がないため、タイムカードの管理から毎月の集計などが不要になり人件費なども大幅にカットする事ができます。
年間にすると驚くほどの経費に差が出てきます。

給与ソフトとの連携や生体認証、ICカード、スマートフォンを認証端末として利用できるので、社内の仕事の効率化以外にもセキュリティー面でも活躍できます。
この様にスマートフォンでも連携できるので、万が一の災害時に安否確認として利用する事ができます。

eラーニングシステムの強みは、数名の新卒者や数名の中途採用に集合教育を実施するのは難しく効率が悪いです。
しかしeラーニングクラウドは、必要な時に必要な人数分の教育プログラムを利用する事ができます。
また、最新の内容を各個人の時間に合わせて学習する事が可能で、学習の進捗状況も簡単管理できます。

上述した様にクラウドサービスは、メリットが多くシステムの実用性が高いため、現在は多くの企業で取り入れています。
費用も安価なため、経費削減や仕事の効率化を目指すならクラウドサービスはとても重宝すべきなのです。

おすすめのクラウドサービスは?

クラウドに関する説明が終わったところで、おすすめのクラウドサービスを知りたい人も多いと思います。

現在cloud型のIaaSサービスでは多種多様なサービスが提供されています。
そのため、魅力的なサービスが多すぎて比較検討するのが難しいと感じる人もいらっしゃるでしょう。
数あるCloudサービスの中でも、人気が高いサービスがniftyクラウドです。

niftyクラウドが沢山のユーザーを抱えている背景には、それなりの理由があります。

ニフティが運営するniftyクラウド

インターネット黎明期からサービスを開始し、プロバイダ会社としても知名度の高いニフティによるクラウドサービスが、niftyクラウドとなっています。
クラウドサービスを利用したバックアップやインフラの構築が当たり前になりつつある時代においても、やはり老舗として長年経験を積んできたniftyのクラウドサービスは一考の価値があるものです。

インターネット業界における大手企業が続々とクラウドサービスに参入する中で、niftyクラウドは使いやすさに重視を置いたサービスとなっています。

企業が毎日の業務を続ける上で、貴重なデータは蓄積を続けます。
データの中には顧客の住所氏名、職場情報などを含む個人情報や、社員の勤怠、あるいは給与に関する情報なども含まれることが多いはずです。

コンピュータに保存されたデータは、従来ならば自分の会社で設置したデータサーバーなどに保存されてきました。
しかしこの方法ではそもそもデータサーバーを設置するまでのコストがかかる上、設置したからといってメンテナンスもせずに放置というわけにはいきません。

そこでクラウドサービスにバックアップを移行させることで、メンテナンスやデータ容量の増大に合わせたサーバーの新設といった手間を省くことが可能となります。
niftyクラウドもまたクラウドサービスとしてデータのバックアップに対応しています。
更に、アプリケーションの設置や社内インフラの整備といった面でも力を発揮するのが特徴となっており、多数の大手企業がniftyクラウドを導入しています。

niftyクラウドの特徴は?

niftyクラウドの特徴は、そのコストパフォーマンスの良さと、導入のしやすさにあります。

HA機能を提供することで、万が一サーバーに異常が発生した場合にも、自動的にサーバーの切り替えが実施され、データ自体への損失を防ぐことができます。
ネットワーク転送量自体も10TBまで無料で利用可能となっており、転送量に余裕を持たせて運営を行えるでしょう。
また、クラウドサービスにおいての疑問や問題が発生した場合には、365日24時間niftyクラウドのサポートが可能となっていることから、クラウドを利用したことがなくても導入に踏み切りやすくなっています。

使いたい機能だけを選んで利用できるのがクラウドサービスのメリットであり、niftyクラウドでもこのメリットを充分に生かすことができます。
アプリケーションをひとつだけ利用したい時にも、まずは人員を割き、システムの構築から始めなければいけなかった時代から比較すると、申し込みだけですぐに利用が開始できるniftyクラウドは夢の環境ともいえるます。

どのようなシステムで、世界に向けてどんな事業を行うかで、niftyクラウドの利用方法は異なります。
大規模ゲームを行うための基盤として利用したり、あるいは社内に向けた業務連携用のツールや、社員教育用システムを構築することもできるでしょう。

