Home / Android / 突然通知が来ても大丈夫!Androidのマナーモード設定方法5つ

突然通知が来ても大丈夫!Androidのマナーモード設定方法5つ

日本で広く普及しているiPhoneには、マナーモードに設定するためのスイッチが本体に設置されています。ところがAndroidを搭載したスマホでは、そうしたマナーモードに設定するための専用スイッチが搭載されていません。

iPhoneからAndroidに乗り換えた方や、これからAndroidを利用する方は、マナーモードに設定する必要のある場面でどのようにマナーモードに設定したら良いのかと迷ってしまうことが想定されます。

そこで、突然通知が来ても音がならないようにするための、Androidのマナーモード設定方法についてご紹介致します。

スポンサードリンク

Androidでマナーモードに設定する3つの手順

Androidでマナーモードに設定するためのスタンダードな方法は、Androidの設定から行うという方法です。設定にアクセスして通知方法を選択することでマナーモードに設定できるようになるため、その手順を以下にまとめます。

設定にアクセスする

まずは、Androidの設定にアクセスしましょう。Androidの設定はアプリ一覧から開くことも出来ますが、最近では通知バーに歯車のマークが常駐しているため、そちらから設定を開いた方が速くスムーズにアクセスできます。

Androidスマホの画面上部から下部にスワイプをすることで通知バーが起動して、そちらから設定にアクセスできることはもちろん、Wi-Fiのオン・オフ設定やBluetoothのオン・オフ設定などあらゆる設定を行うことが出来るようになっています。

「サウンド」にアクセスする

Androidスマホは機種によって中身が大きく変わることがあるため、名前が違うことがあります。ですが、基本的には「サウンド」や「音」という項目にアクセスしましょう。

ここで注意したいのは、「通知」ではないという点です。「通知」にアクセスしてしまうと、通知そのもののオン・オフ設定に切り替わってしまうため、こちらでは「サウンド」や「音」といった項目にアクセスしましょう。

「サウンドモード」を切り替える

「サウンド」や「音」にアクセスが完了したら、サウンドモードを切り替えます。このサウンドモードという点も機種によって呼び方が異なることがありますが、基本的には「サウンドモード」という名称となっています。

こちらから、通常の音で知らせるモードやバイブレーションで知らせるマナーモードや音もバイブレーションもならないサイレントマナーモードを設定することが出来るようになります。

次ページ:Androidでマナーモードとの切替設定をしたいなら

Androidでマナーモードとの切替設定をしたいなら

次に、Androidでマナーモードと通常の通知音が聞こえるように切り替えを行うための設定方法法をご紹介致します。設定は、アプリの通知やメールや電話の着信全体をマナーモードにする設定方法から、アプリごとにマナーモードに切り替える方法まで幅広くあります。

音量ボタンと通常モードは連動している

AndroidスマホにはiPhoneのようにマナーモードに設定するためのスイッチは配置されていませんが、Androidの場合マナーモードは音量ボタンと連動しています。

メディア再生などを行っていない場合、例えばホーム画面を表示しながら音量ボタンを押して音量を最大限に下げると、通常マナーモードに設定することが出来るようになっています。

スマホにくる着信や通知を全て通常マナーモードに設定する場合は、音量ボタンを押してマナーモードに設定しましょう。また、ホーム画面などを表示している状態で音量ボタンを押して、音量を1段階でも上げるとマナーモードも設定は解除されます。

通常マナーモードに切り替える方法

通知や着信がくるとスマホが震えるバイブレーション機能は、通常マナーモードに設定している際に機能します。通常マナーモードは、上記での設定も行えますが、画面を上部から下部にスワイプした時に表示される通知バーの「マナーモード」設定からも行うことが出来ます。

何も設定していないと、スピーカーマークで「サウンド」と表示されていますが、これを1回タップすると「バイブ」と表示が切り替わります。すると、通常マナーモードに設定することが出来ます。

サイレントマナーモードに切り替える方法

スマートフォン スマホ すまほ smartphone mobilephone モバイル mobile phone スマートフォンスタンド 携帯電話 ケータイ Android アンドロイド ネクサク ネクサク5 nexus nexus5 画面 液晶 ディスプレイ 手持ち hand

サイレントマナーモードとは、通知や着信など、スマホの音がなったりバイブレーション機能が発動したりといったいかなる際にも音を鳴らさないモードのことを言います。

音量ボタンからマナーモードの設定を行うと通常マナーモードなってしまいバイブレーションが作動する音が聞こえてしまうため、どうしても作動音や通知音を消したい場合はサイレントマナーモードに設定する必要があります。

サイレントマナーモードは、上記でご紹介した通知バーを引き出して設定する方法で設定することが可能です。「サウンド」と表示されている項目をタップして「バイブ」に切り替えたら、再度タップすると「サイレント」に切り替わります。

サイレントマナーモードでも通知自体はスマホに来ているため、後から通知を確認することが可能です。

アプリごとにマナーモードを切り替える方法

マナーモードの設定は、アプリごとに切り替えることが出来ます。この設定を行うことで、特定のアプリだけはマナーモードに設定していても通知音を鳴らす設定やその逆も行うことが出来るようになります。

Androidの設定を開き、「通知」や「音と通知」という項目を選択して、通知を制御する画面に移ります。インストールされているアプリの一覧が表示されたら、個別でアプリごとの設定を行ことが出来ます。

設定したいアプリを開き、「マナーモードをオーバーライドする」という項目をオンにすると、マナーモードでも通知音で通知を知らせてくれるようになります。このように、マナーモードに設定していても重要なアプリなどはアプリごとに設定を行うことで通知音を鳴らす設定にできます。

次ページ:アプリも大活躍!Androidでマナーモードにするアプリ3つ

アプリも大活躍!Androidでマナーモードにするアプリ3つ

次に、マナーモード設定を行えるおすすめのマナーモードアプリを3つご紹介致します。Androidの設定からでもマナーモードの設定を行うことは出来ますが、アプリから設定することでよりスムーズな設定を行えるようになります。

ワンタッチマナーモード設定

初めにご紹介する「ワンタッチマナーモード設定」は、無料で使えるウィジェットアプリです。アイコンをホーム画面上に表示させることができ、ワンタップでマナーモード設定を切り替えることが出来ます。

会議中や映画館に行った際などに、Androidの設定からマナーモードに切り替えを行わなくてもワンタップで簡単にマナーモードに切り替えを行えるため、頻繁にマナーモードと通常モードの切り替えを行う方におすすめです。

マナーモード+[Silent Mode+]

続いてご紹介するマナーモードアプリは、スケジュールや時間に合わせてマナーモード設定を行えるという機能を持つ無料のアプリです。マナーモードに設定していると、どうしても重要なメールを見逃してしまったり着信に気が付かなかったりといったことが起きやすいです。

ですが、会議中にマナーモードにしたまま解除するのを忘れてしまうということも多々あります。そういったときでも、時間やスケジュールに合わせてマナーモードを設定しておけば時間に合わせてマナーモードの解除を行えるようになるため、重要な通知を見逃すことがなくなります。

強制ミュートモード:デフォルトカメラ(無音カメラ)

最後にご紹介するマナーモードアプリは、スマホ全体を強制ミュートに出来ることはもちろん、カメラのシャッター音も切ることが可能なマナーモードアプリです。眠っている赤ちゃんやペットを撮影する時に大活躍し、いかなる音も出ないように設定できるアプリです。

アプリは200円と有料になっていますが、スマホから音を出したくないという方にはおすすめのアプリです。

あなたはいくつ知っていましたか?Androidのマナーモードに関する裏知識

最後に、Androidのマナーモードに関する裏技をいくつかご紹介致します。マナーモードに設定すると、基本的にはスマホからの音が出なくなります。メディア音量などを調整するとYoutubeや音楽再生アプリの利用時に音がなりますが、通知に関する音はなりません。

「おやすみモード」時間指定ができる

マナーモードは、時間指定を行うことも出来ます。就寝している間だけをマナーモードに設定することで、iPhoneではおなじみのおやすみモードに近いモードに設定することが出来ます。

ですがこの機能は使っているスマホによって搭載されている場合とそうでない場合に分かれます。そのため、時間指定を行えるアプリのインストールを行うことをおすすめします。

マナーモード設定中にアラーム音だけ鳴らす

マナーモード設定中でも、アラーム音だけは動作してほしいものです。この設定は主にアラームアプリから行うことが出来るようになっています。アラームアプリの設定から「マナーモード設定時もアラームを鳴らす」といった旨の設定がない場合は、Androidの設定から行います。

これは、アプリごとにマナーモードを設定する方法と同じく、Androidの通知にアクセスしてアプリごとの設定を行える画面に切り替え、「マナーモードをオーバーライドする」をオンにすることでアラームアプリはマナーモード時でも音が鳴るようになります。

まとめ

いかがでしたか?

突然通知が来ると驚いてしまったり、会議の進行を妨げたりする原因となってしまいますが、今回こちらでご紹介した方法でマナーモードを利用することでタイミングに合わせたマナーモード設定を行えるようになります。

マナーモードは、アプリで簡単に1タップで切り替えることができるようにもなるため、マナーモードアプリの導入もおすすめです。さらに就寝中だけマナーモードに設定して、アラーム音だけはマナーモードの設定を切るとより快適にAndroidを使えるようになります。


スポンサーリンク