Home / bluetooth / 繋がない!?最新iPhoneで使えるbluetoothイヤホン!

繋がない!?最新iPhoneで使えるbluetoothイヤホン!

iPhone7からイヤホンジャックがなくなったことをご存知ですか?このために、今までのイヤホンを繋ぐためには変換アダプタが必要になり、不便な思いをしていませんか?

Bluetoothイヤホンなら、変換アダプタやイヤホンコードなしで快適に音楽を聴くことが可能です。今回は、最新iPhoneで使えるおすすめのbluetoothイヤホンを価格、コスパの観点からご紹介します。

Bluetoothイヤホンを使って新しい時代に対応しましょう!

スポンサードリンク

iPhone7・8・Xでイヤホンを使うには?


iPhone7が2016年に登場してからイヤホンの使い方が変わりました。、イヤホンジャックが廃止されてから、今までのイヤホンジャックに接続するタイプのイヤホンが使えなくなってしまいました。ここでは、その対策方法をご紹介します。これであなたもイヤホンに困らなくなるはずです。

イヤホン変換アダプターを使う

イヤホン自体を購入せずに変換アダプターを使って接続する方法です。お気に入りのイヤホンを替えたいとは思いません。そんなときは、アダプターを通しiPhoneに繋ぐことで従来のイヤホンを使用できます。有線でつないでいるので、無線よりも音をしっかりと奏でてくれます。1000円以下で購入できるので、使ってみるのいいでしょう。

ライトニング端子直結型

iPhone7が登場してからライトニングケーブル自体に直接接続できるタイプが販売され始めました。イヤホンはイヤホンジャックに差すのが基本的ですが、iPhone7からイヤホンジャックが廃止されたことによって登場しました。

ライトニングケーブルに直接接続できるため、変換ケーブルを用いた際の「途中で抜ける」という心配がありません。そして、iPhoneに直接接続することで音質も問題ありません。

Bluetooth型

iPhoneとイヤホンをBluetoothでつなぐ場合が多く見られるようになりました。今までは有線でないと音楽を聴くことができませんでしたが、今ではBluetoothの性能が上がり、音質も向上しています。これらの理由から、Bluetoothを主として使用している方も多いのではないでしょうか。

線がなく、スマホと別に持つことができるため、ポケットに入れておいても線が邪魔になることもなく、手間がなくなるところが魅力的です。ただし、Bluetoothイヤホン自体の充電も気にしておく必要があります。

おすすめbluetoothイヤホン!(左右一体型)

ここではBluetoothのイヤホンの中で左右が一体になっているものを価格とコスパ、10,000円前後に分けておすすめのイヤホンをご紹介します。左右一体型は一般的なイヤホンと同じように左右がコードでつながれており、中間にBluetoothの電波を受信するものがあります。

これにより、スマホやBluetoothに対応している機器との通信を行うことが可能となっています。

価格重視① Mpow Bluetooth イヤホン マグネット搭載

価格は2,000円程で、Bluetoothイヤホンを購入するには手ごろな値段になっています。価格が安いと音質がいまいちではないかと思われがちですが、ステレオの音声データを高音質に配信できるようになっているため、意外にも音質がいいです。

また、ノイズキャンセル技術を採用しているので、音漏れしないだけでなく、周りの音を気にせず聞くことができます。ほかにもBluetooth4.1という新しい規格を採用しているため、簡単にスマホやタブレットなどのBluetooth対応のミュージックデバイスと接続できます。

デザインはスポーティーに仕上がっているため、コンパクトで軽く、快適に付けることが可能です。耳にも負担がかからないように耳の上部にフィットする柔らかめのフックを採用しているのでしっかりと耳に固定できます。また、落下防止のため、首にかけるデザインになっています。

値段が安いだけでなく、機能性もしっかりとしています。長時間の使用ができるため、運動をしながらの音楽を聴くことや遠くに出かける人におすすめです。また、音楽を聞いているときに電話がかかってきてもすぐに対応することができます。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Mpow-Bluetoothイヤホン-bluetooth-ワイヤレス-マグネット

価格重視② SoundPEATS Q12 Bluetooth イヤホン

2,000円台で購入できる左右一体型のイヤホンです。この商品の特徴としてはコンパクトで軽く、快適に装着できる点が挙げられます。耳の上部にフィットするように耳掛けのフックが装着されているので、イヤホンが落ちる心配もなく、ランニングやジョギングにも向いています。

また、首輪型になってため、使用しないときは耳から外して、また使いたいときにすぐに使えます。使える時間も長く、1回約2時間の充電で連続で6時間ほど利用が可能になっています。

他にも、アップル製品であるiPhoneやiPad、iPodではイヤホンのバッテリー残量が確認できるので、いきなり使えなくなってしまうという心配がありません。

この値段ながらノイズキャンセリングもついているので、電車の中で利用しても周りの音が気になりません。それに加えて、高音質のコーデックに対応しています。コーデックとは音声のデータを転送するときに圧縮をしたり、展開したるするための規格です。

また、ハンズフリー通話にも対応しているので、イヤホンを付けながら通話をすることが可能です。

ランニングや事務などのスポーツをする際にもしっかりと使えるイヤホンです。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/SoundPEATSQ12-Bluetooth-イヤホン-高音質-apt-X対応-マグネット搭載-マイク付き-スポーツ-bluetooth-イヤホン

コスパ重視① Otium ワイヤレススポーツイヤホン ネックバンド型

このイヤホンは最新のBluetooth4.2を採用しているため、前バージョンよりも高速で安定した接続ができるようになっています。また、接続できる距離が10mもあるので、離れた場所でも接続できるのが強み。ほかにもノイズキャンセリングが搭載されているので、周りの音に気にせずに音楽を楽しむことができます。

現在のイヤホンでは人間工学と呼ばれる人間にとって使いやすいものが増えており、このイヤホンもその一つです。そのため、耳につけても違和感なく使うことができます。

また、耳の上にイヤホンを固定するイヤーフックも付属しているので、運動をしているときに落下しないほか、日常でも不便なく使えるでしょう。

Bluetoothイヤホンといえば、バッテリーが重要ですが、このイヤホンは音楽再生時には7~8時間使えるほか、待機時間では180時間も使えるのはとてもお買い得なものです。

2,000円ほどで購入できるため、初めて買うイヤホンにピッタリではないでしょうか。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Bluetooth-イヤホン-高音質-Otium-スポーツイヤホン-ネックバンド型-防水-IPX5規格-マグネット内蔵-マイク付き-CVC6.0-ノイズキャンセリング-iPhone/Android機種対応

コスパ重視② Mpow Enchanter bluetoothイヤホン  MP-BH053AB

このイヤホンは超軽量化されているもので、長時間使用していても耳に負担をかけずにスタイリッシュに使用できる点がとても魅力的です。眼鏡を使用していても取り外し可能の簡単なイヤホンピースが付いています。また、シリコン製を採用しているので、耳介に負担がかかりません。

このイヤホンはシーエスアール社のBluetoothチップというものが搭載されているので、ステレオ音質データからACLチャンネルで変えることで高音質へと変化します。また、ノイズキャンセリングも搭載しているので、どんな場所でも使えるのがうれしい点です。

このイヤホンでは防水加工がしてあり、イヤホンを長く使っても問題ないように耳への負担が少なくなっているので、快適に利用できます。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Mpow-Enchanter-bluetooth-イヤホン-IPX6防水-超軽量-CVC6.0-iPhone/Android対応-MP-BH053AB

10,000円前後 オーディオテクニカ Sound Reality ATH-CKR55BT

このイヤホンは一体型の中でも高い分類に入ります。ただし、2,000~3,000円のものとは違い、音質がクリアに聞こえます。そして、耳にフィットしやすい形になっているので、耳への負担がありません。そして、バッテリーも長持ちのため、すぐに使えなくなることがないでしょう。

メーカーとしても有名なオーディオテクニカなので、買って損することはありません。各音域の解像度を高める内蔵アンプがあるので、立体的な音質になっているのも特徴です。

Bluetoothの規格も新しく、音質が悪くなることもありません。どのスマホでも対応できるところもうれしいところです。

お買い求めはこちらから:

http://kakaku.com/item/J0000024854/

おすすめbluetoothヘッドフォン!(完全独立型)

続いてBluetoothの中で最近登場し、注目を集めているのが完全独立型です。完全独立型はコードにつながっていないので、コードが邪魔だと思うこともありません。また、コードで引っ張られることがないため、外れにくいなどのメリットがあります。

最近では、appleのイヤホンが完全独立型になり、スタイリッシュになったと注目をされています。今後の需要が多くなるイヤホンです。ただし、少し割高になってしまうのがデメリットといえるでしょう。

価格重視① TAROME Bluetooth イヤホン

イヤホン本体が100円玉よりも小さめで、耳に装着しても重量を感じることがないので長時間装着できます。また、すべてがワイヤレスになっているので、2つのイヤホンを同時に使用できるのはもちろんのこと、どちらか1つを使うことも可能です。

使い方もシンプルで、ワンボタンで音楽の再生や一時停止、通話開始、終了、拒否、リダイヤルもすべてできます。片手でワンボタンで使えるのはとても便利です。

イヤホンは耳にフィットするようにセッティングが可能となおり、調節できるのは魅力的です。

また、イヤホンを購入する際に重要なのが、保証です。このイヤホンは購入から3か月間は品質保証がついているので、少しでもおかしいなと思ったら保証を使ってください。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/TAROME-Bluetooth-イヤホン-スポーツ-高音質-片耳-マイク内蔵-ハンズフリー通話-ノイズキャンセル-小型-防水

価格重視② Lermom Losei Bluetooth イヤホン

このイヤホンは少し高めですが6,000円弱で買えるものになります。Amazonで取り扱っているので、時期によっては値段の変動がありますが、6,000円よりも高くなることはないでしょう。逆に、3,000~4,000円ほどに値下げされていることもあるのでお買い得な商品です。

このイヤホンはBluetoothバージョンを搭載しているので、高音質なステレオ音楽を楽しむことができ、いつもとは違う空間を作り出してくれるでしょう。また、内蔵マイクがあるので、ハンズフリー通話が可能で、日常で不便なく使えます。

そして、気になるのがバッテリーの持ちですね。ワイヤレスでコードいらずなのがメリットですが、バッテリーの持ちが悪いのが良く上げられるデメリットです。

ただし、このイヤホンのベースが450mAhのモバイルバッテリーであるため、フル充電を行っておくとイヤホンを3~4回ほど充電ができます。両耳をペアリングして同時に使う場合は、2~3時間、片耳で使う場合は、3~4時間利用が可能です。

ベース付きのイヤホンでは充電している時に持ち運んで失くすことがよくあります。しかし、このイヤホンは違います。ベース自体にマグネットが付いているので、充電ボックスを反転してもイヤホンが落ちることがありません。そのためイヤホンをなくす心配もありません。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Bluetooth-Lermom-Losei-片耳-V4.1-大部分スマホ対応

コスパ重視① Bluetooth イヤホン X3T 

このイヤホンも100円玉ほどの小さめなイヤホンになっています。充電式収納ケースがついており、イヤホンを紛失防止するだけでなく、充電器としても利用できます。

また、シンプルな操作で簡単に利用できるので、初心者の方にもおすすめです。

操作するボタンもワンボタンに集約されているので、ボタンを押すだけで音楽再生や一時停止ができるほか、マスクが内蔵されているので、ハンズフリー通話が可能です。電話がかかってほしくないときにかかってきたときもワンボタンで通話拒否もでき、リダイヤルもボタンですべてできます。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Bluetooth-イヤホン-X3T-防水-片耳-高音質-ワンボタン-音量調節可-小型-マイク内蔵-充電式収納ケース-iPhone/Android対応

コスパ重視② Beyeah  Bluetoothイヤホン

このイヤホンは 小さめで耳に負担がかからないよう人間工学に基づいた設計がなされています。また、軽量化も行われているため、耳に入れて使うときにとても快適に利用できます。さらに、タッチパネルが搭載されているので、操作がしやすく、反応も早いのですぐに音楽の再生や停止が可能です。

左右独立型である点も魅力の一つで、片耳だけに音楽を流すこともできます。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Beyeah-bluetooth4.1-スポーツ-多機能タッチパッド-左右分離型-小型-HIFI-IPX5-充電式収納ケース

10,000前後 Eonfine Bluetooth ヘッドセット 左右独立型

このイヤホンは10,000円前後で購入できるものです。充電器が少し大きく、どこに行ったかがすぐわかります。また、最大距離が10mなので、友達同士でのシェアができる点も魅力の一つです。

マイクも内蔵しているのでスマホのハンズフリー通話ができます。そして、接続したデバイスのバッテリー残量をスマホに表示をしてくれるので、充電切れになる心配がありません。

また、持ち運びができる充電器ベースなので、持ち運びながら充電できます。充電器ベースは15回ほど充電でき、45時間使用できます。

イヤホンにはノイズキャンセリングが付いています。音も安いものとは比べ物にならないほどに高音質になっています。

お買い求めはこちらから:

https://www.amazon.co.jp/Bluetooth-Eonfine-左右独立型-bluetooth4.1-スポーツ-高音質-超小型-マイク内蔵-ハンズフリー通話

まとめ

現在のBluetoothイヤホンには3つの種類があり、主に使われているのが左右一体型と完全独立型ですが、どれもノイズキャンセリングが付いていたり、音質が良いなどの強みがあります。

しかし、違う点が少ないので、どちらのイヤホンを選んでも大きく失敗することはありません。

イヤホンを選ぶときは使用する用途によってあなたに合ったイヤホンを見つけましょう。


スポンサーリンク

Check Also

Bluetoothマウスが接続できない?トラブルの3つの原因と対処法

blutoothマウスといえば …