料金や保証、セキュリティは?

niftyクラウドは、40を超える料金プランが取り扱われていて、ユーザーが利用する頻度や負荷に応じて、最適なプランを選択することが可能になっています。
その上、従量課金制を採用しているので、サーバーが稼働していない時間の費用を大幅に軽減することができます。

月額課金制のプランもまたサービスを利用しやすくしており、以前は利用していたものの用途が減った場合や、予想よりも使用しなかった場合にも、月額課金を解除するだけで手間がかかりません。
また、月額課金について不明な点があった場合には、日本語が通じるサポート窓口が用意されていることも、日本の企業にとっては使いやすい要素となっています。

クラウドサービスの導入について考えた時、大手プロバイダとしてインターネット業界で経験を積んだニフティによるniftyクラウドは、有力な候補となります。
日本の企業ならではのきめ細やかなサポート対応と、品質に対する保証はniftyクラウドならではのものです。
初めてクラウドサービスを導入する際にも、安心できるサービスとなっています。

もちろん、セキュリティ面も重視されています。
ファイアウォール、VLANやVPNをはじめ、二要素認証およびアカウントのロール設定が可能になっており、エンタープライズへの用途でも十分対応できる機能が備わっています。

更に魅力的なniftyクラウド

低価格でAPIを使用可能

また、nifty cloudではソフトウェアの機能を共有するAPIが使えます。
現在は、どの会社のサービスでもAPIを使用できるのでは、と思われるかもしれません。
しかし、nifty cloudのAPIは、他社のサービスと比べて低価格で使用できるというメリットがあります。
それと同時に、ファーストインプレッションもかなり早いことが評価されています。

他者のクラウドサービスを利用した経験がある方にしか実感できないことですが、比較が可能な環境にある方は、是非比較してみることをお勧めします。
niftyクラウドのスピードに驚くはずです。

また、コントロールパネルを使ってできることの大部分は、APIを介して操作することができます。
サーバーの大量作成あるいはバッチ処理の自動化など、作業の効率面でも非常に好評になっています。

ユーザ視点に立った機能強化

同時に、niftyでは常日頃からユーザ視点を重視したサービスと、機能の強化を続けている点も特徴です。
例えばコンソール機能では、ブルースクリーン状態またはファイルシステムチェックなど、状況についてコンソールを通して確認することができます。
こうした機能は、ユーザーの安心感や利便性の向上にもつながるので、ユーザーから高い評価を得ています。

つまり、niftyクラウドが備えている最大の特徴が、ユーザ視点という訳です。
とりわけコントロールパネルのUIが非常に使いやすくなっていますので、その簡単な操作性に驚く方も沢山存在します。
マニュアルを参照しなくても、見ただけでもすぐ使える直観的なUIが意識されています。
この点は、実際に触れた方はお分かりいただけるはずです。

niftyクラウドの前身は、ニフティで利用されていた社内ポータルです。
この点が、niftyの最大の強みでもあります。
サービスを運営した上でクラウドについても提供している事業者はそれほど多くありません。
すなわち、niftyクラウドはユーザーのみならず、社内のスタッフもユーザとなります。

この意味で、スタッフ自身がスピード感を意識したサービス展開を行うためのクラウドということになるので、機能面および性能、品質面においてもユーザ視点で作られています。
利便性の高いコントロールパネルのUIと並び、丁寧で分かりやすいヘルプサービスもniftyクラウドが持つ特徴です。
コントロールパネルにおける画面イメージも豊富で、操作方法も分かりやすさにこだわっているので、利用イメージもつかみやすくなっています。

コントロールパネルから操作が可能な機能の多彩さと利便性は、このサービスの大きな利点です。
サーバの作成や削除をはじめ、サーバーのコピーやスペック変更、ファイアウォールの設定やロードバランサー設定、そして監視設定など、システム運用のための基本作業は殆どオンデマンドで操作できます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
クラウドを活用できれば作業効率はグンと上がります。

今回はniftyクラウドを中心に紹介しましたが、必要なサービスを取り扱っているクラウドサービスをりようするなどして、より快適に仕事を進めていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

Keynote徹底解説~Powerpointとの比較も

  仕事やセミナーな …