Home / ビットコイン / ビットコインの換金方法を徹底解説

ビットコインの換金方法を徹底解説

ここの所かなり話題になってきている、ビットコインの存在を、皆さんは御存知でしょうか。世界中で利用可能で、より自由にお買い物や投資を行える、新しい通貨や仮想通貨とも呼ばれる、まだ日本にはあまり浸透していませんが、かなり便利に活用することが出来る通貨です。

ビットコインという存在自体を知っている方は多いかもしれませんが、一体どのようにしてビットコインに変換するのか、またビットコインを、どのようにして換金するのか、そういったビットコインの換金方法についてご存じの方は少ないのではないでしょうか。

そこでここでは、新しい可能性を無限に秘めたビットコインの換金方法について、徹底的に詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

取引所を利用


それではビットコインの取引所を活用する際のメリットからご紹介していきます。まずビットコインの売買をする場所として、販売所と取引所と交換所があります。販売所の場合、ただ単にビットコインを購買するだけの場所ではなく、自分が所有しているビットコインを売ることも出来ます。

その場合販売所では、間に仲介業者が入ります。そのため、ユーザー同士で利害が一致した金額での取り引きを行うのではなく、販売所が定めた価格でビットコインを取引することになります。

取引所と交換所は、ほとんど同一のものと考えて頂いて構いません。この方法をとることで、間に価格を定める企業が入らないため、ユーザー同士での利害が一致した金額で取り引きを行うことが出来ます。そのため、ビットコインの取り引きには取引所が使われることが多いです。

それでは、ビットコインの取り引きを行うには、販売所よりも取引所の方が良いのでしょうか。そこで、ビットコインの取引所を活用する上でのメリットやデメリットについて、解説していきます。

取引所を利用するメリット

まずは、ビットコインの取引所を利用する際のメリットについてです。販売所との大きな違いとメリットについては、上記の通りです。では、もっと細かいメリットについて、見ていきましょう。

リスクが低い

ビットコインは、株と同じように、1BTC(ビットコインの単位)が変動します。そしてそれは、ビットコインの需要が高まると、それに比例して1BTCの価値が高騰するという仕組みです.そこで、販売所を利用するのであれば、販売所が定めている1BTCの価値で取り引きをすることになるので、時期によっては価格変動により損をしてしまうリスクがあります。

その点取引所の場合、ユーザーが提示している金額に同意することでビットコインの取り引きをすることが出来るので、きちんと下調べをすることで、ビットコインの価格変動による取り引きのリスクを抑えることが出来ます。

ユーザー同士で取り引きを行える、いわばオークションの様な形でビットコインの売買を行える取引所に関する特徴の、最も大きなメリットです。

レートが良い

上記でも軽く触れているように、ビットコインの取り引きをする上で、販売所よりも取引所を活用した方が、1BTCあたりのレートが良いことが特徴です。レートとは、相場のことを言います。ユーザー同士で価格を納得し合うため、価値観が違えば人によって1BTCの価値も変わってきます。

そのため、同じ1BTCでも取引所ではより安く購入することが出来るのです。そしてまた、高く売却することも出来ます。

こういった点も大きなメリットですが、時期や1BTCの価格変動を定期的にチェックする必要があるので、その点には注意して下さい。

取引所を利用するデメリット

続いて、取引所を利用する上でのデメリットについて、説明します。これまではビットコインの取引所を活用するメリットにのみ触れてきましたが、メリットがあれば、当然デメリットも存在します。それでは、どんなデメリットがあるのか、代表的なものを見ていきましょう。

手数料をとられる

ビットコインの取引所を活用する際には、必ず手数料が発生します。売買を行う時や、入出金を行う際の、手数料です。例えば、メルカリを皮切りにしたスマホで簡単にモノの売買を行えるフリマアプリでも、取り引きが成立した後に手数料が発生します。

ネットオークションでもそうです。ユーザー同士で取り引きを行う場所を提供し、無事にユーザー同士で取り引きが完了したら、ネットオークションの場を提供している事業者に、手数料を支払う必要があります。

ビットコインの取引所も同じような仕組みで、ユーザーの取り引きを行う場所を設けているのです。そのため、ビットコインの売買取引が成立した際や、入出金の際には場所やサービスの利用料金として、手数料が発生します。これは、取引所によって変動します。

待ち時間がかかる

取引所は、何度もご案内しているように、ユーザーで利害が一致した時に取り引きが成立します。そのため、例えば売却をしようと思ってビットコインをあなたが定めた金額で提示している際、それに同意してくれるユーザーが現れるのを待つ必要があります。

同意を得られなければ、いつまでも売買は行なえません。また、購入する際にもあなたが納得する金額を提示しているユーザーが現れない限りは、納得のいく取り引きは行なえません。こうした待ち時間が発生する点は、取引所のデメリットと言えます。

おすすめ取引所

取引所がどういった場所で、どういったメリットとデメリットがあるのかについては、ある程度お分かり頂けたと思います。そこで、おすすめの取引所を3つ、ご紹介します。取引所を活用する時の、参考にしてみて下さい。

ビットフライヤー

まずおすすめする取引所は、CMでもお馴染みのビットフライヤーです。ビットフライヤーの大きな特徴は、ビットコインの取り引きを行う場所を提供するだけでなく、ビットコインを使ってネットショッピングが行えたり、ビットコインを使ったキャンペーンに参加できたり、その他投資活動を行える等、サービスが非常に充実している点です。

ビットコインを保有しても、一体何に使ったら良いのか分かりかねる方も多く存在します。ですがビットフライヤーでは、そうしたビットコインの使い道までを提示してくれるため、ビットコインを運用する上で、非常におすすめの取引所です。

ビットポイント

続いてご紹介する取引所は、上場企業が運営する、日本最大級の取引所である、ビットポイントです。こちらは何と言っても、上場企業が運営しているという点で、非常に安心して利用することが出来ます。さらに、こちらの取引所ではビットコインの売買に関する手数料が無料となっております。

そのため、取引所を利用する上でのデメリットを1つ克服出来ているという点でも、非常におすすめの取引所です。

コインチェック

最後にご紹介するのは、家庭で電気を使っているだけでもビットコインが貯まる、コインチェックです。コインチェックが運用する「coincheckでんき」を利用して、電気代に支払いにより、ビットコインが貯まります。つまり普通に生活しているだけでもビットコインが貯まるのです。

さらに、貯まったビットコインは電気代の支払いに使うことも出来ます。資産運用や買い物だけでなく、こうした生活に密着してビットコインを運用できる、とてもユニークでおすすめな取引所です。

ビットコインATMを利用

ここまでご紹介してきたビットコインですが、実はデジタルデータとしての運用だけではなく、通常の通貨として換金することも出来るのです。その一つの方法が、ビットコインATMの利用です。日本全国にあるビットコインATMの、メリットとデメリットについて、見ていきましょう。

ATM利用のメリット

まずは、ビットコインATMを利用する際のメリットについてご紹介します。耳慣れないビットコインATMには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

手軽に換金可能

ビットコインATMのメリットは、やはり手軽に換金をすることが可能であるという点です。ビットコインATMでは、取引所と同じようにビットコインの取り引きも行うことが出来ます。もちろん換金をすることが目的ですが、それらを行うためには、モバイルウォレットというものが必要となります。

これは、いわばビットコイン用の財布です。スマホアプリでもモバイルウォレットがリリースされているので、とても簡単で手軽に保有しているビットコインを換金することが出来ます。

取引所を介さない

また、ビットコインATMを利用することで、取引所を間に通す必要がありません。そのため、ビットコインの入出金の際に発生する手数料の問題を、簡単に解決することが出来ます。こうした点は、ビットコインATMを利用する際の大きなメリットです。

ATM利用のデメリット

では続いて、デメリットについてご紹介します。メリットについては、簡単に言うと、とっても手軽であるということでした。では、デメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

台数が国内に少ない

ビットコインATMという存在を、まだご存じない方も多くいるはずです。なぜなら、まだ日本にはビットコインATMが圧倒的に少ないからです。都内を中心に設置されていますが、他は大阪や茨城、鹿児島等の限られた場所にしか設置されていません。

ですがこのビットコインATMの台数も、増えていくことが想定されます。ビットコインは世界中で使われている通貨であるため、2020年の東京五輪では、ビットコインユーザーが世界中から集まることが予想されます。それに向け、このビットコインATMの設置台数も多くなることでしょう。

ウォレットが必要

ビットコインATMで換金をするためには、モバイルウォレットが必要であると、メリットの項で触れました。これはメリットである反面、デメリットでもあるのです。モバイルウォレットであるため、スマホの充電が切れていたら、もう換金をすることが出来ません。財布に開けられない鍵をかけられたような状態です。

もっと便利なサービスや方法が生み出されることを、期待しましょう。

その他の換金方法


最後に、ビットコインをその他の方法で換金する方法について解説していきます。ビットコインATMはまだ設置台数が少ないため、即座に換金を出来る人は限られてきます。すぐに換金したい場合は、どうしたら良いのでしょうか。

即時換金サービスを利用

ビットコインを換金する際には、ATMを探さなくても、即時換金をするサービスがあります。それは一体どのようなものなのでしょうか。即時換金サービスの特徴について、見ていきましょう。

即時換金サービスとは

ビットコインの即時換金サービスとは、ビットコインを利用できる店舗でビットコインを利用して買い物等をした際に、自動的に日本円に換金してくれるサービスのことを言います。換金をして現金として手元に残るサービスではありませんが、ビットコインを日本円に換金して利用することが出来る、とても便利なサービスです。

代表的な即時換金サービス

即時換金サービスの代表的なものとして、「Bitpay」があります。このサービスを利用したビットコイン決済を行える店舗は、世界に10,000店舗以上になっており、今もまだ増え続けています。

また、Bitpayはビットコイン対応のデビットカードも発行しているため、VISAカード加盟店であれば全国で利用することが出来ます。

直接売る

ビットコインをすぐに換金するには、やはりビットコインを欲しいと思っている人に直接売却する方法が、一番簡単で安心です。そんなことが出来るのかと思いますが、実は、可能です。

実は、ビットコインユーザーが集まるイベント等が開催されています。直接売却したい場合には、その場に足を運び、ビットコインを欲している人に、スマホを使った送信で簡単にビットコインを相手に送ることが出来ます。

そして、その場で現金を受け取るのです。この方法であれば、これまでに紹介してきたどの換金方法よりもリスクが少ないため、非常におすすめです。

まとめ


ビットコインを利用できる店舗は、まだ日本にはあまりないというのが現状です。ですが、今回ご紹介した様々な方法で現金に換金することで、ビットコインを日本円として利用することが出来ます。換金する方法も色々あるため、是非あなたのスタイルに合った換金方法を活用してみて下さい。

また、今現在1BTCの価値も高騰してきている真っ只中ですので、ビットコインの購入は早めに行うことを、おすすめします。それでは、あなたのライフスタイルに合わせた、上手なビットコイン活用を行ってみて下さい。


スポンサーリンク