Home / Android / androidの操作性や画面遷移、ブラウザのカスタマイズを解説

androidの操作性や画面遷移、ブラウザのカスタマイズを解説

androidはブラウザなどのカスタマイズのしやすさや操作性の良さが特徴でもあります。
ユーザーの得る体感や効率性をあげるandroidのランチャーやブラウザのカスタマイズに関してや画面遷移の特徴を知るだけで、よりandroidの魅力が高まり、また使い方も変わってくることでしょう。

そこで、androidのそうした特徴を今回は紹介いたします。

スポンサードリンク

androidの操作性を左右するランチャー

ランチャーとは

スマートフォンやタブレット向けのOSであるandroidは、ランチャーと呼ばれるソフトウェア次第で操作性が変わってきます。デフォルトで搭載されているランチャーは、ホーム画面に検索窓やアイコンなどを設置する事ができ、ユーザーの好みのアプリを直ぐに使えるようにするソフトウェアです。

ホームアプリとも呼ばれており、androidでは自由にランチャーアプリを変更して自分好みの環境を構築する事が可能です。このようなアプリを探すにはアプリストアで探すのが一般的です。
ランチャーアプリの機能は基本的に同じですが、アプリによっては独自の機能を搭載している事がありますので、ユーザーにとって使い易い物を選びたいのであれば、実際に複数のアプリをインストールして試していく事になります。このアプリは必ず変更しなければいけないという物ではなく、標準の物をカスタマイズして使っていく事も出来ます。しかし、サードパーティー製の物を導入した方が操作性が向上したり、カスタマイズ性が向上したりするケースがあります。

ホームアプリをインストールして自分好みにカスタマイズを

スマートフォンは、様々なアプリをインストールして機能を追加していく事が出来る点で、従来の携帯電話とは違った使い方が行えます。常にモバイル回線を通してインターネットを利用する事ができ、オンラインサービスとの親和性が高いスマートフォンは、カスタマイズを行う事で使い易くしたり、格好良くしたり出来ます。

ホームアプリを複数インストールして、ユーザーの都合に合わせて使い分けられます。アプリにおけるアイコンの配置の仕方が違う事で使い勝手も変わってきます。標準の物と同じ配列である場合は、標準の物と同様の使い勝手になり、黒電話のダイヤルのように円形にアイコンが配列される場合はオシャレな印象を演出する事が可能です。

ホーム画面にアイコンを配列する数を調整出来たり、仮想デスクトップの数や位置を変更出来たり、ホーム画面に設置するウィジェットを変更したりする事で、ユーザーの用途にマッチした環境に仕上げられます。androidというOS自体が他のモバイル向けOSと比較してカスタマイズがしやすく作られていますので、ユーザーは表面的な部分から機能面までカスタマイズを行えます。

高度な機能を搭載するランチャーは、ホーム画面がアイコンで埋め尽くされるといった状況を軽減し、整理整頓をする事が出来ます。ホーム画面が見易くなる事で、ユーザーは使いたいアプリを直ぐに見つけ出し、アプリを起動させて目的の作業を行え、アプリのアンインストールやアイコンの削除を視覚的に行う事が出来ます。

ホームアプリの変更で端末の重さも変わる!

ランチャーの変更によって、同じandroid環境でも随分雰囲気が変わり、androidの操作性は、このようなホームアプリの選び方で大きく変わってきますので、ユーザーは用途に適した物を選ぶ必要性があります。細かくホーム画面をカスタマイズするには、ホームアプリを変更し、そのアプリの設定項目を色々と調整していきます。この設定項目は、ホーム画面のドックの数や設置するアイコンの行列、壁紙の変更などがあり、全体的なカスタマイズが行えるように設計されている事が多いです。

ホームアプリの変更は、端末の環境を軽くしてくれる事もあります。アプリが使用するメモリーの量によって、アプリの動作が重くなる事があります。軽量なアプリを選ぶ事で、メモリーの使用量を減らし、他のアプリを起動させても邪魔にならないようになります。

仮想デスクトップを実現するタイプのホームアプリは、複数の画面にアイコンを設置する事ができ、それぞれのデスクトップ画面にアプリをジャンル分けしてアイコンを設置しておけば、利便性が向上します。

android使用の際の画面遷移の特徴


ホーム画面を見やすくし、操作性を向上させるランチャーについて説明したところで、次は作業に効率化や快適性を与える画面遷移について解説します。

スマートフォンの使用の際、ユーザーインターフェースがとても重要視されています。
スマートフォンのサイズにもよりますが、片手で操作を行えるものや基本操作は統一されて画面のタッチパネルを操作することができるようになっています。

androidは画面遷移の演出がすごい

スマートフォンの中でもandroidのOSの画面遷移はホーム画面、各アプリで用いられるとても重要な要素と考えることができます。画面遷移での演出はエフェクトをつけることで時間差を使ったり、視覚的に遷移を分かりやすくすることで、使用者の受け取り方も大きく変わることでしょう。
各機種によってスマートフォンの画面の大きさ、画面隅の傾斜角などによって画面表示の形も変わることも考慮して画面の比率やレイアウトを考える必要がありそうです。
さらにインターネットなどを通して通信することが多くなるスマートフォンの処理はデータ処理中のプログレスバーなどの進行状況を伝える要素が視覚的にわかりやすいので用いるべきでしょう。

画面遷移の演出として、アプリでの使用感としてデータの読み込みなどの情報処理を除いて基本的には遷移時間に多くの時間を割くことは得策とは言えないでしょう。なぜなら、スマートフォンでのアプリの仕様として画面に待機状態のものを分割表示したり、バックグラウンドでの高速処理などPCとは異なり望むことが出来ないからです。コンパクトなサイズにまとめられているだけあって、やはり情報量の多い処理は端末に大きな負担となることでしょう。同様に画面遷移中のエフェクト過多の処理はオーバーヒートや、処理落ちの原因となるためコンパクトにまとめる必要があるようです。

実際のandroidのホームではローカルのショートカットをタップすることでタッチしたことが分かりやすく表示された後に下から出てきたような演出と同時に既存の画面を上へと縮小するような演出が使われている場所もあります。また、他にもホーム画面での横にスクロールすることでアプリを並べることができる複数のタイルを使用出来ますが、自分が今開いているであろう画面がどの位置に存在しているかがわかるように工夫されています。このような画面遷移後にも受け継がれる情報の使い方は使用者にとっては必要なものになることが多いので注意するとよいでしょう。

開発の視点から見た画面遷移

開発の視点から見れば、iPhoneと比べてandroidのアプリの開発時に使用できるウィジェットなどのオブジェクトは機能に違いが出てくるでしょう。タップによる基本の処理はOSの方で処理されるので、その後の処理を考えることで差異を出すことが可能となります。

ゲームアプリなどでは動画や画像、ボイスの処理など複数の情報が様々な場所で活用されることになるので、こういった場合にはいろいろな種類の遷移方法を用意する必要がありそうです。テキストタイルなどの画面に浮いた存在の有り無しだけでも今の状況が分かりやすくなるため、画面内の要素の整理を適度に操作するとよいでしょう。

アプリの場合を挙げてきましたが、画面上部から下にスクロールすることで現在の状況を伝える通知などを見ることが出来ますが、この場合の処理はレイヤ下部の画面を半透明にすることで付け加えた要素をシンプルに使っている使用感を得ることが出来ます。また、さらにスクロールできる場合でもその度合いに合わせて透明率を変えることで、移動間を演出することが出来、視覚的に分かりやすい遷移となっているのでこれらの要素も覚えておくとよいでしょう。

紹介したような演出を付け加えることで自ら操作している実感を得ることが出来、操作に集中して臨むことが出来るため、画面遷移はとても重要な要素と考えることが出来ます。

androidのスマートフォンにインストールされている標準ブラウザ


最後に様々なカスタマイズのできるブラウザについてご紹介します。

最近では、スマートフォンに標準のブラウザとしてインストールされているアプリは、Google社が開発している「Chrome」に一本化されてきています。これまでは、多くのスマートフォンでブラウザ用アプリが二種類デフォルトでインストールされていました。
一つは「標準ブラウザ」、または単に「ブラウザ」と呼ばれるもので、主に地球のアイコンをしたものです。
もう一つは、前述した「Chrome」で、青い丸を中心に赤、黄、緑でデザインされたアイコンのものです。前者のブラウザは、端末メーカーが独自に組み込んでいたもので、実は端末メーカーが異なればブラウザも異なりました。一方の「Chrome」は、Android OSのバージョンが4.0以降から利用可能となったandroid用のブラウザアプリです。

標準ブラウザはサポートの有無に注意

標準ブラウザで最も気をつけなければならないことはサポートの有無です。特に、Android OSのバージョンが4.4より以前のものにインストールされていたブラウザアプリは、端末メーカーが現在配布している標準ブラウザとも異なるので注意が必要です。

実は、このOSバージョン4.4より前にインストールされていたアプリも基本的に地球の形をしたアイコンをしています。しかし、こちらは「Chrome」より前にandroid用にGoogleが開発していたものです。一般的には、Android OSのバージョンが4.3までは、このブラウザが標準ブラウザとして認識されていました。しかし、2015年にGoogleがこのブラウザのサポートを打ち切ることをアナウンスし、現在は既にサポートが終了したアプリとなっています。そのため、セキュリティー上の重大な問題を抱えている可能性が高く、このアプリの使用は直ちに中止するよう言われています。

一方で、Android OSバージョン4.4以降で各端末メーカーが組み込んでいる標準ブラウザについては、各メーカーのサポート次第となっています。しかし、多くのメーカーの最新の機種が「Chrome」一本化になってきている背景には、各端末メーカーも独自アプリのサポートが困難になっているという現状があります。そのため近い将来、どの端末メーカーの機種を購入しても、デフォルトでは「Chrome」のみがブラウザアプリとしてインストールされているという状況になるかも知れません。

ブラウザのカスタマイズが魅力

iPhoneでは標準のブラウザが「Safari」と決まっていて、他のブラウザをインストールできても標準設定を変えることはできません。
それでは、androidでは「Chrome」しか標準として使えないのでしょうか。

実は、androidスマートフォンの最大の利点は、自由なカスタマイズにあります。現在、スマートフォン用のブラウザは「Firefox」、「Opera」、「ドルフィンブラウザ」、「Habit Browser」などに代表されるように、非常に多くのアプリが開発されています。そして、「Chrome」以外のブラウザを使用している人もたくさんいます。このような人たちは、自分の好みのブラウザアプリをインストールして、標準のブラウザとして使用できるように設定しています。

標準のブラウザとして設定するには、Android OSのバージョンが5.xまでなら、標準のブラウザが決まっていない時にブラウザアプリを開くと「どのアプリで開くか」を聞かれます。その際に、「常時」をタッチするだけで、そのアプリが標準のブラウザとして設定されます。
もしくは、設定アプリから各アプリの管理に行き、好みのアプリの設定を標準に変更することでも可能です。
このように、標準ブラウザを自分の好みにカスタマイズできるのもandroidの魅力の一つでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ホーム画面やブラウザのカスタマイズについて理解を深めることで、よりandroidの使い勝手が良くなることでしょう。
androidの強みや魅力を活かせるよう、自分好みのカスタマイズを行いましょう!


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …