Home / ビットコイン / ビットコインの仕組みと購入方法、今後の展望について一挙解説

ビットコインの仕組みと購入方法、今後の展望について一挙解説

2009年1月に世界初の仮想通貨として誕生したビットコインは、従来型の法定通貨や電子マネーとは異なる仕組みが採用されています。仮想通貨は実際に硬貨や紙幣が存在する訳ではなく、インターネットを利用してユーザー同士が仮想の通貨の受け渡しをすることができます。

利用者がお互いに取引を行うシステムを“Peer to Peer”と呼び、運営会社と個人の間でのみポイントの受け渡しを行う従来型の電子マネーとは異なります。今回はビットコインの仕組みと購入方法、そして今後の展望について説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

ビットコインの仕組み

一般的に法定通貨は中央銀行が、電子マネーは運営会社が発行します。法定通貨や電子マネーの場合は、利用者と発行者は債権者と債務者の関係が成立します。ところがビットコインは特定の発行者や組織が存在せず、システム(プログラム)によって決まった金額のコインが新規に発行されます。

仮想通貨の発行枚数には上限があり、法定通貨のように流通量が人為的に管理されることはありません。このため、債権者と債務者の関係が成立しない点で、貴金属投資と似ています。

従来型の電子マネーや銀行預金では、各口座の残高や取引の情報が記録された取引台帳のデータが、運営会社または銀行のホストコンピュータ内で厳重に管理されています。

現金が存在しない仮想通貨の世界では半角英数字の文字列から成るアカウント(口座)が存在し、各アカウント内の残高や取引情報が記録された取引台帳が存在します。

ブロックチェーン

仮想通貨の取引台帳(電子データ)はブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンは特定のコンピュータでのみ管理されるのではなく、共有のの取引台帳がインターネットに接続された全コンピュータ内に共有・分散管理されています。

ブロックチェーンは誰でも閲覧することができ、自分のアカウント内の残高や取引記録を確認することもできます。ビットコインを所有するために必要なアカウントは誰でも自由に匿名で作成することができます。

アカウントは10の70乗個以上(ゼロが70個続く数)の組合わせが存在するので、他の人のアカウントと重複する恐れはありません。

仮想通貨の残高や取引記録はブロックチェーンという取引台帳に記帳されます。誰か他の人のアカウントに送金する場合にはウォレットアプリに送金先のアドレスと送金額・送金手数料を入力して送金の依頼を行います。

世界中の送金取引の依頼は約10分毎にブロック呼ばれるデータにまとめられ、ブロックチェーンに結合されます。送金の情報が記録されたブロックがチェーンに結合された時点で取引が承認され、正式に送金が行われたことになります。

ブロックを生み出してチェーンに結合させる作業はマイニングと呼ばれ、インターネットに接続可能なコンピュータを持つ人であれば誰でもマイナーになってマイニング作業に参加することができます。マイニング作業を行うと、計算能力を提供した見返りとして一定の報酬(仮想通貨)が与えられます。

公開鍵暗号方式

仮想通貨を送金する場合には、自分の残高を超える金額を出金することができないようにするために公開鍵暗号方式と呼ばれる暗号化技術が採用されています。これは公開鍵(受取用アドレス)と、送金の際に使用する秘密鍵の2種類の鍵(半角英数字の文字列のデータ)のペアから成っています。

受取用アドレス(公開鍵)はデータの暗号化のみに利用可能で、封をする専用の“鍵”です。開封(復号化)をするためには、暗号化に使用された公開鍵に対応する秘密鍵が必要です。他の人に送金したい場合には、相手から受け取ったアドレス(公開鍵)を利用して暗号化したデータをブロックに書き込みます。

コインを受け取った人は暗号化用の公開鍵に対応する秘密鍵を所持しているため、自身の秘密鍵でデータを復号化して相手の公開鍵で暗号化を行う事で、別の人に送金をすることができます。

もしも誰かが不正に取引台帳を操作すれば、二重送金や他人のアカウントの残高を盗むことができてしまいます。実際に銀行員が銀行のコンピュータを不正に操作して、顧客の預金を着服するような事件が時々発生しています。

proof of work

仮想通貨の世界では、誰かが不正にブロックチェーンのデータを改竄することができないような仕組みになっています。ビットコインではマイナー同士がお互いを監視し合う作業(proof of work)が行われ、不正行為ができないよう構成されています。

約10分毎に取引の記録をまとめて作成されるブロックは、1つ前のブロックの情報を含んでいます。このため、ブロックチェーンの途中のブロックを改竄すると次のブロックとの整合性が取れなくなってしまい、偽造を見破ることができます。

作成されたブロックをチェーンに繋げる際は、一定の難易度の課題の正答が必要です。課題は前のブロックのデータが含まれているので、途中のブロックを改竄すると末尾のブロックまで全部を作り直さなければなりません。

そのためには全世界のマイナーの計算能力を凌ぐ計算機が必要なので、ブロックを偽造することができない仕組みになっています。仮想通貨に採用されている台帳管理の仕組みを、ブロックチェーン(分散型台帳管理)技術と呼びます。

ビットコインの購入方法

ビットコインは仮想通貨ですので、オンラインで購入することになります。代表的な購入方法として取引所や販売所を使用します。取引所や販売所を使う場合には、アカウントを作成して入金などが行える状態にする必要があります。

アカウントの作成では氏名や住所が求められる場合もありますが、数分で情報の入力やアカウントの作成が完了します。

日本でサービスを提供している取引所や販売所だけでも沢山あり、好きなサービスを選ぶことができますがサービスを提供している会社によっては手数料や提供しているサービス内容が異なります。

サービスによって取引所や販売所のグラフや表の表示方法が異なる場合もあり、選び方によって手数料で損をしたり、取引画面が見にくいなどのトラブルが発生することもあり、注意が必要です。

取引所で購入

取引所は売りたい人と買いたい人との間で時価で取引をしてビットコインを売買します。販売所では販売会社が販売しているものを購入することになり、価格は販売会社が自由に定めることができ、取引所よりも少しだけ高く販売されていることもあります。

販売所では仲介手数料なども必要になるので販売会社が取引所で取引されている時価よりも高く設定する場合が多いです。逆に取引所では、時価で取引されるので少しでもお得に取引するならば販売所よりも取引所のほうが良いでしょう。

取引の速さに関しては販売所のほうが早く、取引所は遅い傾向にあります。取引所が混雑していたり買いたい人と売りたい人が集まらなければなかなか取引が成立しません。すぐに取引を完了させたいのであれば販売所を利用するほうが早いです。

入金方法

入金ではクレジットカードやコンビニや銀行振り込みが利用できますが、アカウントを作成したサービスによって入金方法は異なります。入金が完了してもまだアカウントに日本円が追加されただけで、ビットコインを所持していません。

各サービスのホームページから取引所や販売所をクリックして移動してアカウントに追加された日本円を使用して取引します。取引所と販売所ではどちらとも取引したいビットコインの数を入力して取引を完了させます。

取引したい数を入力すれば画面上に取引に掛かる日本円が表示されるので、一度内容を確認して間違いが無いかを確認しておきます。間違った内容で取引してしまうと取り消しができないので注意が必要になります。

今後の展望

ビットコインは昔からサービスを続けていて、徐々に知名度や人気が上昇してきました。最近ではニュースやメディアで報道されるほどの知名度があります。サービスが開始されたころは1ビットコインあたりの価値や価格も非常に低く、知名度も低いままでした。

しかし徐々に利用できるお店やサービスが増えて決済手段として知名度が高まり、この需要で購入を希望する人が多くなり価値も高まりました。最近では日本での知名度も上がっていて、決済に対応しているお店も増えて、今ではサービスが開始された時から何倍もの価値に成長しています。

今後も仮想通貨での決済や取引に対応したお店やサービスも増えていて、需要が高まるとともに価値もさらに高まることが予想されています。現在の価格はちょうどよく、価格が高すぎて手に入れられないこともありません。

今のうちに沢山購入しておいてさらに価値や需要が高まり、価値が高まった段階で売却すれば沢山の利益を出すこともできます。サービス開始からこれまで一時的に価値が下がることはあっても基本的には価値が高まり続けていて、今後も同じように価値が右肩上がりになる可能性が高いです。

決済手段として活躍が期待

さらに今後はインターネットショッピングやインターネット上での決済での活用や、国境を越えた決済手段として活躍することが予想できます。現在は日本ではあまり発展していませんが、すでに海外ではコンビニで取引が行えたり、決済で対応しているお店やサービスも多いです。

このようなサービスが今後日本でも発展する可能性は非常に高く、日本で発展すれば更なる利用者の増加と、需要と価値が高まることが予想されます。

オリンピックなどの国際的なイベントなども予定されているので、観光客向けにお金の両替が不要な仮想通貨が使えるサービスやお店が増えることも考えられます。仮想通貨の規模の拡大に対して急速な法整備なども行われていて、今後に期待ができます。

これまでの価値の上がり方を考えれば、価格の小さな上下はありますが、最終的には価値が高まることから今後も長期的な投資として非常に最適な手段と言えます。本来は決済手段ですが、今後の価値も右肩上がりになる可能性が非常に高いので、今後は1年から3年程度でも何倍かの価値に上がることが予想できます。

決済の方法が現金から仮想通貨に代わるほどに進展を遂げれば投資だけでなく買い物などの様々なサービスに使用できることから、投資以外の理由でも今のうちの保有しておくメリットはとても多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はビットコインの仕組みと購入方法、そして今後の展望について説明してきました。ビットコインは今後ますます普及が期待されます。

皆さんもこれを機にビットコインへの投資を始めてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク