Home / Android / androidでマウスを操作する方法とプログラミングツール、ファイラーを使用する方法

androidでマウスを操作する方法とプログラミングツール、ファイラーを使用する方法

スマートフォン端末で大きなシェアを占めるandroid端末を使用している人も多いのではないのでしょうか。一通りの操作方法については熟知していると思いますが、今回は上級者向けにandroidでマウス操作をする方法、プログラミングツールとファイラーを使用する方法について説明したいと思います。

この記事を読んでより一層androidに詳しくなりましょう。

スポンサードリンク

android端末でマウス操作をするには

androidは携帯端末用のOSなので、基本的にタッチパネルを操作するように作られています。それでもその気になればパソコンのようにマウス(USBまたはbluetooth)を接続して操作することも可能です。

USBを接続することで操作可能に

android端末でマウスを使うために簡単な方法は、USB接続することです。端末には充電やパソコンとの通信用に使用するためのUSB端子が付いています。

パソコン用のUSB機器のコネクタ端子はType Aで、スマートフォンやタブレット端末のUSB端子はMicro Bなので、そのままでは接続することができません。端子の形状が違っても信号の形式は同じなので、変換アダプターを利用すれば簡単に接続することができます。

Type AとMicro Bの変換アダプターは、家電量販店やネット通販で数百円程度で販売されています。変換アダプターを利用してスマートフォンやタブレット端末とパソコン用のマウスを接続すると、端末のディスプレイに矢印が出現してパソコンと同じように操作をすることができるようになります。

接続以外に何らかの設定や登録をする必要はありません。ちなみにUSB以外に、bluetooth接続でも利用できます。

マウスで操作するメリット

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末をマウスで操作するメリットですが、何らかの理由でディスプレイが破損してタッチパネルが使用できなくなった際に役に立ちます。端末を買い替える前に、本体のストレージに保存していたファイルをマイクロSDカードに移動することができます。

他にも、画像編集ソフトを利用して細かい操作をする場合や、ゲームアプリをプレイする際も役立ちます。指でタッチパネルに触れて画面が汚れて見えにくくなってしまうのが嫌な人にもおすすめです。

様々な機器が使用可能に

androidでは他にもUSBで接続するパソコン用の機器を使用することができます。変換アダプターを利用すれば、USBキーボードも使えるようになります。キーボードが利用できれば、パソコンと同じ感覚で文字入力をして文書を編集することができるので便利です。

USBメモリや外付けのカードリーダーも接続することができます。android端末にはマイクロSDカードが利用できますが、手軽にカードを取り出すことはできません。そのため、USBメモリやSDカードも利用できるようになれば便利です。

他にも、パソコン用の外付けHDも利用できます。但し、USB給電式のディスクは電力不足で動きませんが、給電付きのUSBコンセントを使用すればパソコンのようにハードディスクの操作ができます。USB接続を利用すればマウスや他のパソコン用の機器が利用できるようになり、ちょっとした作業もできるようになります。

使用する上での注意点

ひとつだけ注意すべき点ですが、USB接続で機器を動かしている間は本体に充電することができません。外部機器を動かすために必要な電力はスマートフォンやタブレット端末から供給されるため、バッテリーの持ちが悪くなります。このため、外部機器と接続する際はバッテリーの残量に注意するようにしましょう。

androidは携帯機器用のOSですが、Windowsパソコンとの互換性が高いという特徴があります。ワードやエクセルなどで作成したファイルも、スマートフォンやタブレット端末にデフォルトでインストールされているアプリで開いて編集することも可能です。

パソコン用のUSB機器と接続することも可能なので、android端末をノートパソコン代わりに利用することもできます。スマートフォンやタブレット端末に手持ちのマウスやその他のパソコン用機器を接続すれば、更に便利に使いこなすことができるようになります。

android端末でプログラミングツールを使用するには

android用のアプリの多くはパソコンで作成されています。ところが最近は、スマートフォンやタブレット端末でプログラミングができるようになりました。

携帯電話のプログラミングツールを使用

プログラム(アプリ)を開発する方法ですが、最初に人間がテキストエディタを利用してソースプログラムを手作業で記述します。人間が理解できるプログラム言語で記述されたファイルは、コンピュータが読めるように機械語に「翻訳」する作業が必要です。機械語に翻訳するためのプログラムがコンパイラです。

携帯端末で動作するプログラムの多くはパソコン版のコンパイラで機械語に「翻訳」されて作成されています。携帯端末でもソースプログラムを機械語に翻訳してくれるツールが開発されているので、スマートフォンやタブレット端末でもアプリの開発ができます。

携帯端末のプログラミングツールを探す場合には、Google Playを起動して「プログラム」「アプリ」「開発」などのフレーズで検索することができます。無料または有料のアプリが多くヒットしますが、C/C++、またはJAVAを使用するアプリがほとんどです。

android用端末用のアプリを開発するのであれば「AIDE- IDE for Android Java C++」がおすすめです。無料版と有料版がありますが、無料版でもアプリを開発することができます。このアプリは、プログラミング初心者向けのトレーニングツールが付いています。

Cコンバイラーを使用

パソコンでC言語に慣れた方であれば、モバイル端末用のCコンパイラーをインストールすることができます。スマートフォンやタブレット端末でC言語でプログラムを開発することも可能です。androidはLinuxをベースにして作成されているため、C言語を利用したプログラム開発に向いています。

スマートフォンやタブレット端末用のCコンパイラーには、実用的なプログラムを作成するためのものと学習用のツールがあります。

携帯端末用の学習ツールを利用すれば、初心者でも簡単にC言語を学習することができます。今は世界的にプログラムを開発する人材が不足しているため、多くの国は小中学校でプログラムの作成方法を学習過程に組み込んでいます。

日本でも、2020年度から義務教育課程(小学校高学年)でプログラミングを学習することになっています。タブレット端末にC言語のコンパイラーをインストールすれば、子供の学習用に活用することができます。

小さな子供がいる家庭や、小学校教師の方がお金をかけずに手軽にプログラミングを学ぶことができます。C言語やJavaの他にも、BASICを学習するためのアプリも公開されています。

C言語のメリット

android端末用のアプリを開発する際に、Google社が推奨している言語はJavaです。Javaは難易度がさほど高くないのですが、プログラムを実行する際の速度が遅いという欠点があります。このため、高速で動作することが求められるゲームを開発する際は、速度が速いC言語の方が向いています。

C言語はUNIXのOS作成用に開発されたプログラム言語で、機械語に近いという特徴があります。C言語を使用する際はハードウェアについての知識が求められますが、無駄な動作を省くことができるので実行速度が速いのです。

Google Playでは、android携帯端末用のアプリを開発するためのCコンパイラもたくさん揃っています。無料で利用できるコンパイラでも本格的なプログラムを作成することができ、個人でもアプリを開発して無料で公開している人がいます。

C言語のコンパイラを利用すれば、パソコン用のプログラムを部分的に開発するのにモバイル端末が活用できる場合があります。幾つかのブロックに分けてmain関数とは別の外部関数を部分的に作成する場合に、モバイル端末を活用して移動中の時間を有効に利用することもできます。

androidスマートフォンでファイラーを使用するには

ファイラーと言っても何のことかよくわからないという人もたくさんいるのではないかと思いますが、要するにファイル管理アプリです。ファイルをコピーしたり、移動したり、あるいは削除したりするソフトです。パソコンでは非常に基本的なツールで、Windowsでならエクスプローラーが標準であります。

しかしあまり意識することもなく、名前を知らない人も多くいるのではないでしょうか。

androidスマートフォンの場合には、パソコンと違って直接ファイル操作をすることは少なく、データもマイドキュメントのまとめておいてあるという風な管理にはなっていません。何かをするときには、専用のツールであるアプリを使って行うという使い方が一般的ですので、ファイラーを使ったことがない人も多いと思います。

しかしここのファイルを直接見て使う事で一つのデータを様々なアプリに渡したりできるようになりとても便利な面もあります。そう考えると一歩進んだ上級のスマートフォン利用に第一歩と言えるかもしれません。

おすすめファイラーアプリ

androidには標準でマイファイルというツールがあります。これが標準ファイラーという事になります。このマイファイルを使えばファイルのコピーや削除、あるいは名前の変更など基本的なことはできますし、ファイルをタップすることでアプリを起動させてファイルを開くことも出来ます。

標準のツールですのでこれを使うのも簡単でいいのですが、機能が十分ではなく、特にアプリケーションランチャーとして使うには向いていません。よく使う人に別の高機能、多機能なものが必要になります。特にデータが多く様々なアプリで利用している場合にはあると使い勝手が大きく向上します。

ESファイルエクスプローラー

まずおすすめなのはESファイルエクスプローラーです。スマートフォンの画面に適した独自の直感的に割りやすいインターフェースでとても使いやすくなっています。

また非常に多機能でニュースを表示できたりウェブブラウザーとして使えたりしますし、ファイルをアプリから開くのに使うのにも適しています。ほとんどこのアプリからだけで何もかもできてしまう様になっています。

また非常に便利な機能として様々なクラウドのストレージにこのアプリから直接接続できるようになっています。例えばgoogledriveやonedriveなどのストレージを専用のアプリでなくこのアプリから見ることが出来ます。

もちろん見えるだけでなく、サービスの枠を超えてコピーしたりすることも可能なので、本当に便利です。

tetra filer free

この様な高機能なものとは対照的にシンプルなアプリもあります。シンプルなものが欲しいのなら標準のマイファイルでも良い気がしますが、マイファイルではどうしても使いにくいところがあり、そこが出来るようになっているのが、tetra filer freeです。

これは国産のアプリで非常に軽快です。ファイラーにそれ以上の機能を求めないのならこういう基本的なツールはシンプルで軽快であるほうが良いのは間違いありません。

接続先のPCが操作可能に

これらのファイラーを使ってできる便利な機能に接続した先のPCを操作できるということがあります。

例えば有線であるいは無線でつないでいるパソコンのファイルを直接開くことが出来るようになります。またクラウドのストレージを使うのにもそれぞれ専用のアプリを使うよりも統一された使い方で簡単に使えます。

またこれらのファイラーはほとんどが広告モデルの無料アプリとして配布されていますので特に費用が掛かることなく利用できます。また広告の出ない有料版も用意されていることも多いので、ある程度使って気に入ったらそちらに切り替えるのも動作が軽くなりおすすめと言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。androidでマウス操作をする方法、プログラミングツールとファイラーを使用する方法について紹介してきました。

この記事を読んだ方は是非使ってみてください。


スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画をAndroidでダウンロードする方法

ここ数年で、大きな盛り上がりを …