Home / Android / Androidでisoファイルを再生する手順と必要な環境

Androidでisoファイルを再生する手順と必要な環境

2012年10月の法律改正で、市販のDVDをリッピングすることが違法になりました。このため、Android端末上でのiso再生ニーズは相当減りました。しかし、いままでの資産は活用したいという人はまだまだ多いようです。

そこで、できるだけ簡単にストレス無くisoファイルをAndroid携帯やタブレットで再生する方法を考えてみましょう。ここでご紹介するのは、あくまでも、手持ちのisoファイルの再生方法です。市販のコンテンツをこれからリッピングしてisoに変換すること自体が著作権法に違反しますので注意してください。

スポンサードリンク

あなたのライフスタイルはどっち?

isoファイルをAndroidで再生する方法は、大きく分けて2種類あります。第1の方法は、Android端末にアプリをインストールして、そのままisoファイルを再生する方法。第2はisoファイルをAndroid端末用の動画ファイルに変換して再生する方法です。

それぞれに一長一短がありますので詳しく見てみましょう。第2の方法は、MacなりWindowsなりのPC端末を持っている人向きです。日常的にPCとスマートホンやタブレットを使い分けているのであれば、有望なオプションになるでしょう。

isoファイルをそのまま再生する方法

isoファイルを携帯などの端末で再生することの第1の問題は、ファイルサイズが大きいことです。 DVDからisoに書き出したファイルのサイズは4GB以上もあります。そのままでisoをAndroidに取り込んだら、空き容量不足になるかもしれません。

さらに、最近のスマホやタブレットは処理能力が上がったといえ、やはりisoファイルを処理するのは相当な負担。動作の安定度は機種ごとのスペックに依存することも考慮する必要があります。

smart_tab

おすすめは、MX Player と VLC for Android beta

isoファイルは動画ファイルではありませんので、プリインストールされている動画プレイヤーでは再生できません。サードパーティー製の動画プレイヤーアプリのインストールが必要です。今、Androidでisoファイルを再生するなら、軽くて対応ファイルも豊富な「MX Player」と「VLC for Android beta」の2つのアプリが定番となっており、ユーザーの評価も安定しています。

「MX」「VLC」ともに、isoファイルに対応していますが、対応している動画ファイルの種類は微妙に違います。どちらかを好みでインストールしても良いですし、両方インストールしておくという選択もあります。基本的な使い勝手はほぼ同じです。アプリを起動させると、動画ファイルのサムネイルが一覧で表示されますので、画像をタップすると動画が再生されます。

動画再生アプリのトラブル

isoファイルをAndroid上の動画アプリで再生する場合、機種のスペックに依存するトラブルが発生することがあるようです。「画面がカクカクする」といった画像の品質に関するものは、プレイヤーのカスタム設定を変えてみると改善されることがあります。MXプレイヤーの場合は「デコーダー」の設定で、VLCの場合は「ハードウェアアクセラレーション」のメニューにあります。

少し前のAndroid端末の場合、より重大な問題が発生することがあります。代表的なものは「画面が真っ暗になる」「メニューが表示されない」「字幕が表示されない」などです。これらのトラブルでisoファイルの再生がスムースにできない時は、isoファイルを変換するという第2の方法を試してみることをおすすめします。

isoファイルを変換してから再生する方法

Android端末の能力が向上し、汎用動画アプリが動作する環境は日に日に改善されています。しかし、最も動作が安定しているのは、プリインストールされている動画プレイヤーです。ストレスフリーで動画再生を望むなら、オリジナルの動画プレイヤーに対応するファイル形式にisoファイルを変換することが最短の近道です。

しかし、動画ファイル変換の時間と手間を考えると、どうしても二の足を踏んでしまいがち。そこで登場するのがisoファイルの変換アプリです。Windows PC、Macコンピューター環境で実行し、コンピュータに保存しているisoファイルをAndroidデバイスと互換性のあるフォーマットに変換してくれます。この種のアプリには、Digiarty Software社の「MacX DVD Ripper Pro」など手ごろな価格で使いやすいアプリがあります。

著作権法に注意

このタイプのソフトウェアを使うメリットは、出力品質とファイルサイズのバランスが良いこと。ファイルサイズを抑えながら、オリジナルと比べて劣化のない品質で、isoファイルをAndroidで再生できることです。

しかし、このタイプの市販ソフトは、もともとがDVDをバックアップしてAndroidなどの端末で再生することを目的に開発されています。そのため、DVDのリッピング機能を内蔵していることがほとんどです。現在の著作権法では、CSSなどのコピー防止技術を回避するだけで違法となりますので注意してください。

それでもコピーしたい場合

著作権法が強化されてきた背景には、映像データを何度コピーしても劣化しないというデジタル技術の普及があります。そこで、2012年の著作権法の改正では、技術的保護手段の解除や回避というリッピング技術が違法とされました。しかし映像データをアナログ的に「キャプチャ」して映像をバックアップし、私的に利用することはまだ違法ではありません。原理的には、モニターの前にビデオカメラを置いて撮影するイメージです。

リッピングではなく録画(キャプチャー)ですので、コピーガードの解除を行わずにコピーができます。画像の品質は、再生デッキから出力される映像をそのまま同じ解像度でキャプチャ録画すれば、視覚的には画質の劣化を感じることは少ないでしょう。しかし、あくまでもキャプチャーですので相応の劣化は覚悟しておく必要があります。この種の機器の代表的なものとしては、Internal社の「EzCAP HD」があります。

まとめ

isoファイルを再生したいというニーズは、2012年の著作権法改正以後も衰えていません。Android端末の能力も向上し、動画再生アプリの使い勝手も良くなっていますので、手持ちのisoファイルを最新のスマートホンやタブレットで再生するということであれば、定番ソフトをインストールすれば、簡単に再生することができます。

その一方で、少し古い機種の端末で扱うにはisoファイルはサイズも大きく、動作も不安定になりがちです。その場合、isoファイルをAndroidにプリインストールされている動画形式に変換することで、快適に映像を楽しむことができます。ただし、これから改めて市販のDVDやBRからリッピングすると著作権法に触れます。あくまでも、過去にリッピングしたisoファイルを変換する目的でソフトを使用してください。

どうしても、手持ちのDVDなどをAndroidで再生したい場合、いったんアナログ的にキャプチャー録画して映像ファイルを作成し、Android用に変換するという手順が必要です。この場合も、あくまでも利用目的は私的利用に限られますのでご注意ください。ルールを守って、モバイルライフを楽しみましょう!


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …