Home / Android / アンドロイドペイとは?アップルペイとの違いは?

アンドロイドペイとは?アップルペイとの違いは?

アンドロイドペイ(Android Pay)は、Google 社から提供されている電子決済サービスとなります。

日本における電子決済サービスと言えば、おサイフケータイやアンドロイドペイより先行して日本国内にてサービス展開されているApple社の電子決済サービスのアップルペイ(Apple Pay)となりますね。

基本的には上記2つのサービスはほぼ同様のものと言えますが、いくつか実装の異なるものがあります。
本記事においては、まず上記の電子決済サービスの違いについてご説明させていただき、決済処理の流れと利用方法についても併せて触れていこうと考えています。

スポンサードリンク

アンドロイドペイとは

先にご説明させていただきましたが、アンドロイドペイとはGoogle 社から提供されている電子決済サービスの一つとなります。Google 社には既にGoogle Walletという電子決済サービスが存在しているのですが、利用形態の違いがありうまく棲み分けできているという印象ですね。

電子決済サービスと言えば、おサイフケータイやsuica などを思い浮かべられる方も多いのではないでしょうか。基本的には電子決済用カードリーダーにかざすだけ(これをコンタクトレス決済と呼びます)で買い物の精算が完了しますので、財布や小銭入れを取り出す手間も掛かりません。

但し、決済に利用するクレジットカード情報事前に登録しておく必要がございますのでご注意下さい。

アンドロイドスマートフォンで利用できるモバイル決済

Android OSを搭載したスマートフォンにて利用可能な電子決済(モバイル決済)サービスは、本記事にてご紹介しているアンドロイドペイの他にもLINE Payなどもあります。

楽天Edyとnanacoが使用可能

日本国内で利用されるスマートフォンでの電子決済サービスにおいては、クレジットカードを登録して決済されるのですが、クレジットカードそのもので決済されるのではなく登録されている電子マネーにチャージを行ってその電子マネーにて決済される事になります。

この点は日本国内で利用されているスマートフォンによる電子(モバイル)決済サービスの特徴と言えますね。アンドロイドペイにおいては、本記事の執筆時点で楽天Edyとnanacoが提携する電子マネーとして利用可能となっていますね。

今後、利用可能範囲がより広がっていくことを望みますが、日本国内での法規制やインフラとの親和性など新しい懸念が出てくる事も考えらえますので一筋縄ではいかないのではないでしょうか。

アンドロイドペイのメリット

アンドロイドペイに提携している楽天Edyについては利用の都度楽天ポイントが付加されますのでかなりお得感があります。nanaco についても新規登録時のポイントが自動付与されるキャンペーンなど利用者へのサービスはなかなか良いでないでしょうか。

スキミングされない

アンドロイドペイに実装された決済プロセスは他のモバイル決済サービスとは方法が異なり、決済を行うハードウェア上には利用者のクレジットカード情報は格納されておりません。利用者個人情報となる決済に関する情報は別の場所の設置された環境に格納されており、決済時にその環境との通信が行われます。

この方式ですと通信環境によりモバイル決済が出来なくなる懸念が生じますが、一定期間は決済時に参照する情報スマートフォン上に保持していますので、通信環境にはほとんど影響を受けないと考えて良いですね。

この保持している情報はクレジット情報ではありませんのでセキュリティレベルが低下する事はありません。

手軽に利用可能

アンドロイドペイを利用するには、google playからアプリをダウンロードする事で利用可能となりますので、非常に手軽にモバイル決済が使えるようになります。

注意点としては下記の2つをあげておきますね。
・バイル決決済を行う電子マネーアプリ(楽天Edyもしくはモバイルnanaco)をスマートフォンにインストールしておく必要があります。
・スマートフォンのAndroid OSのバージョンが4.4以上となります。

グローバル対応

スマートフォンでのモバイル決済サービスは欧米では既にUFCを利用して実現されており、最近日本国内にておいても利用できる環境が整いつつあります。

但し、それは日本国内で普及している独自のサービスであるおサイフケータイ(Felica)機能を介した決済サービスとなり、欧米のようにクレジットカードによる直接決済とは異なる電子決済サービスのインフラを利用して実現していますので、やはり日本独自のものと言えます。

