Home / ウェアラブル端末 / appleウォッチの搭載機能と購入する前に知っておくべきことをご紹介

appleウォッチの搭載機能と購入する前に知っておくべきことをご紹介

 

腕時計タイプのウェアラブルコンピュータであるappleウォッチ。購入しようと思っていても、なんとなくわかるけど実はあまり詳しくないって人もいるのではないかと思います。

appleウォッチはiPhoneアプリを入れることができる時計とも考えている人がいるかもしれません。
この記事ではそういった疑問を持つ人のために、appleウォッチで一体何ができるのか、そしてどれくらいの性能なのかを紹介していきます。

スポンサードリンク

appleウォッチの搭載機能

appleウォッチには時計の機能はもちろんのこと、時計以外の機能もたくさん用意されています。
それを順番に紹介していきます。

時計の機能

当然ながら時計機能がついています。
物理的な病身や分針があるわけではありませんが、アナログ時計のようなデザインで時刻表示をしたり、
時刻とアラームの時間を数字で表示するモードや、時計の中に日にちまで表示されているモードなど様々なデザインが用意されています。

とてもシンプルに時針分針秒針しかないモードもありこれらを好きに選ぶことが可能となっています。

デフォルトで用意されているデザインもありますが、自分好みにカスタマイズすることもできるようになっているので、オリジナルデザインの時計を用意するといったことも可能となっています。

時計関係のほかの機能としては、

  • アラーム機能
  • ストップウォッチ機能
  • タイマー機能
  • 世界時計機能

が用意されています。
これらは普通の時計にも用意されているものもありますが、appleウォッチであれば好きな時に好きな機能を使えて切り替えることが強いです。

電話の機能

普通の時計には本来搭載されない機能である電話機能。appleウォッチではそんな電話機能も搭載されており、わざわざiPhoneを使わなくてもappleウォッチを身につけておけば、いつでも電話に出ることができます。

appleウォッチ本体のスピーカーとマイクが内蔵されているため、電話をすることができるようになっていますが、感度が高いため、周囲の環境音や会話が相手にもそのまま聞こえてしまうので使う際は場所選びが重要です。

また、appleウォッチで通話中の場合、これをiPhoneに切り替えることもできるのでそういった問題があったときも安心です。
電話をよくかける相手は、appleウォッチのアプリ登録をしておけばサイドボタンだけで表示することができ、最大で12名分のデータを登録できます。

ささっと電話をかけたい相手を登録しておくと便利ですね。

Siriの機能

appleウォッチにはiPhoneにも搭載されているSiriが搭載されており、appleウォッチに向かって話しかけることで使うことができます。

Siriを使うには、スリープ状態を解除した状態で「Hey Siri」と話しかけるか、Appleウォッチ本体右側についてあるデジタルクラウンを長押しするとSiriが起動し、使えるようになっています。

SiriはiPhoneの場合と同じように使うことができるので、

  • 「○○を教えて」
  • 「5時間後に起こして」
  • 「8時に起こして」
  • 「○○までの行き方を知りたい」

といったことが可能です。
人目があるところでは使いづらいですが、自室など一人の時であれば周りの目を気にせず話しかけることができるので使い慣れれば便利な機能です。

 

通知確認の機能

appleウォッチは時計なので小さな画面しか持ちませんが、LINEやメール、メッセージ機能など使うことができ、それらの通知を受け取ることもできます。
iPhoneの場合は、ポケットに入れていてバイブレーションが鳴るなど通知が入ると確認するためには毎回取り出す必要がありますが、appleウォッチであれば、appleウォッチがついてる方の腕を見るだけでいいので非常に楽です。

また、ズボンのポケットに入れている場合、ズボンの種類によってはポケットが小さい関係で無理やり入れている人もいるかと思いますが、その場合だとiPhoneの出し入れでポケットの損傷が激しくなってしますが、appleウォッチがあればそれを防ぐこともできます。

ミュージックの機能

appleウォッチから音楽の再生をすることもできます。
音楽はappleウォッチではなく、手持ちのiPhoneに入れている音楽を再生することも可能で、
iPhoneとのペアリング設定を済ませておけば、appleウォッチからiPhoneのミュージックライブラリを操作することができ、iPhoneを取り出さなくてもappleウォッチから音楽の再生が可能です。

またappleウォッチ本体の容量が許す限り、appleウォッチに保存した音楽を再生することも可能です。
音楽の再生にはBluetoothヘッドフォンのペアリングが必要ですが、そのヘッドフォンがあればiPhoneがない時でも音楽を聴くことが可能となっています。

マップの機能

iPhoneとペアリングすることで、iPhoneのマップアプリで設定した目的地までのルートをappleウォッチから確認することができます。
マップアプリでルート確認をしている場合、何度もルートを確認するためにポケットから取り出すなどしてiPhoneを手にしているかと思いますが、もしそれが徒歩・交通機関以外での移動(自転車・自動車・バイク)だった場合非常に危険です。
appleウォッチであればそのようなリスクは軽減できるので安心です。
ただし、注意が一瞬appleウォッチの方にそれるのでそれは注意しましょう。

また、左折・右折する場所までたどり着いた際、appleウォッチが振動を起こして知らせてくれるようになっています。
左折する場合は、長い振動で知らせてくることに対し、右折する場合は短い間隔で何度も振動してくれるようになっているため、
appleウォッチを見なくてもどちらに曲がればいいのかわかるようになっています。

