Home / IT / ベンダーとは?使用する界隈によって意味が異なるベンダーの意味

ベンダーとは?使用する界隈によって意味が異なるベンダーの意味

「ベンダー」という単語を耳にしたことはありますか?実はベンダーはいろんな場面で用いられている単語です。

ですが、「ベンダー」というキーワードを耳にしたり目にしたりすると、使われているシーンが多いため一体どういった意味で使われている「ベンダー」なのかについて分からなくなることがあります。

そこでこちらでは、一般的にはどういった意味で「ベンダー」という言葉が使われるのかについて、またIT業界ではどういった意味でベンダーという言葉が使われているのかという点についてご紹介致します。

スポンサードリンク

一般的に「ベンダー」といえば

まずは、一般的に使われるベンダーという言葉の意味から見ていきましょう。

ベンダーとは「売り手」のこと

「ベンダー」という言葉は、あらゆる場所で使われる言葉ではありますが、一般的な意味合いとしては「売り手」のことを指します。「ベンダー」とは「vend」する人という行商人としての意味で使われることが多いため、製品を販売する会社のことを「ベンダー」と言うことが多いです。

そのため、製品の開発のみを行っている会社はベンダーという意味では使われません。また、ベンダーが取り扱う商材は製品だけでなくサービスも含まれます。

ベンダーの対になる言葉は?

ベンダーとは売り手や販売主のことを指すため、ベンダーの対となるのは買い手やサービスの利用者のことを言います。つまり、「ユーザー」や「エンドユーザー」という言葉がベンダーの対の言葉となっています。

自動販売機だってベンダー

一般的には、自動販売機もベンダーと呼ばれることがよくあります。日本では自動販売機のことをベンダーと呼ぶため、自動販売機を販売している会社はなんと呼んだら良いのか分からなくなりますが、一般的にはベンダー事業者と呼びます。

メーカーとサプライヤーの関係

上記ではベンダーの対となる言葉について触れましたが、今度はベンダーと同じような意味を持つ言葉について見ていきましょう。ベンダーとは売り手のことを指しますが、作り手を指す「メーカー」や供給する人間を指す「サプライヤー」もベンダーと同じ意味で使われることが多いです。

ビジネスシーンではメーカーやサプライヤーもよく耳にしますが、ベンダーの中にこうしたメーカーやサプライヤーといった意味が含まれていると考えて良いです。

人や企業も指すIT業界でのベンダー

続いて、IT業界で使われるベンダーの意味について見てみましょう。日本では自動販売機がベンダーという言葉で使われることが多いですが、ビジネスシーンではIT業界でベンダーという言葉を目にすることも多いです。

IT業界ではどういった意味でベンダーという言葉が使われているのかについてご紹介致していきます。

サービス提供者や製造者もベンダーと呼ばれる

ベンダーとは、一般的には売り手や販売主のことを指します。ですが、IT業界では製品やサービスの製造から提供までを行うタイプの企業が多いため、メーカーとベンダーというように使い分けることはあまりありません。

ソフトウェアやシステムを開発する企業のことも指す

IT業界でのベンダーは、製品やサービスの販売・提供はもちろんのこと開発も行う企業を指します。開発のみを行う企業のことをベンダーと呼ぶことはありませんが、IT業界では開発から販売までを一社で担うことが多いです。

IT業界でベンダーという言葉が定着しているのは、日本で横文字がたくさん使われるようになる以前から業界内で使われていたためです。古くから使われているベンダーという言葉は、いつしかIT業界の専門用語のような捉えられ方をすることが多くなりました。

次ページ:IT業界でのベンダーを含む言葉の意味

IT業界で使われる「ベンダー」の付く言葉

それでは、IT業界でのベンダーを含む言葉の意味についてご紹介致します。IT業界ではベンダーを含む言葉が多く使われるため、一体何の役割を果たすのかが不鮮明になりがちです。

そこで、IT業界で主に使われるベンダーの種類について見ていきましょう。

マルチベンダー

まずご紹介するのは、マルチベンダーと言われるベンダーです。マルチベンダーは、その名の通り多くのメーカーのパソコンやそれに関する周辺機器を販売しているベンダーのことを指します。

限定されたメーカーの製品を取り扱うベンダーは「シングルベンダー」と呼ばれます。マルチベンダーは、製品やサービスの開発を行っていることは少なく、一般的な意味で使われるベンダーとしての役割を果たすベンダーです。

ベンダーロックイン

あるベンダーから提供されている製品やサービスばかりを使ってしまっていて、他の製品やサービスに乗り換えを行うことが困難となってしまう現象のことを、ベンダーロックインと言います。

ベンダーロックインとなってしまった場合は、他ベンダーの製品やサービスの方が同じ機能を持ったものを安く提供していたとしても乗り換えることが困難となっているため、特定のベンダーが製品やサービス利用料金の値上げを行った際は割高になってしまいます。

ですが他ベンダーにシステム移行をするには大きな時間的コストも発生してしまうため、負のスパイラルに陥ってしまっている状態です。

ベンダー資格

サービスやソフトウェアを提供しているIT企業が、自社のサービスやソフトウェアを正しく適切に活用することが出来ているかを判断するために民間資格を、ベンダー資格と言います。

ベンダー資格には、例えば「マイクロソフト認定プロフェッショナル」などの資格も含まれます。マイクロソフト社の製品やサービスを活用するための技術を充分に習得していると判断された場合にはマイクロソフト社のこのベンダー資格を獲得することが出来るようになります。

代表的な3つのITベンダー企業

ビジネスマン ビジネス 就職活動 メッセージ 面接 見上げる 信頼 明るい 日差し 写真 成功 建物 ビル 屋外 空 青空 晴れ 快晴 高い 社会 おしゃれ お洒落 緑 風景 景色 管理 木 オフィスビル 出勤 会社 就活 オフィス 広告 都会 青 ブルー 素材 成長 スタイリッシュ ビジネスイメージ セミナー IT メンテナンス ビルディング 街灯 反射 光 目標 逆光 画像 日本 外観 爽やか 太陽 さわやか 建造物 青色 不動産 イメージ インターン 鮮やか 未来 SNS 近代的 ガラス張り 将来 キャリア 将来性 オシャレ 大企業 企業 洗練 パンフレット 賃貸 チラシ 業績 運営 組織 物件 テナントビル 就職 内定 人事 採用 ブログ 転職 web素材 ビル建設 入社 急成長 ビジネス素材 投資 経営 自社ビル 実績 業績アップ 説明会 ビル清掃 DTP アイキャッチ 異動 ビルメンテナンス ベンチャー企業 コンプライアンス 株主総会 CSR 事業戦略 合同説明会 理念 会社概要 ヘッドハンティング 経営方針 ビル管理 企業説明会 インターンシップ 企業イメージ ビル素材 オフィス清掃 ビル風景 コーポレート コーポレートガバナンス 賃貸オフィス 環境方針 ビルメンテ 成長企業 就職内定 業績up ビル外観 清掃サービス 高成長 会社理念 コーポレート・ガバナンス 基本方針 会社方針 企業方針 ビル清掃サービス ビル設備 定期清掃 総合ビルメンテナンス 就職面接 企業エントリー ビル写真 ビル画像 ビルのイメージ ビルの写真 オフィスビルイメージ オフィスビルのイメージ オフィスビルの写真 オフィスビルの素材 ビルの素材

最後に、代表的になIT業界のベンダー企業を3社ご紹介致します。

日立製作所

高付加価値ディストリビューションを掲げる日立製作所は、家電製品の製造から販売までが有名ですがIT業界でも活躍しています。主にソリューションサービスの提供を行っていて、あらゆる企業のビジネス支援を行っています。

また、教育機関向けやヘルスケア向けのITソリューションも手がけていることから、日本のITベンダーとしてかなり大手の企業です。

富士通

一体型パソコンやノートパソコンやタブレット端末やスマートフォンといった通信機器の開発から販売を行うことで有名な富士通も、日本のITベンダーとしてかなりの大手企業となっています。

富士通も企業向けにコストダウンや生産性向上といったソリューションサービスの提供を主に行っていて、あらゆる企業の基幹システムに組み込まれています。

マカフィー

最後にご紹介するマカフィーは、ウイルス対策ソフトを開発・販売するITベンダーです。マカフィーは2017年4月からセキュリティ専業のベンダーとして再始動を行い、あらゆる企業のセキュリティソリューションを担っています。

一般ユーザー向けにもウイルス対策ソフトをリリースしているため、馴染み深いITベンダーでもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。「ベンダー」というワードはあらゆる界隈で使われていて、シーンによって意味合いが異なってきます。ですが、一般的には製品やサービスの売り手や販売主と捉えると良いです。

IT業界で使われるベンダーも製品やソリューションサービスの開発を行っていますが販売も行うため、一般的な使われ方としては「販売主」、IT業界では「開発・製造から販売まで」と考えると分かりやすいです。

自動販売機もベンダーと呼ばれることがありますが、それは飽くまで機械としてのベンダーです。そのため、ベンダー=売り手と考えるとベンダーという言葉の意味が分かりやすくなるでしょう。


スポンサーリンク