Home / Android / AndroidでOSアップデートの内容を知る手順と実行時の注意点

AndroidでOSアップデートの内容を知る手順と実行時の注意点

Androidでは定期的にOSのアップデートが行われます。アップデートをすることで新しい機能が追加されたり、不具合が解消されたりするため、アップデートができるようになったら出来るだけ早くアップデートをする必要があります。

ところが、時にはアップデートすることで余計に不便になったり、新しい不具合が発生したりすることがあります。また、これまで使えていたアプリが使えない、データが消えてしまったといった思わぬアクシデントが起きることもあります。

今回はAndroidでOSアップデートの有無や内容を確認する方法や、アップデートをする際の注意点について解説します。

スポンサードリンク

Androidのアップデートとは

そもそも、Androidのアップデートはなぜ行われるのでしょうか。まずはAndroidのアップデート自体について基本事項を説明します。

新機能の追加や不具合の解消で使い勝手が向上する

Androidをアップデートすると新機能が追加されたり、不具合が解消されます。例えば最新のバージョンであるAndroid7.0では2つのアプリを同時に表示したり、電池が長持ちするようになり、使い勝手が向上しました。また、バージョンアップによってそれまで発生していた不具合が解消されたり、セキュリティが強化されたりもします。

Androidのアップデートは強制ではありませんが、使い勝手が向上するため、基本的にはアップデートがあればインストールすることをおすすめします。

時には新たな不具合が発生したり、動作が悪くなることも

ただし、アップデートはいいことばかりではありません。アップデートで不具合が解消されることがありますが、場合によっては新たな不具合が発生することもあります。また、新しい機能がどんどん追加されるため、スペックが低いスマホや古いスマホの場合は動作が重くなり、使い勝手が悪くなってしまうことも。

アップデートは基本的にはするべきですが、時にはアップデートをすることでスマホが使いにくくなってしまうこともあります。そのためアップデートをする際には必ずアップデート内容を確認したり、情報を収集する必要があります。

元のバージョンに戻す事が出来ない

もし不具合が発生したり使い勝手が悪くなったら元に戻せばいいのではないか、と思う人もいると思います。しかし、基本的にAndroidは一度アップデートすると元には戻せません。やっぱり元の方が使いやすい、と思ってもアップデートしてしまうと引き返す事が出来ない訳です。

そのため、アップデートはしっかりと確認を行って上で実行する必要があります。

端末によっては最新アップデートが提供されないことも

Androidはどんな端末でも最新のバージョンにアップデートできるかというと、そうではありません。新しいAndroidのバージョンが出ても、利用している端末に提供されるかはそのメーカーによります。

端末が古いとアップデートが配信されるのが遅かったり、最悪の場合は配信されないこともあります。現在はAndroid7.0まで登場していますが、Android6.0やAndroid5.0までしか提供されていないスマホも数多くあります。

もし最新のバージョンのAndroidを使いたい場合はある程度最新モデルのスマホを購入することをおすすめします。

最新のAndroidを使いたいならGoogle純正のスマホを使うのもあり

Android端末はさまざまなメーカーから販売されていますが、もし最新のAndroidを使いたいならGoogle純正のスマホがおすすめです。Google純正のスマホなら最新のAndroidがいち早く提供されますし、ある程度古い端末でも最新のバージョンが配信されたりします。

端末にこだわりがないけど、最新のAndroidが使いたいという場合はGoogle純正のスマホを使うのも1つの手です。

アップデートの有無や内容を確認する

基本的にアップデートがある場合はその有無や内容を確認することができます。中には自動でアップデートしてくれる場合もありますが、多くの場合は自分でアップデートを確認し、実行しないといけません。

ここではアップデートの有無と、その内容を確認する方法を説明します。

Androidの設定画面から確認する

アップデートの有無を確認する最も手っ取り早い方法はandroidの設定画面から確認する方法です。確認方法は端末やOSのバージョンによって異なりますが、一般的には「設定」アプリ->「端末情報」->「システム更新」から更新があるかどうかを確認できます。

メーカーのホームページ・SNSから確認する

Androidのアップデートは端末やメーカーのホームページから確認することもできます。Androidは端末によって新しいバージョンが提供されるタイミングが異なるため、メーカーがホームページで公開することが多いです。メーカーによってはTwitterなどのSNSで情報を公開している場合もあるので、しっかりチェックしましょう。

また、メーカーのホームページやSNSではアップデートの有無だけでなくその内容も確認することができます。アップデートすることで何が変わるのか、しっかりと確認しましょう。

Google(Android)のホームページから確認する

最新OSの大きな特徴に関してはGoogleのホームページからも確認できます。Android6.0からAndroid7.0など、番号が大きく変わるメジャーアップデートの場合はGoogleのサイトものぞいてみると良いでしょう。

Androidをアップデートする方法

Androidのアップデートを確認できたら、早速アップデートしましょう。アップデートの方法はいくつかありますが、大きく分けると3つです。

スマホの設定からアップデートする

Androidのアップデートはスマホ単体で行うことができます。方法はアップデートを確認するときと同じく、「設定」->「端末情報」->「システム更新」から更新をチェックし、アップデートがあった場合はそのまま実行することができます。

アップデートの詳しい手順は端末やOSのバージョンによって異なりますが、基本的には画面に表示される指示に従うだけで完了します。

パソコンを経由してアップデートする

端末によってはパソコンを経由してアップデートすることができます。パソコンを準備しないといけませんが、スマホの本体のストレージ容量を確保しなくて済みますし、アップデート用データのダウンロードにかかる時間もパソコンを使う方が速いことが多いです。

アップデート方法は端末によって異なります。メーカーからアップデート用のソフトウェアが提供されているものもあれば、アップデート用のデータをUSBメモリからスマホにコピーしてアップデートを実行するものもあります。

詳しくはお持ちの端末の説明書やメーカーの公式ページを参照してください。

キャリアのショップに持ち込む

ドコモやauなどのキャリアの携帯を使用している場合は、キャリアのショップに持ち込むことで無償でアップデートしてくれます。キャリアと契約中はもちろん、キャリアと契約をしていない状態でも無償でアップデートしてくれます。

Androidのアップデートは決して難しくはありませんが、スマホにあまり詳しくない人にとっては意外と敷居が高いのかもしれません。そういった場合はショップに持ち込むことで店員さんがアップデートをしてくれるので、ショップへ足を運んでみましょう。

また、自分でアップデートしようとしても何らかのエラーでアップデートができないこともあります。そういった場合もショップで頼めばアップデートできることもあるので、あきらめずにショップで相談してみましょう。

Androidをアップデートする際の注意点

変更点を必ず確認する

Androidをアップデートすると、時には使い勝手が大きく変わってしまうことがあります。基本的には新しい機能が追加されたり、バグが解消されたりして使い勝手が良くなりますが、時には前のバージョンでは使えていた機能が使えなくなったりします。

アップデートをすることが何が変わるのか、何が出来るようになって何ができなくなるのかをしっかり確認しましょう。

不具合が生じていないか確認する

Androidのアップデートは機能追加や不具合を解決するために行われますが、時にはアップデートをすることで不具合が生じてしまうこともあります。アップデートをする際はSNSなどで情報を集め、不具合が発生していないかどうかを確認するようにしましょう。

インストールしているアプリが新バージョンに対応しているか確認する

Androidがメジャーアップデートされると、前のバージョンでは動いていたアプリが動かなくなることがあります。開発中のアプリであればいずれ新しいバージョンに対応したアプリもリリースされると思いますが、使えなくなると不便なアプリがある場合はアップデートした段階で対応しているかどうかもしっかり確認しましょう。

アップデートが終わったらアプリの更新もチェック

Androidのアップデートが終わったら、アプリもアップデートがないかチェックしてみましょう。設定でアップデートを自動にしている人もいるかもしれませんが、中にはAndroidをアップデートすると設定が初期化されてしまうものもあります。

Androidをアップデートした場合はアプリもそれに合わせて最新のものを使う必要があるので、アプリのアップデートもしっかり確認しましょう。

データのバックアップをとる

Androidのアップデートは本体のデータを書き換えるため、途中で失敗してしまうとデータが消えてしまうことがあります。そのため、アップデートをする場合は事前にバックアップをとるようにしましょう。

バックアップはSDカードやクラウドストレージへの保存の他、Googleアカウントのバックアップ機能やバックアップ用アプリを使っても取得できます。

バッテリーを充電しておくか、電源に接続する

アップデート中にスマホの電源が切れてしまうとアップデートに失敗したり、データが消えたり、最悪の場合スマホが壊れたりすることがあります。

アップデートでは時間がかかることもあるので、バッテリー残量が少ないと途中で切れてしまうことがあります。ですので、なるべく満タンにしてから挑みましょう。心配なら電源に接続したままアップデートするのも良いですね。

ストレージの空き容量を確保する

アップデートする際にはアップデート用のデータをダウンロードします。そのため本体ストレージの空き容量が足りないとアップデートができません。いらないデータやアプリを削除したり、一時的にSDカードやクラウドストレージにデータを移す事で本体のストレージ容量を確保しましょう。

高速なWi-Fiに接続する

アップデートする際は通信環境にも配慮しましょう。アップデート用のデータは数十MBから数GBに及ぶこともあります。通信環境が悪いとアップデートに時間がかかったり、失敗したりしてしまいます。

そのため、アップデートする際はWi-Fiに接続するようにしましょう。携帯電話の回線と比べると速度が速く安定するためダウンロードが速く終わりますし、失敗もしにくいです。

また、携帯電話の回線でアップデートをするとアップデート用データの容量によっては大量にパケットを消費するので、速度制限にかかってしまうこともあります。

まとめ

今回はAndroidのアップデートについて詳しく解説しました。Androidをアップデートすると新しい機能が追加されたり、不具合が解消されるので基本的にはアップデートが見つかったらすぐに更新することをおすすめします。

ただし、時にはアップデートすることで新しい不具合が生じたり、動作が重くなって使い勝手が悪くなったりします。アップデートをする際はしっかりと情報収集を行ってからアップデートするようにしましょう。

アップデートする際は失敗しないために通信環境やバッテリー、本体ストレージの空き容量にも注意してください。また、万が一失敗しても問題ないようにバックアップをしっかりとることも忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画をAndroidでダウンロードする方法

ここ数年で、大きな盛り上がりを …