また、画面左上には到着予定時刻が表示され、移動速度に合わせて自動更新されます。

健康管理の機能

appleウォッチには健康管理に使えるアプリが2つ初めからインストールされていて、それをうまく使えば健康管理をしやすくなるようになっています。
そのアプリというのが、「アクティビティ」と「ワークアウト」の二つで、
アクティビティは、appleウォッチを身に着けている人の体の動きを感知し、消費カロリー・運動量を計測してくれるアプリです。
身に着けているだけで計測して、その結果をグラフ表示してくれるようになっています。

最初に目標値が設定できるようになっていて、一日の消費カロリー目標、運動量の目標など設定することができます。

グラフも項目ごとに色分けされているので、色さえ覚えていればぱっと見で結果がわかるようになっています。

 

もう一つの健康管理アプリが「ワークアウト」。

これは運動の種類とその運動の目標値を決定することができ、
その日のコンディションなどに合わせた目標の設定が可能です。
アクティビティでは運動量を計測するだけでしたが、こちらはその運動の種類を管理する役割を持っています。

ワークアウトで、「9時から9時半までジョギング」というように設定して管理しておけば日ごろの運動を管理できるようになります。

ただし、管理しただけで実際に体を動かさなければ意味がないので、設定したからにはしっかり体を動かすようにしましょう。

デジタルタッチの機能

デジタルタッチとは、Appleウォッチ同士で様々なデータを送受信できる機能です。
実際に送受信できるデータは、appleウォッチに手書きした絵等を送ることができます。

また、タップ操作や絵文字も送受信することができるほか、心拍数もお互い送りあうことができます。

上記のワークアウト機能と組み合わせて一緒に運動したりサポートしてもらってる相手にリアルタイムで心拍数が伝わるので、
無理していないかも伝えることが可能です。

またappleウォッチには文字入力機能がなく、appleウォッチを使って文字を相手に送るにはこのデジタルタッチ機能が活躍します。
人によっては全く使わない機能かもしれませんが、知り合いや友達などにappleウォッチ着用者がいれば使う機会があるかもしれません。

Apple Pay

appleウォッチにもApple payが搭載されており、設定さえ済ませておけば支払いの際にiPhoneを取り出す必要なく、腕に取り付けているappleウォッチをかざすだけで支払いができるようになります。

apple payを元々使っている人であれば支払いがもっと楽になるため、この機能は頻繁に使う機会があるでしょう。

耐水性能

appleウォッチはある程度の耐水性脳は持ち合わせています。
汗は当然防げますし、手を洗ったり、雨の日にぬらしても問題ありません。

ただし、プールの深いところや海の深いところなど、水圧の高くなる場所では防ぎきれなくなる可能性があります。
また石鹸水などにも弱いため、入浴時は外すようにしましょう。

appleウォッチを買う前に

ぶっちゃけバッテリーはどれくらい持つか

appleウォッチの駆動時間は使い方次第で大きく変わります。
時計としての機能しか使わないのであれば最大48時間持ちますが、ネットワークにつながり続ける通話はバッテリー消費が激しく、連続通話が3時間でバッテリー切れを起こします。

また、ワークアウトでも最大6時間半程度しか持ちませんが、毎日充電していればあまり気にならない程度です。

水にはどれだけ耐えられるか

雨やシャワーなど水圧の低いものであれば容易に耐えることができます。
耐水性脳も上がってきており、プールや海の浅いところであれば問題なく防いでくれます。

ただし、水圧の高いところになると厳しくなり、防ぎきれなくなるので過信はしすぎないようにしましょう。
また、サウナやスチームルームといったところに持ち込むと耐水性能が劣化する可能性もあるほか、石鹸水にも弱く、酸性アルカリの液体には浸さないようにしてください。
急激に耐水性能が落ちる可能性があり、今まで防げていた水も防ぎきれなくなります。

永久耐水でもないのでたまにかappleウォッチについた水分を落としてあげることをお勧めします。

傷ってつきやすいの?

appleウォッチはよほど荒い使い方をしない限り、目立つ傷は簡単につきません。
appleウォッチのディスプレイは二種類あり、一つがサファイアクリスタル製です。サファイアクリスタル製ディスプレイは非常に硬く、傷がつきにくいようになっています。

もう一つが、Ion-X製のディスプレイです。
こちらはサファイアクリスタル製とは少し劣りますが、これも傷がつきにくいディスプレイで目立つ傷ができずらいモノになっています。

どちらも投げつけたり、誤って思いっきり踏みつけたり何か重いものを乗せない限り画面が割れることはないでしょう。。

ぶっちゃけ買ってよかったか

iPhoneをメインにしているユーザーであれば「買い」だと思います。
iPhoneをメインにしていないユーザーであれば「買い」ではないでしょう。

というのも、appleウォッチはiPhoneと連携することで本領を発揮できるのでiPhoneを持っていてもサブ端末として使っているのであればあまり恩恵は受けづらいかもしれません。

iPhoneとはうまく連携するように作られており、iPhone操作中はappleウォッチに通知が行かず、逆にiPhoneを使ってないときはappleウォッチにも通知が行くようになっており、通知確認が非常に楽になっています。

普段時計を着用しておらず、iPhoneで時間確認をしている人ならappleウォッチを使用することで、時間確認の手間が非常に楽にもなるのでこれを機に腕時計デビューをしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
iPhoneのように毎日のように情報がたくさん出てくるようなものでもないため、もしかしたら知らない人もいるかもしれませんが、iPhoneと一緒に利用することで日常生活がさらに楽になるので非常にオススメです。

価格も3万円台から15万円台まで幅広く種類があるので、お気に入りのデザインのappleウォッチを着用するといいでしょう。


スポンサーリンク