Home / Android / タスク、パスワード管理を~Androidを安心・便利に使う3つのヒント

タスク、パスワード管理を~Androidを安心・便利に使う3つのヒント

近年、iPhoneの普及が進んでいますが、依然としてandroidユーザーも多く存在します。そんなあなたに、androidをより便利に安全に使うための3つのヒントを提供します。

今回は特にパスワードの管理、タスクの管理、テキストエディタの使い方をご紹介します。いずれも日常的に利用することが多いので、しっかりと使いせば非常に便利ですし安心です。

普段の生活であちこちのサイトで別のパスワードを作成してしまい管理に困っているという方、Androidが若干重かったり反応が悪くなってきているという方はぜひ参考にご覧ください。

ぜひ参考にご覧ください。

スポンサードリンク

パスワードの管理に注意

便利なスマートフォンを使うにあたって、まず大切なのはセキュリティです。スマートフォンが普及してしばらく経ちますが、スマートフォン自体が非常に高性能なデバイスであることあり、非常に高いセキュリティ対策が必須です。

android内での管理

androidに限ったことではありませんが、個人情報が大量に保管されているスマートフォンデバイスには、非常に高いレベルのセキュリティ対策を行うことが大切です。

また、携帯電話の時代でもウィルスなどによる個人情報の流出が問題視されることがありましたが、スマートフォンに関してはその時の比ではないほどに慎重な対応が求められます。

パスワードを管理する方法としては、すべてのパスワードやキー情報をスクリーンショットで保存し、端末SDカードなどに保管しておくといった方法があります。

スマートフォンを使って会員登録やパスワード設定を行った際に、そのままスクリーンショットで保存すれば良いのでとても簡単です。ただ、保存したデータが端末内部に残っている状態なのである程度のリスクが伴います。

もし、端末内部にパスワードを管理する場合には、その情報を管理しているアプリやフォルダ自体のセキュリティ対策をしっかりと行うことが必要です。

また、端末やアプリにかけるロックのパスワード自体にも注意が必要です。

仮に二重、三重でロック機能を掛けていたとしても、すべて同じパターンのパスワードやパターンを使っていたのでは意味がありません。可能な限り違ったパターンのキー認証設定を行い、個別の解析ができたとしてもすべての解析に行き着くまでに長い時間がかかるようにしておくことが大切です。

アプリで管理~おすすめアプリ

パスワード管理はアプリで行うと便利です。アプリによる管理は、同じ端末内で、比較的セキュリティ対策にもなりますのでとてもおすすめです。以下、いくつかおすすめのアプリをご紹介します。

非常に機能性に優れ、PCと同期することができる「1Password」や、セキュリティ性が高く評価されている「Keeper パスワードマネージャー」、Googleによる無料アプリ「パスワード管理マネージャー」などがおすすめです。

セキュリティ管理のために様々なパスワードを準備することは重要ですので、アプリを使ってうまく管理するようにしましょう。

 

他のデバイスで管理は?

スマートフォン端末ではなく、別のデバイスやノートなどにパスワードを管理する場合も基本的には同様の注意が必要です。肌身離さず携帯しているメモ帳や手帳にパスワードを管理する場合、そのままの状態で管理している情報が流出してしまう可能性は低いかもしれませんが、その代わりに紛失した場合のリスクは計り知れません。

一つのツールですべてのパスワードなどのセキュリティ情報を管理するのは簡単ですが、リスキーであることも認識しましょう。 もし、一つのツールでパスワードを管理するのであれば、それ自体に非常に高いセキュリティ能力があるツールを活用することが前提です。

いずれにしても、外に漏れない管理を、自分で徹底して行うことが求められます。

タスクキラーの使用

便利なスマートフォン、たくさんのアプリをインストールしてしまいがちです。

androidスマートフォンは、CPUを搭載し、メモリを積んでプログラムを処理するという風に基本的にパソコンと同じような作りになっています。なので、複数のアプリを同時に処理しているときなど、動作が重くなることが珍しくありません。

これはパソコンでも起こる現象です。CPUでの処理が間に合わない、あるいはメモリを使い切ってしまうなどの理由で処理速度が遅くなってしまうのです。

この現象はスマートフォンの利用者が意図していない状況でも起こることがあります。たとえば、あるアプリを起動したあと、そのアプリを終了したつもりが、実はandroid上で動いたままになっているということ状況が挙げられます。

こういった事態を改善する方法はいくつかありますが、もっとも簡単なのはタスクキラーを利用するものです。

タスクキラーとは

そもそもタスクキラーとは、android上で動いているタスクを一斉にストップさせてしまうものです。

これにより、現在まったく利用していないアプリの実行を止めることが可能になり、アプリを起動していない状態に戻すことができるのです。

タスクキラーはOSの標準機能としては存在していないため、公式ストアからアプリをダウンロードすることになります。非常に数が多いので評価を参考にして選ぶといいでしょう。

タスクキラーだけに頼らない

では、タスクキラーを使うと必ず不要なアプリの動作を停止することができるのかというと、必ずしもそうとは限りません。

というのは、アプリの中には停止されてもまた起動してくるものが珍しくないからです。停止しても必ず復活してくるアプリは、そういった動作をするようなプログラムになっているので、プログラムの書き換えでも行わない限り、どうにもなりません。

もし、終了してもずっと実行されたままになっていて、タスクを停止しても復活してしまうというアプリに悩まされている場合は、タスクキラーでどうにかするよりも、アンインストールを考えた方がいいでしょう。

また、アプリの中には起動しなくても、OSを起動した段階で最初から実行されているというものもあります。これはなぜかというと、プログラム起動時に実行するという権限が与えられているからです。

こういったアプリもスマートフォンの動作を遅くする大きな要因になりますので、タスクキラーで動作を停止するか削除してしまった方が良いですが、標準搭載のアプリの場合、削除できないことがあります。

その場合は削除を諦めるか、スマートフォンをルート化して削除するしかないでしょう。では、ルート化について説明していきます。

ルート化

ルート化というのは、ユーザーがandroidの管理者になれるよう、OSレベルで改造することです。

ルート化に成功すると、ユーザーがアプリの権限を操作したり、あるいは本来であれば削除できないアプリを削除することが可能になるので、常に実行されるアプリを消すことができます。

ただ、注意しなければならないのは、ルート化はメーカーが認めている行為ではなく、実行したときに二度とOSが起動しなくなることがあります。

また、もともと削除できないアプリを削除してしまうと、OSレベルで不具合を起こし、androidの動作がその後ずっと不調になってしまうことがあります。

ルート化を試してみたら起動しなくなったということでメーカーに持ち込んだ場合、保証期間内であっても有償修理になる可能性は極めて高いので、比較的知識の浅い方は避けた方が良いでしょう。

androidのテキストエディタ

最後に。「テキストエディタ」というものをご紹介します。

テキストエディタとは、タブレット・端末内でワードなどのテキストファイルを作成するためのアプリ・ソフトを指します。

文章を作る際やプログラミングでコードを書く際に使用するもので、今回はandroidで使えるテキストエディタをご紹介していきます。

標準装備のテキストエディタ

androidにも標準装備されているアプリの中にもテキスト(.txt)やPDFファイルを編集するためのテキストエディタがあります。

実は、標準装備のアプリを利用するだけでも、パソコンのWordやExcel、パワーポイントで作成したファイルを編集することができるのです。標準装備のアプリを使えばパソコンで作成途中のテキストファイルを編集することができるので、移動中の時間を有効活用して仕事をすることができます。

標準装備のアプリを利用すれば、テキストファイルの他にPDFファイルの編集も可能です。

Microsoft社のアプリ

標準装備のアプリ以外にも便利なアプリがたくさん開発されています。

人気が高いのはマイクロソフト社が開発したandroid版のWordとExcelです。パソコン版は有料ですが、こちらは無料で利用できます。パソコンで編集したテキストファイルを閲覧したり編集するのに便利です。

日本語の文書を閲覧したり入力するだけであれば標準装備のアプリやWordがおすすめですが、テキスト編集の際に「コピー」「ペースト」や検索機能を頻繁に使う方であれば、便利なアプリをダウンロードすることができます。

Jota+

テキスト形式のファイルを編集するアプリで人気が高いのが「Jota+」(イオタプラス)です。

シンプルな画面なので見やすく、「コピー」「切り取り」「ペースト」などのタブを自由にカスタマイズすることができます。複数のテキストファイルを同時に開いて編集したり、検索・置換機能も付いています。

文字コードの自動判別機能が付いているので、文字化けを起こさずに文書を閲覧することができます。

パソコンと同じことができるので、移動中や外出時にも仕事ができます。 プログラミングでテキストファイルを編集する場合は、プログラム開発用に作られたテキストエディタを利用すると便利です。

Android Studio

Android開発を行う場合には、「Android Studio」が一番おすすめです。このアプリにはテキストエディタ機能も含まれているので、プログラムのソースコードの編集をするのに便利です。

Android StudioはGoogle公式のandroid開発環境アプリで、パソコンのWindows版とMacOS版も提供されています。パソコンで作りかけのプログラムを、スマートフォンやタブレット端末で作成することができます。

Vim touch

他のプログラム開発用のテキストエディタで人気が高いのは「Vim touch」です。

正規表現も編集可能で、プログラムのソースファイルを編集するのに便利です。Bluetoothキーボードやマウスを利用すれば、パソコンでプログラムのソースコードを編集するのと同じ感覚で作業ができます。

キーボードボタンではなく、手書き入力に対応しているテキストエディタもあります。手書き入力に対応したアプリを利用すれば、指やタッチペンで入力した文字を認識してテキストファイルまたはPDFファイルに書き込みができます。

このため、紙にメモ書きする感覚で簡単に文字を入力することができます。

自分にあったアプリを

android用のアプリにはゲームや動画の再生以外にも、仕事にも使える便利なツールが数多く開発されています。タブレット端末があれば、ノートパソコンを持ち歩かなくても自宅や職場のパソコンと同じ作業ができます。

まとめ

androidを便利に安全に使う3つのヒントを紹介しました。しっかり管理しながら、使える機能は最大限に生かしていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

sumaho1

スマホを急速充電することはできる?その方法とは?

私たちの日常生活の中で、欠かす …