Home / Android / AndroidScreenmonitorの設定方法と使い方

AndroidScreenmonitorの設定方法と使い方

みなさんは普段Androidスマホを利用していて画面が小さい、と感じたことはありませんか?最近ではタブレットに匹敵するような大画面のスマホも登場してきてはいますが、やはりタブレットやパソコンと比べると画面が小さく、ウェブページの文字を読んだり、複数人で動画を視聴したりということが難しいです。

そんな時は、スマホの画面をパソコンのディスプレイに表示すると良いでしょう。大きなパソコンの画面で表示できれば複数人での視聴も楽なので、プレゼンなどにも利用できます。スマホの画面をディスプレイに移すにはいろいろな方法がありますが、その中でも簡単かつ無料なのがAndroid Screenmonitorというソフトウェアを使う方法です。

今回はAndroid Screenmonitorの設定方法と使い方を解説します。

スポンサードリンク

Android Screenmonitorを使う準備をする

Android Screenmonitorを使うにはいくつか準備をする必要があります。まずは、Android Screenmotiorを使うための準備に関して説明します。

Java Runtime Environmentをインストールする

まずはJRE(Java Runtime Enviroment)をインストールします。JREのダウンロードページ(https://java.com/ja/download/)へ行き、インストーラーをダウンロードします。

インストーラーをダウンロードしたら起動し、インストールを押します。

しばらく待って以下の画面が表示されたらインストール成功です。閉じるを押してインストーラーを終了させます。

Android SDKをインストールする

JREに続いて、Android SDKをインストールします。ただし、現在ではAndroid SDK単体ではインストールできません。代わりにAndroid Studioをインストールします。Android StudioはAndroidアプリを作成するためのツールです。Android Screenmonitorを使う際にはAndroid Studioは直接使いませんが、Android StudioにAndroid SDKが含まれているのでインストールだけ行います。

Android Studio公式ページ(https://developer.android.com/studio/index.html)へ行き、Android Studioのインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、インストーラーを起動し、「Next」をクリックします。

インストールするコンポーネントを選択します。今回はAndroid ScreenmonitorのためにSDKだけインストールするので、「Android SDK」だけにチェックを入れましょう。なお、Android Studioのチェックは外せません。

ライセンス規約が表示されます。内容に同意する「I Agree」をクリックします。

Android StudioおよびAndroid SDKのインストール先フォルダの設定です。Android Studioは今回は使わないのでそのままで良いですが、Android SDKはわかりやすい場所にインストールするようにしましょう。今回の例ではCドライブ直下にAndroidというフォルダを作り、さらにその中にSDKというフォルダを作り、その中にインストールします。

ショートカットの設定になりますがここはいじらなくてもよいです。そのまま「Install」をクリックしましょう。インストールが開始されるのでしばらく待ちます。

次の画面が表示されたら「Next」をクリックします。

Finishをクリックして、インストールを完了します。なお、今回はAndroid Studioを使わないので「Start Android Studio」のチェックは外しておきましょう。

Android Screenmonitorをダウンロードする

ここまででJREおよびSDKのインストールが完了です。次はAndroid Screenmonitorをダウンロードします。Android Screenmonitorは公式ページ(http://www.adakoda.com/adakoda/android/asm/)からダウンロードできます。

ダウンロードしたらフォルダを解答し、中にある「asm.jar」をさきほどインストールしたSDKのフォルダにある「platform-tools」フォルダの中に入れます。今回の例だと「C:\Android\SDK\platform-tools」の中に「asm.jar」を入れます。

なお、今後はこのasm.jarを頻繁に使います。毎回platform-toolsのフォルダを開くのが面倒くさいという人はasm.jarのショートカットを作成し、デスクトップなどに置いておくとよいでしょう。ショートカットはasm.jarを右クリックし、「ショートカットの作成」をクリックすることで作れます。

これでAndroid Screenmonitorを使う準備は完了です。

Android Screenmonitorの使い方

さきほどまででAndroid Screenmonitorを使うための準備は完了しました。ここからはAndroid Screenmonitorの使い方を説明します。

スマホのUSBデバッグをオンにする

まずはAndroid端末をUSBケーブルでパソコンと接続します。その際に、スマホ側の設定でUSBデバッグをオンにします。USBデバッグのオンの仕方は機種によって異なりますが、たいていの場合は「設定」->「開発者向けオプション」で行えます。詳しくは持っているスマホの説明書などを見てください。

Android Screenmonitorを起動する

端末を接続したら、Android Screenmonitorを起動しましょう。先ほどのasm.jarもしくはasm.jarのショートカットをダブルクリックします。

表示する端末を選択する画面になるので、端末名をクリックしてOKを押します。

これでAndroid Screenmotinorが起動し、Android端末の画面がパソコン上に表示されます。スマホ側で操作するとパソコン側の画面が動くのはもちろん、パソコン画面をマウスでクリックすることでスマホ側も動いたりアプリが起動したりします。

