Home / bluetooth / ブルートゥースイヤホンの仕組みと種類をご紹介!

ブルートゥースイヤホンの仕組みと種類をご紹介!

電車に乗ると最近よく見かけるのはケーブルを使用しないイヤホンで音楽を聴く人の姿。これらのイヤホンは、ケーブルを使用せず音楽を聴いたりキーボードからスマホ画面に文字を打ち込むことを可能としたブルートゥースという機能を利用しています。

イヤホンジャックが廃止されたiPhone7が発売されたと同時に普及率もうんと高まったブルートゥースイヤホンですが、いったいどういったものなのか本当にご存知ですか?

今回はそんなブルートゥースイヤホンの仕組みや、購入する前に気を付けたいこと、おすすめのイヤホンについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ブルートゥースイヤホンのしくみ


ワイヤレスにすることによっておこるメリットやデメリットは何なのでしょうか?ブルートゥースの基本的な情報も交えて解説します。

そもそもブルートゥースってなに?

ブルートゥースとは、無線で通信を行うことを可能にした技術の一つです。同じ機能を持つ技術の中で赤外線通信とWi-Fiが存在しますが、ブルートゥースを含めそれぞれ異なる性質を持っています。

赤外線は障害物があると通信ができないのに対して、ブルートゥースとWi-Fiは障害物の有無にかかわらず、一定の距離の中で電波を届けることができるのです。

Wi-Fiとブルートゥースの違いも通信できる範囲で異なります。Wi-Fiが複数で通信できるのに対し、ブルートゥースは1対1のみの通信に限られます。

また、ブルートゥースはWi-Fiと比べると一度に送信できるデータ量は減りますが、その分使用する電力は少ないです。そのため、スピーカーやイヤホンに使用されるのがこのブルートゥースなのです。

ワイヤレスイヤホンのメリット

ブルートゥースを使用することで従来のイヤホンと一番異なる点はケーブルを使用しなくてよいことです。

ケーブルを使用しないことでケータイを取り出さずとも音楽を聴くことが出来たり、通話をすることができるのです。ワイヤレスイヤホンは日々進化を重ねており、現在では様々な種類が出てきています。

例えば、運動をしているときに使用したいのはネックバンド型と呼ばれるタイプでしょう。首の部分に優しく固定するためのバンドがついたこのタイプは、ジョギングなど揺れを避けることが出来ない動きの時に使用したいイヤホンです。

また、通話に特化したものもあります。片耳のみに装着するタイプの片耳イヤホンは、音楽を聴きたいときには不向きとなりますが、通話をしたい場合にとても便利です。

車を運転しているときなど、手が離せないうえで両耳をふさぐのが好ましくないと感じる時にこのタイプのイヤホンは活躍するでしょう。ハンズフリーなので、スマートフォンを取り出すことなく操作をすることが可能なのも魅力の一つです。

ワイヤレスだと音質は落ちる?

イヤホンがワイヤレスになったことにより気になるのは音質の低下です。ワイヤレスイヤホンの使用しているブルートゥースは電波を飛ばすことによってスマートフォンから発する音楽をイヤホンから聞くことができます。

そのため電波の環境により音を転送するのに障害が生じた場合、ケーブルを使用したイヤホンの時には起きない音切れなどの問題が発生するのは事実です。

技術が進歩していたとしても、現在のワイヤレスイヤホンではブルートゥースを使用している以上、音切れや遅延をなくすことは不可能と言われています。

オンラインゲームなどをしている最中にワイヤレスイヤホンを使用すると、途中で音楽が遅延すると臨場感がなくなるので嫌という方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、ワイヤレスイヤホンの音質に関してはかなりの技術革新が進められており、以前とはくらべものにならないほどの音の良さを実現しています。ワイヤレスイヤホンを利用した通話はこもって聞こえていましたが、現在の通話に特化した片耳のイヤホンを使用することによってその問題も解消されました。

ブルートゥースイヤホン選びの前に


ブルートゥースイヤホンを購入する前に抑えておきたいポイントがいくつかあるので事前に理解を深めておきましょう。

ブルートゥースの規格について

ブルートゥースには規格というものが存在します。

使用しているスマートフォンや購入しようとしているブルートゥース製品の規格を確認することで、使用することが出来ないといったトラブルを防ぐことができます。ブルートゥース製品を選ぶとき3つの規格があるので注意しましょう。

一つ目は機能や通信速度に関わる、バージョンです。使用するスマートフォンとブルートゥース製品のバージョンがそれぞれ異なっていても使用することができますが、低いバージョンに統一されてしまうので注意しましょう。

次に、通信距離に関わるクラスです。ブルートゥースの電波を届けることができる範囲を示しています。1メートルから100メートルの範囲で3タイプ存在します。通信距離が長くなればなるほど消費電力も大きくなります。

最後の規格はプロファイルです。これは対応するファイルが機器ごとに異なると使用することが出来ないので注意が必要です。機器ごとの通信手段を規定したものがこのプロファイルで、ハンズフリー通話を行うものはHFP、AV機器のリモコン機能を可能にするものはAVRCPなどその種類は様々です。3つの規格はすべて、ブルートゥース製品のボックスやウェブサイトに記載されているので購入する前に確認しましょう。

対応コーデック

ブルートゥースイヤホンを購入するとき、必ず確認しなくてはならないものの一つにコーデックがあります。

コーデックとは音声の圧縮方式のことで、音質に関わります。スマートフォンからイヤホンなど音楽再生をする機器に音を転送するとき、膨大なデータ量になるため音楽のデータをそのまま送ることはできません。

そのためコーデックによって音のデータを圧縮する必要があるのです。そのコーデックにはいくつか種類あり、これを受信側と送信側の機器で同じものを使用しないと音質が悪くなる原因となるのです。

すべての機器に搭載されている基本のコーデックをSBCと言います。このコーデックは音質がほかのものに比べて悪いです。そのほかにiPhoneに対応したAAC、イギリスのCSR社が開発したapt-X、Sonyが2015年に開発したLDACなどがありそれぞれ音質が高いコーデックです。特にLDACは、ハイレゾ音源にも対応しており革新的な音質の良さを実現しています。

ハイレゾ音源とはCDに録音することができない音まで記録することができる音源です。その情報量はCDの約6.5倍にも及び、より原音に近い音を聞くことができるのです。そのためアーティストの息遣いやライブの臨場感を味わうことができるのです。

再生時間

音を再生するのにブルートゥースを使用するワイヤレスイヤホンは使用する前に充電が必要です。そのため、一定の時間を超えると充電なしには使用できなくなるので、再生時間は長い方がいいですよね。

平均の再生時間は5時間ほどとなっており、製品ごとに再生時間は異なります。2時間程度のものであったり、10時間ほど持つものがあります。充電に不安を感じる人はイヤホンを収納するケースにバッテリーの充電器が付属しているものを使用することでバッテリーがなくなったときも安心して使えます。

また、ボックスタイプのブルートゥースイヤホンは、イヤホンとブルートゥースの受信機が分離しています。そのためバッテリーがなくなってもイヤホンのみで使用することができるので便利でしょう。

周囲の騒音を減らしてくれるノイズキャセリングの機能が付いたものでも最近では3時間ほどバッテリーがもつものもあります。通勤中など電車の中などで使用したい人にはおすすめです。

また、ブルートゥースイヤホンには待機時間と再生時間の二つのバッテリーの表記時間があります。音楽を再生することができる時間を示しているのは再生時間の方なので気を付けて確認してください。

コスパ重視!3千円以下ランキング!

ブルートゥースイヤホンは安いものから高額なものまでさまざま。コスパを重視する方におすすめのイヤホンを選出しました。

①SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホン 高音質 apt-X対応 マグネット搭載 マイク付き スポーツ ブルートゥース イヤホン

ネットショッピングのAmazonの上期ランキングおいてオーディオ機器総合第一位とイヤホン部門で第一位の二冠を達成しているのがこの、SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12です。

その特殊構造により繊細な音もキャッチすることができ、高いクオリティの音質を実現しています。また、14グラムの軽量化されたこのイヤホンはスポーツをするときも心地の良い使用感をしています。

またマグネットを内蔵していることからコードも絡みにくいのも特徴です。低消費が自慢のこのイヤホンのバッテリーのスタンバイ状態でなんと180時間もそのバッテリーを維持することができます。

また、1時間から2時間程度、充電をすることで音楽再生時間が6時間にもなるので充電を忘れてしまっていたときも簡単に準備することができます。

②Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン(カナル型)

iPhoneとAndroidの両方のスマートフォンに対応しているAnker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホンは次におすすめしたいイヤホンです。

イヤーチップとイヤーフックにより、自分にピッタリのフィット感を見つけることができるので、運動をしているときも安心して使用できます。マグネットを使用したケーブルなので、カバンの中で絡まることもないでしょう。

ブルートゥース4.1のバージョンを搭載しているので10メートルほど離れた場所でもペアリングでき、音切れや雑音も防ぎます。バッテリーは使用しているiPhoneやiPodから残量を確認でき、その音楽再生時間は約7時間。

また、コントローラを内蔵しているので音量や曲送りも簡単に行うことができるのと、その高い防水能力でよりスポーツをしているときにも使用しやすいモデルになりました。

③ブルートゥース イヤホン TaoTronics Bluetooth イヤホン ワイヤレス ヘッドホン マグネティックヘッドセット

このイヤホンは、ブルートゥースイヤホンを使用する際に、多くの人が気になるずり落ちという点に注目し設計されています。

イヤホンを使用しないとき、首からずり落ちることが懸念されてきたブルートゥースイヤホンですが、このイヤホンは二つのイヤホンヘッドを簡単にまとめることができ、首から下げるとまるでネックレスのようになり、ずり落ちるのを防いでいます。

また、絡まりにくいイヤホンケーブルで収納もしやすく、軽量で耐汗性も高いのでスポーツをする際に使用したいです。ブルートゥース4.1のバージョンとaptXのテクノロジーを駆使しているので高い音質をのぞむことができ、高音も低音も幅広く楽しめます。

音質重視!1万円以下ランキング!

音質を重視したい方におすすめのイヤホンも選出しました。

①JPRiDE JPA1 MK-II iphone7 対応 ワイヤレスイヤホン AAC aptX 高音質コーデック対応

このイヤホンの特徴はコーデックがAACとapt-Xの2タイプに対応していることです。

そのためタイトルにもある通り、iPhone7にも対応しています。この音質のよさに加え、音楽再生時間は約5.5時間で、接続したiPhoneにバッテリー残量を表示することができるので、安心して使用することができます。また、防塵防水加工がされているのでスポーツをしながら音楽を聴きたいかたにおすすめです。

そのほかにもマルチポイント接続のため2台の端末で同時に待受状態にすることもでき、マイクが内蔵されていることからハンズフリーにも対応しているなどうれしい機能が満載です。音質にこだわりたいが、あまり高い金額をかけたくないと考える方はこのブルートゥースイヤホンを選んでください。

②JBL E25BT ワイヤレスイヤホン Bluetooth マルチポイント対応/Bluetooth・リモコン・マイク付き

良質なブルートゥースイヤホンを数多く輩出しているブランドの一つにJBLがあります。このモデル、E25BTはその中でも初心者でも買い求めやすい値段設定のエントリーモデルです。このイヤホンはバッテリーの持ちが非常によく、最大で8時間ほど持つので長時間の移動などに音楽を聴きたいときには最適です。

またブルートゥースイヤホンを使用する際、首にかけるためのケーブルを邪魔に感じている方にはこのイヤホンがおすすめです。ネッククリップがついているので、襟元にケーブルを固定することができ、イヤホンを耳から外した時でも落とす可能性が低くなります。

このネッククリップは必要に応じ取り外して使用することができます。イヤホン部分にバッテリーが搭載されていることが多いブルートゥースイヤホンですが、このモデルはバッテリーをケーブル上に搭載することでイヤホン部分を小さめにすることに成功しているのもこのポイントです。

③SONY カナル型ワイヤレスイヤホン MDR-EX31BN/B

より高い音質を求める場合はこのSONYのブルートゥースイヤホンがおすすめです。音質にこだわりを持つSONYだからこそできるノイズキャセリング機能。騒音を約98%遮断することができるので、聴きたい音楽を誰にも邪魔されずに聴くことができます。

しかもノイズキャセリングを使用した状態の音楽再生時間は約9時間なので安心して使用できます。ノイズキャセリングを設定していない状態だとバッテリーは10時間ほど持ちます。

さらにこのイヤホンのすごいところはNFCにも対応しているところ。NFCとはSuicaやEdyなどで使用されている非接触技術のことで、機器同士をかざすだけで簡単にペアリングをすることができます。また、マルチペアリングにも対応しており最大で8台までの機器をペアリングすることができます。

まとめ

使用用途により適応タイプが様々なブルートゥースイヤホンは従来の有線イヤホンにはなかった魅力がたくさんあります。購入の際は規格などに注意をしながら、自分のお気に入りのものを選んでください。あなたの生活をより快適にしてくれること間違いないブルートゥースイヤホンを早速使用してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク