Home / bluetooth / bluetoothとは?人気のbluetoothイヤホンをランキング形式でご紹介!

bluetoothとは?人気のbluetoothイヤホンをランキング形式でご紹介!

家電量販店などにゆくと、スマホや携帯音楽プレーヤーに外付けできる様々なスピーカーが販売されています。

価格帯も様々ですが、機能も様々で、防水型といった機能性重視のものから、POP向け、クラシック向けなど音質重視など、かつての「一台で何でもできる」スタイルから個人の好みに合わせた製品が販売されるようになってきました。

そのような中、にわかに注目を集めはじめているのがbluetoothスピーカーです。bluetoothとは、近距離電波通信技術を用いることによって、スマホや携帯音楽プレーヤーにコードを接続することなく、電波を使って音楽を受信できる製品です。

当記事では、bluetoothとは何か、そしてbluetoothの人気イヤホンについてランキング形式で紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

bluetoothとは

最近良く耳にする用になってきたbluetoothというのは、近距離無線通信規格の一つで、およそ10メートル以内であれば親機と子機の間に障害物があっても問題なくデータのやり取りが可能です。

ポータブルオーディオ機器やスマートフォン、スピーカーやパソコンなどに搭載されており、それぞれを無線でつなぐことが出来るので、作業環境をスッキリさせることが可能です。

コードがありませんから、スマホなどは自由に持ち歩くことができます。従って、スピーカーは決まった場所に置いておき、スマホは家の中で持ち歩いて、メールやSNSが来たらその場で返答、ということも簡単にできるのです。

コードがないって、そんなに便利なの?と思われるかもしれませんが、一度コードを使わなくても音楽を飛ばすことができます。また、イヤホンの場合、カバンの中でコードがゴチャゴチャに絡まる心配がなくなります。その便利さを体験すれば、もう二度と元の生活には戻ることができないのは間違いありません。

もしかしたら、自家用車についているカーコンポが既に対応かもしれません。対応していたら、スマホなどの音楽を車で再生したり、音量調節や曲のスキップをハンドルについているボタンで行なったり、あるいはハンズフリー通話をすることだって可能です。

どのような技術が適用されているのか

さて、ここで使われているbluetoothとは一体どのような技術なのでしょうか。基本的には無線LAN(Wi-Fi)などで使われている技術と同じであり、使われている電波の周波数帯もほぼ同じものが使われています。

通信距離はごく短距離の1mから長距離の100mまで三段階ありますが、通常はクラス2と呼ばれる10m級の通信技術が用いられます。

一方、無線LANがインターネットのデータのやり取りに特化しているのに対し、この技術は様々な機器の操作を無駄なく高速に行えるよう設計されており(これをプロファイルと呼びます)、音楽の再生だけでなく、音声通話、データの送受信、GPSナビやVICS情報の補助など、様々な通信目的で使用することができます。

bluetoothの技術の登場は古く、1990年台後半にはほぼ全ての技術が確立されていました。しかし、その当時はまだ赤外線通信の全盛期であり、また技術に対する誤解などもあったため、日の目をみるということがありませんでした。

加えて、通信方法そのものは容易である一方、通信を開始するための手順(これをペアリングと言います)が厳密であり、また接続完了まで数秒かかるため、即座に通信開始できる赤外線通信に取って代わることができずにいました。

しかし、その後規格の統一をすすめ、またこの規格に準拠するメーカーも増えて来たため、2010年台になって一気に対応機種が増えて来ました。

bluetoothの利点

さて、スピーカーにbluetoothを搭載することによるメリットとは一体何なのでしょうか。
改めて考えてみたいと思います。

ワイヤレス

一つは、コードをつなぐ必要ななくなる、という点です。従来の製品は、本体からイヤホンジャックのようなコードをスマホなどに接続していたため、スマホを持ち歩きすることが不可能でした。

しかし、無線通信することにより、このコードが不要になるため、スピーカーはある場所に置いたままでスマホ内の音楽を再生し、ユーザーは好きな場所、例えばベッドやソファーでリラックスしながら、スマホの音楽をきき、メールやSNS、あるいはスマホのゲームをすることも可能です。

音質向上

もう一つは、再生される音質が飛躍的に向上する、という点でしょう。特にこの点をコードレスより重要視する方もいらっしゃいます。

どういうことかと言いますと、従来のコードを使った接続の場合は、スマホ本体に「劣化しない」デジタル形式で録音されている音楽を、一度「劣化しノイズが乗りやすい」アナログ信号に変換してコードで送り、スピーカの内部アナログのまま再生、あるいは再度デジタル化して再生していました。

この、「デジアナ変換」は音質の劣化を非常に招きやすく、いくらスマホに高音質でMP3などを録音してもその特徴を生かせずにいました。

しかし、bluetoothを使うことにより、全てをデジタル信号としてやり取りすることができますから、音質の劣化というものがほぼ起きることなく、クリアな音で再生することが可能となったのです。

音に例えていうならば、ギターであればフレットに触れる指の音が聞こえて来たり、クラシックであれば指揮者の息遣いすら聞こえてくるほどクリアなのです。

bluetoothの欠点

ただし、デジタルが故の欠点もあります。それは、同じようなデジタル機器、とりわけ電子レンジに弱い、ということです。電子レンジで使われている、ものを加熱するための周波数は通信に影響を与えますので、電子レンジを使っている間は音が途切れたりすることがあるのが現状です。

しかし、それを差し引いても、bluetoothスピーカーの便利さと音質の良さは素晴らしいので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

bluetoothの人気イヤホンランキング

基本的にはbluetoothに対応している機器同士でしか使えませんが、接続はいたって簡単です。親機と子機の両方をペアリングモードに設定し、接続させるだけですぐに使用することが可能です。ペアリングの設定方法は機種によって異なりますので、取扱説明書などで確認しましょう。

スマートフォンやオーディオ機器に繋いで使う機会が多いのがイヤホンです。様々なメーカーから販売されており、デザインはもちろん、音域や機能、性能も色々なものがあります。値段も数百円程度のものから十数万円まで幅が広く、こだわって選ぶ方も多いアイテムです。

そこで、特に人気があるおすすめの商品をランキング形式で紹介していきましょう。

第5位:Q12 Bluetooth

まず5位はサウンドピーツのQ12 Bluetooth イヤホンです。耳の上部にフックが付いていますので、激しく運動をしながらでもずれる心配がありません。APT-Xコーデックに対応しており、音質もクリアで高音質でありながら低遅延です。

更にノイズキャンセリング機能も兼ね備えており、周囲の喧噪を軽減させることも可能です。

カラーバリエーションはblack、white、blue、redの4色展開になっています。マグネット式になっているので、使わない時はマグネットでくっつけておけばバラバラにならず、コンパクトに収納することが出来ます。

完全防水というわけではありませんが、ランニング中の急な雨や、運動による汗、湿気くらいであれば耐えられるIPX4防水・IP4X防塵を搭載しています。音漏れ防止機能も付いていますので、外部に音が漏れることを気にせず音楽を楽しむことが出来ます。

付属品も非常に充実しており、収納ケース、各種サイズのイヤーフックとイヤーチップ、充電コードや長さ調節用バックルなども揃っています。これだけ揃っていて4000円前後と非常にリーズナブルなのも魅力的です。

第4位:LEOPHILE

続いて第4位はLEOPHILEのBluetooth 4.1 イヤホンです。ネックバンドタイプですが、ソフトシリコンで作られていますのでグニャグニャと折り曲げられ、手首に巻き付けたりバッグの中に丸めて収納することが可能です。

IP67規格の防塵・防水構造ですので、シャワーや雨降りの中でも安心して使用することが出来ます。非常に軽量ですので長い時間装着していても違和感を感じにくく、激しい運動でも安定した装着を持続させられます。

音楽再生ならば最長10時間再生が可能です。マイクが搭載されていますので、スマートフォンと接続すればハンズフリー通話も可能です。

第3位:AirPods MMEF2J/A

第3位はAppleのAirPods MMEF2J/Aです。iPhoneを使用している方には非常に馴染みのあるアイテムと言えるでしょう。完全なるワイヤレスを実現させた非常にコンパクト設計になっています。アップル製品同士であれば自動的に接続されるので、いちいち接続設定をする必要がありません。

充電ケースで15分充電するだけで、約3時間音楽を再生させることが可能です。耳に装着することを感知してくれるので、耳から外せば自動的に一時停止してくれます。ダブルタップでSiriを起動させることも出来るので、Apple製品をお使いの方には非常におすすめです。

 第2位:BackBeat GO3

第2位はプラントロニクス(PLANTRONICS)のBluetooth ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ) BackBeat GO3です。遮音性に優れており、ノイズキャンセリング機能もついていますので、外部への音漏れを心配することなく、雑音の少ない音を楽しむことが出来ます。

ハンズフリー通話も可能ですので、スマートフォンとの相性もバッチリです。各種音声アシスタントを呼び出すことも出来るので非常に便利なアイテムです。

第1位:MDR-EX750BT

SONYのh.ear in Wireless(MDR-EX750BT)が第1位を飾ります。カラーバリエーションは5色展開で、ネックバンド部分にコントロールボタンが付いており、非常にシンプルでスタイリッシュなデザインになっています。ワンタッチで接続のオンオフを切り替えられるのも嬉しいポイントです。

マルチペアリング・マルチポイントにも対応しているため、ポータブルオーディオで音楽を再生中にスマートフォンに着信があってもすぐに受けることが可能です。何よりもハイレゾに対応しているので、非常に高音質な音楽が楽しめます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。bluetoothとは何か、そしてbluetoothの人気イヤホンについてランキング形式で紹介してきました。bluetoothは今後ますます普及していくことと思われます。

当記事を参考に、是非お気に入りの商品を見つけてみて下さい。

 


スポンサーリンク