海外からの来訪者が持っているスマートフォンを利用して日本国内で普段通りにアンドロイドペイを利用できる環境になるにはまだ時間がかかるのかもしれませんね。

アップルペイとの違い

アンドロイドペイとアップルペイはよく似ているサービスとなりますが、いくつかの点で異なります。

大きな違いは決済に利用するクレジット情報の持ち方にあると言えますね。アップルペイでは決済に利用する個人情報そのものをスマートフォンデバイス上に保持しています。

これをセキュリティ面から考えた場合、前述のスキミングによる情報盗難被害が起こり得る事になるのですが、アンドロイドペイでは決済に利用する個人情報は別の場所に保管されていますので、スキンミングによる被害は発生しません。

また、アップルペイでは提携する電子マネーに付与されているポイントサービスが利用できない場合が多いのですが、アンドロイドペイではそういった制約が少ないと言えますね。

利用可能店舗の違い

アンドロイドペイでもアップルペイでも日本国内では提携する電子マネーの種類は異なりますが、おサイフケータイをはじめとした電子マネーでモバイル決済できる店舗であれば利用可能となります。

これはいずれのスマートフォンによるモバイル決済でも電子マネーでのFelica決済を介しての処理となる事が理由ですね。日本国内の店舗であれば、アンドロイドペイもしくはアップルペイを利用するモバイル決済であれば利用可能な店舗に差異はないのではないでしょうか。

利用可能端末の違い

アンドロイドペイを利用するにはAndroid OSが動作するスマートフォン(もしくは他モバイル端末)であればアプリをインストールする事で利用可となります。

それに対してアップルペイはApple社のハードウェアとなるiphoneおよびipod等のApple社製品である事(当然ですがiosがOSとして搭載)が利用条件として挙げられますね。

日本国内のモバイル決済市場を考えてみると先行しているアップルペイが強い事は事実なのですが、ハードウェアとして世界中のどのメーカーが製造したデバイスでもAndroid OSを搭載する事で動作できるアンドロイドペイであればこれから充分にシェアを獲得する力があると考えられます。

アンドロイドペイは使用する毎にチャージが必要

アンドロイドペイでモバイル決済を行う場合には必ず電子マネーを介する必要がありますので、その電子マネーへのチャージが行っておかないと決済が出来なくなる事も考えられます。

このチャージという行為はアップルペイでも必要になるものですが、一手間が掛かりますので折角の電子決済サービスの手軽さを相殺しているように感じるのは非常に残念ですね。

セキュリティの高さ

アンドロイドペイでの大きな特徴として、従来のモバイル決済サービスの仕組みと異なる処理携帯を持っている事が上げられますね。

アップルペイにおいてはスマートフォン上に決済時に利用者のクレジットカード情報を保持しており、それを利用しての決済が行われるのですが、アンドロイドペイにおいてはスマートフォン上に利用者のクレジットカード情報は保持されておりません。

ではどこに格納しているのかと言うと、Google社から提供されているクラウドサーバ上に保管されていて決済時に通信回線を介して情報を参照する形で決済が行われます。これはセキュリティ上非常に有益な事でスマートフォン上に決済に関する個人情報がありませんので、スマートフォンから個人情報が盗まれる事が発生しません。

なお、決済都度に通信回線を利用する事になりますが一定期間はスマートフォン上に決済時に利用する情報を保持していますので通信回線が不安定もしくは利用できない環境でも決済処理を行う事が可能です。

利用方法

スマートフォンによるモバイル決済はカードリーダーにかざすだけのコンタクトレス決済という方法になります。これは日本国内で既に利用されているsuicaやおサイフケータイといったサービスと同じですね。

日本国内でのスマートフォンによるモバイル決済は、欧米で採用されているクレジットカードでの直接的な決済とは異なり、別のサービスを介した形での処理方式となる為にもう一つ決済に必要な手続きがあります。