Android Screenmonitorの設定方法

ここまででAndroid Screenmonitorの起動ができました。もちろんそのままでも使えますが、Android Screeanmonitorは画面サイズなどいくつかの項目を設定可能です。

設定の仕方

Android Screenmonitorの設定は画面上で右クリックをすることで出来ます。

表示するデバイスの変更

Android Screenmonitorでは複数のデバイスがパソコンに接続されている場合はいずれかから選択して表示できます。いちいち差し替えなくてもいいので便利ですね。

表示するデバイスを変更するにはメニューの「Select Device」をクリックし、表示されるデバイス一覧から画面に映したいデバイスを変更します。

画面の向きを変更

Orientationでは画面の向きを変更できます。Portraitにすると縦画面、Landscapeにすると横画面になります。

画面の拡大/縮小

Zoomでは画面の拡大および縮小ができます。倍率は10%、25%、50%、75%、100%、150%、200%の中から選ぶことができます。使用しているパソコンのディスプレイやプロジェクターのサイズに合わせて変更しましょう。

画面の色の調整

FrameBufferでは画面の色の調整が行えます。基本的にはデフォルトでいいですが、画面が赤みがかっている時などに設定してみてください。

画面のキャプチャー

表示されているAndroidの画面のキャプチャーを取得します。キャプチャーはpng形式の画像ファイルで保存されます。

Android Screenmonitorの問題点と対策

Android Screennmonitorの使い方を紹介しました。特別難しくありませんし、かなり綺麗な画質でandroidの画面をパソコンのディスプレイに映せるため、非常に便利です。しかし、Android Screenmonitorにはいくつかの問題点があります。

遅延が発生する

Android Screenmonitorで映した画面は遅延が発生し、スマホ側の操作よりワンテンポ遅いです。映すだけなら問題ありませんが、例えばスマホの画面を映しながらYoutubeなどで実況放送をする場合はしゃべっていることと映っている画面にズレが生じてしまいます。

環境によってはカクカクする

Android Screenmonitorで映される画面は画質がかなり良いです。しかしその分動作が遅くなりやすく、カクカクすることが多いです。これはパソコンやケーブルの性能にもよりますが、ときにはカクカクすぎて何をやっているか分かりづらいことも。加えて遅延が発生することもあるためかなり見づらくなってしまいます。

画質が落ちても良いならVysorがおすすめ

もし画質が多少汚くなってもサクサク動く方がいい、というならAndroid Screenmonitorの代わりにVysorがおすすめです。VysorもAndroid Screenmonitorと同様にスマホの画面をパソコンのディスプレイに移すためのアプリです。

Android Screenmonitorと比べると画質はかなり落ちてしまいますが、サクサク動きますし動画の撮影なども出来てしまいます。

Vysorの使い方と準備

Google Chromeのインストール

VysorはGoogle製のブラウザ「Google Chrome」の拡張機能の1つです。そのためVysorを使うにはGoogle Chromeが必須なのでダウンロードおよびインストールしましょう。Google Chromeのインストールは難しくなく、基本的には画面に従うだけでOKです。

Vysorをインストール

Google Chromeをインストールしたら起動し、Vysorのページ(https://chrome.google.com/webstore/detail/vysor/gidgenkbbabolejbgbpnhbimgjbffefm)へ移動し、Vysorをインストールしましょう。

Vysorを起動する

VysorをインストールしたらVysorを起動します。まずはAndroid Screenmonitorと同様にスマホをパソコンに接続します。この時も、USBデバッグはオンにしてください。

次にGoogle Chromeのブックマークにある「アプリ」をクリックしてアプリ一覧に移動してください。すると、アプリ一覧にVysorが表示されるのでそれをクリックします。

この画面が表示されたら、「View」をクリックしてください。

これで、スマホの画面が表示されます。画質はAndroid Screenmonitorと比べると粗いですが、動作が軽く遅延もほとんどありません。

まとめ

今回はAndroid Screenmonitorの使い方と設定方法を解説しました。Android Screenmonitorはスマホの画面を簡単に、しかもかなり高画質でディスプレイに映し出す事が出来ます。スマホの動画をみんなで閲覧したり、作成したスマホアプリのプレゼンテーションなど、様々な使い方ができますね。

ただし、Android Screenmonitorは高画質な分カクカクしやすく、遅延も発生してしまいます。もしそれらが気になるならVysorを使うのもおすすめです。VysorはAndroid Screenmonitorと比べると画質は劣りますが、動作が軽く、画面もサクサクと動いてくれます。

画質の良さを取るならAndroid Screenmonitor、画質よりも動作の軽さを取るならVysorを使うようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …