Home / Android / スマホの防水機能ってどれくらい効果があるの?選ぶ際の注意点とおすすめスマホをご紹介!

スマホの防水機能ってどれくらい効果があるの?選ぶ際の注意点とおすすめスマホをご紹介!

スマートフォンに防水機能が付いていることは、今や常識となりました。Android搭載のスマートフォンには何年も前から防水機能が付いておりましたが、iPhoneも、iPhone7からは高い防水機能が搭載されるようになりました。

防水機能が搭載されているスマートフォンには、同時に防塵機能も搭載されております。iPhone7にも、当然防水機能とともに防塵機能も搭載されております。

防水性能には、それぞれ等級があり、その等級により防水性能が異なります。そこで、スマートフォンの防水性能にはどれくらいの効果があるのか、また、そもそもスマートフォンに防水機能は必要なのか、という点を含めて、スマートフォンの防水性能について、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

スマホの防水機能って必要なのか


まずは、そもそもスマートフォンに防水機能って必要なの?といったところから解説していきます。ここでは、防水機能搭載のスマートフォンを選ぶ時の注意点や、防水と防塵の違いについても、触れていきます。

防水機能付きスマホを買うべき人

今では防水機能が搭載されているスマートフォンがスタンダードになってきましたが、果たして、防水機能付きのスマートフォンを持つべき人、買うべき人は、どんな方なのでしょうか。それは、日常生活を送るほとんど全員です。

よくあるケースとしては、トイレに落としてしまった、スマホをポケットに入れたまま海で泳いでしまったなどがあげられると思います。防水機能があれば、多少の時間なら防げるかもしれませんが、防水機能が付いていなければ間違いなく故障してしまうと思います。

次のケースは意識しないと気づかないものです。夏場ポケットにスマートフォンを入れて出かける人は、汗をかきます。その汗が直接スマートフォンに当たらなくても、蒸気で「水濡れ破損」とみなされてしまうことが多いです。また、普段バッグにスマートフォンを入れて持ち運んでいる人でも、突然の雨に降られてしまったり、水をこぼしてしまうリスクというものは、どうしてもあるものです。

そうした時も、スマートフォンに直接水滴が当たらなくても、湿気によって「水濡れ破損」とみなされてしまうことがあります。キャリアの窓口に持ち込み、水濡れの判定をするのは、実はキャリアスタッフではありません。

機種によって様々ですが、例えば通常はビンクの水玉模様をしている箇所が全てピンク色になっていたら、水濡れ破損とする、といったメーカーによる規定のもと、キャリアスタッフはその旨をお客様に伝えます。

スマートフォンは、いわばコンパクトなパソコンと変わりません。そのため、水に関しては非常にデリケートなのです。そのため、近年ではiPhoneにも防水機能が実装されるようになりました。

つまり、スマートフォンを使う人であればその全員が、防水機能が搭載されているスマートフォンを持つべきであると言えます。

防水と防塵の違いって

防水機能が搭載されているスマートフォンには、大抵防塵機能も搭載されております。防水はその名の通り水を防ぐ機能であると判断できますが、防塵については、普段耳慣れない言葉ですので、あまり馴染みがありません。防塵機能とは、どういった機能なのでしょうか。

防塵機能とは、粉塵を防ぐ機能、粉の混入や細かい砂埃の混入を防ぐ機能のことを指します。例えば運動会で子供の動画を撮影するとき、一昔前であればデジタルカメラで撮影をすることが主流でしたが、今ではスマートフォンで撮影をすることが主流になりました。

先程も述べたように、スマートフォンはコンパクトなパソコンです。そのため、砂埃にも何らかの対策をしなければ、細かい砂埃がスマートフォン内部に混入し、基盤を傷付け正常な動作の妨げとなります。

ノートパソコンを開いた所に、きなこ餅を落としてしまったら、絶望です。ですが防塵機能を搭載しているスマートフォンの上になら、いくら落としたって大丈夫です。きなこのような細かい粉塵からも、スマートフォンを守ってくれます。

スマートフォンというデリケートで小さなコンピュータを、普段から持ち運び色々な場所で使用し、地面に落としてしまうこともあります。防水防塵機能は、そういった日常生活の中でのリスクから少しでもスマートフォンを守るために、実装されるようになりました。

防水機能付きスマホを選ぶ際の注意点

防水機能搭載のスマートフォンを選ぶ際に、是非着目して頂きたい点は、その等級です。防水機能に関しては、「IPX」という等級単位で、どのレベルまで耐えられる防水機能なのかを示す指標としています。この「IPX」の後には数字が付きますが、この数字が大きいほど防水機能も高くなります。ちなみに、現在の防水機能の等級は8まで存在しており、継続して水中に入れていても、スマートフォン内部に水が侵入することがないとされております。

ですので、防水機能搭載のスマートフォンを選ぶ際には、同じ防水でも等級によりその性能は全く異なりますので、その点に注意して下さい。

防水機能付きスマホを選ぶ際に注意すること

防水機能が付いているスマートフォンを選ぶ時には、注意しなければならないことがいくつかあります。その代表的なものから、意外な事実まで、詳しく解説していきます。

防水レベルを確認すること

上記でも触れましたが、防水機能付きのスマートフォンを選ぶ時には、必ず防水機能の等級「IPX」を確認して下さい。現在販売されているほとんどの最新スマートフォンは、IPX7が実装されています。このIPX7は、30分間であれば、水深1mの場所に浸けておいても、スマートフォン内部に水が侵入してくることがないとされております。ちなみに、先日発表された新型iPhoneシリーズも、このIPX7を実装しております。

ですが、これが例えばIPX1だった場合、その性能の差には大きな差があります。IPX1は、水滴による有害な影響がないとされております。そのため、このIPX1が搭載されているスマートフォンは、水がかかってしまうと、アウトです。飽くまで、水滴レベルでの防水です。

少し前のスマートフォンで多いのは、IPX5を実装したスマートフォンです。格安スマートフォン等によく見られます。これは、様々な角度から噴流水を受けても、有害な影響がないとされています。そのため、やはり水の中に落としてしまうとアウトです。これは飽くまで、水が飛び散りかかってしまってもすぐに拭き取れば大丈夫だというくらいの認識をしていて下さい。

水中用と防水は別物

このように、水中に浸しても問題がない等級のものもあれば、文字通り水を防ぐレベルの等級のものもあります。ここ数年間の間で実装されるようになったIPX7からであれば、水中に浸しても、水深1mかつ30分間という条件であれば水中をクリア出来ます。IPX8を搭載しているスマートフォンであれば、水深1.5mまで耐えることが出来ます。

ですがそこから下の等級のものについては、水中に関しては全くフォロー出来ません。防水だから大丈夫といって、水の中に浸してしまうというようなことは、避けたほうが良いでしょう。

キャップ等をあけてると防水機能は意味ない

防水機能を謳っているスマートフォンの中には、各端子部分にシリコンや柔らかいゴムを使った、通称「パッキン」と呼ばれる材質を内側につけたキャップを取り付けることで、防水化に成功しているスマートフォンもあります。

以前までは、この方法が主流でした。最近でこそキャップレス防水というキャップがなくても防水のスマートフォンが増えてきましたが、以前まではこのキャップが付いている状態のスマートフォンが主流でした。

こういったスマートフォンは、防水のキャップを付けることで端子部分を守っていましたが、これが外れてしまっている状態、きちんとハマっていない状態で水に濡れてしまうと、端子部分からスマートフォン内部へ水が侵入し、水濡れ破損となってしまいます。そのため、キャップ付き防水スマートフォンを利用している方は、このキャップがきちんと閉まっているかを、閉める時によく確認しましょう。

サウナでは使えない

基本的に、公衆のサウナでスマートフォンを持ち込むことはあってはいけないと思いますが、こういったところも、やはり気になる点です。先程、蒸気や湿気によって水濡れ破損と判定されてしまうということを記しました。

では、防水機能がしっかりとしているスマートフォンであれば、超多湿なサウナでの利用にも耐えられるのでしょうか。答えは、NOです。何故かというと、サウナでの蒸気は基本的に高温です。そしてスマートフォン等のコンピュータは、熱に非常に弱い性質を持っています。そのため、いくら防水機能に優れているといっても、この高温により、スマートフォン内部へ悪影響を及ぼします。

そのため、倫理的にも仕組み的にも、サウナでのスマートフォンの使用は避けたほうが良いでしょう。

防水機能付きスマホのおすすめ3選

最後に、防水機能付きのおすすめスマートフォンを3点、ご紹介して結びとします。どれも同じくらいおすすめのスマートフォンですので、防水機能付きスマートフォンを選ぶ時は、是非参考にしてみて下さい。

iPhone7

まずはお馴染みのiPhone7です。iPhone7は、iPhoneシリーズ史上初めて防水機能を搭載したモデルとして、iPhone愛用者の間では大変話題となりました。この、iPhone7が実装している防水機能は、IPX7等級をしているため、今現在販売されている中でも非常に高い防水性能を誇っています。

さらにキャップレス防水のため、キャップのストレスを感じることなく、防水のiPhoneを手にすることが出来ます。

Galaxy S7 Egde

こちらは、世界シェアNo.1であるGalaxyシリーズの、少し前のモデルです。何故少し前のモデルをあえてご紹介するのかというと、最新のGalaxyS8と比べても、全く遜色のない防水性能を兼ね備えているにも関わらず、型落ちモデルのため少し価格が下がっているからです。

防水性能は、IPX等級の最上位であるIPX8に対応しています。問題なく水中で撮影することが出来るのです。さらに、メモリと呼ばれる作業領域は4GBを搭載しており、最新スマホにもその性能は引けを取りません。

③Xperia XZ Premium

最後におすすめするのは、Androidスマートフォンユーザーであればお馴染みの、Xperiaシリーズの最新型です。こちらも、防水性能に関してはIPX8を搭載しているので、カメラ性能が売りのXperiaの美しいカメラで、水中を撮影したり、水中から空を撮影することで、今までにない面白く美しい写真を撮ることが出来ます。さらにこちらもメモリに関しては4GBを搭載しているので、3Gゲームをする際にも問題なく動作してくれる、おすすめ防水スマートフォンです。

まとめ


いかがでしたか?意外と気付いていない事実もあったのではないでしょうか?防水スマートフォンはとても魅力的です。私たちが生活をする上では、すでに欠かせない機能の一つとなりました。

ですが、前述したとおり防水スマートフォンを選ぶ際には、いくつか注意点があります。それが、IPXとよばれる防水性能を示すレベルです。これにより、防水性能は大幅に変化してしまいます。そして防水スマートフォンを使う際にも、注意点がありました。キャップ付きの防水スマートフォンでは、キャップがきちんと閉まっていなければ意味がなくなってしまうこと、等級によっては、水中に浸してしまうと水濡れ破損をしてしまうこと等、防水だからと言っても、気をつけるべき点がありました。

ですが今では、どれも高い防水性能を誇っている防水スマートフォンが多く販売されております。ですので、防水の等級を気にしつつ、あなたのスタイルに合った防水スマートフォンを見つけましょう。

今や日常生活では必需品であるスマートフォン。その故障を防ぐだけでなく、水中での写真撮影など日々の生活を彩る新たな可能性をも秘めているのです。スマートフォンの防水機能に関する認識に注意をして、皆さんの大切なスマートフォンを守っていただければ幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

映画や音楽鑑賞に!Google Playギフトカードの使い方マニュアル

パソコンはもちろんのこと、スマ …