実際には電子マネーが利用されていますので、決済時に電子マネーの残高が無いと決済出来ないという状況が起こり得るので注意する必要がありますね。

こういった一手間を無くしていけば、利用者側のスマートフォンによるモバイル決済に対しての評価もかなり上がると考えるのですが、モバイル決済に利用する国内インフラにもなんらかの機能改修や新しい設備投資、関連する法整備が必要になる可能性がありますので簡単には実現しないのではないのかと感じます。

電子マネーの設定方法

日本国内でのスマートフォンによるモバイル決済には、電子マネーとの連携が必要となります。

アンドロイドペイであれば楽天Edyもしくはnanaco、アップルペイであればsuicaとの連携にて決済されますので事前にスマートフォンにて利用する電子マネーアプリをインストールしておく必要があります。

チャージ方法

電子マネーへのチャージにはいくつかの方法があり、アンドロイドペイでは楽天Edyもしくはnanacが利用可能ですのでそれぞれのチャージ方法をご説明します。楽天Edyへのチャージはアンドロイドペイのアプリでも楽天Edyのアプリでもどちらでも対応可能ですね。

チャージは至って簡単でアンドロイドペイの画面から楽天Edyのカードをタップしていただくとチャージ金額を設定する画面が表示されますので、チャージ金額を入力してください。金額の入力後、既にGoogleペイメントに登録済みのクレジットカードもしくはデビットカードがあればそちらを選択してください。

まだGoogleペイメントに決済用のカード情報を登録されていない場合には新規登録をしていただければ問題ありません。

登録可能なクレジットカードは以下となります。

  • JCB
  • AMEX
  • MasterCard
  • VISA

楽天Edyのアプリからの直接チャージも可能となっており、こちらは3つの方法から選択する形となります。

  • 楽天会員情報に既に登録したクレジットカード
  • 新規登録のクレジットカード
  •  銀行口座からの引き落とし

nanacoへのチャージについてですが、楽天Edyに比較してやや手間が掛かります。

クレジットカード対応がありませんので、チャージする場合にはセブンイレブンのレジにて現金にてチャージを行うかセブン銀行の口座を持っていればATMからのチャージが可能となっていますね。

補足情報となりますが、アップルペイにおいても利用できる電子マネーのsuicaへのチャージが必要となり、基本的にはアンドロイドペイでの手順と同じ手続きが必要となります。。

決済方法

ユーザーはスマートフォンをカードリーダーへかざすコンタクトレス決済にて支払いを完了するのですが、処理としては前項にて触れさせていただいた電子マネーにチャージした残高から引き落としされる事になります。

まだ日本国内では形の上ではモバイル決済にてクレジットカードを直接利用する事が出来ません。これは国内に整備されているインフラが電子マネーを利用する前提として考えられていた事が理由です。

その既存インフラを活用してのスマートフォンによる電子決済サービスを行う為、日本独自の電子マネーを介したモバイル決済が実現された訳です。

正直申し上げてスマートフォンでのモバイル決済にて電子マネーのチャージが必要というのは手軽さという面ではマイナス要素ですが、現時点での日本国内での各種状況を考慮すると利用者側とサービス供給者側とでバランスをとったベターな選択ではないかと考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、スマートフォンによるモバイル決済の大手と言えるGoogle社のアンドロイドペイとApple社のアップルペイとの違いや決済方法、提携する電子マネーの設定などをご説明させていただきました。

日本国内での電子マネーサービスとしておサイフケータイが良く知られていますが、その利用環境整備が進められた事によりスマートフォンによる電子決済サービスを導入する際に日本国内のみでの設定が必要になっています。

現時点では既存の電子マネーサービスとアンドロイドペイとの差は大きくありませんが、スマートフォンによるモバイル決済は今後の展開を含めて利用価値の高いサービスである事は間違いありませんので是非ご活用していただければ幸いです。

今後クレジットカードによる直接決済の実現や各種金融機関との提携等で新しいサービスが展開される事を期待したいですね。


スポンサーリンク

Check Also

消えたラインのトーク履歴を復元する方法

昨今の現代社会において、ライン …