Home / Android / AndroidでGoogle日本語入力の設定をカスタマイズして使いやすくする方法

AndroidでGoogle日本語入力の設定をカスタマイズして使いやすくする方法

Google日本語入力は無料ながら、有料のアプリとほぼ変わらない豊富な機能があることで利用者を増やしています。日本語変換ソフトと言えばATOKやSimejiなどが有名ですが、Google日本語入力は、ATOK利用者からの評判も高いソフトです。

ここでは、日頃から多くの文章をAndroid端末で打つことが多いユーザーを対象に、便利な機能を紹介します。Google日本語入力は、設定や使い方を知っていると文字入力がより簡単に、スピーディになります。ぜひトライしてみてください。

スポンサードリンク

自動かな修飾変換

Google日本語入力で特に便利な機能といえば、「自動かな修飾変換」でしょう。「自動かな修飾変換」は、濁点や小文字を入力しなくても、関連する言葉を変換候補として表示してくれる機能です。知っておくと、文字入力がかなり早くなるおすすめの設定です。設定はGoogle日本語入力設定の中から「変換」メニューを選び、その中の「自動かな修飾変換」の項目をオンにしておくだけです。

たとえば、Googleの「自動かな修飾変換」がオンの状態で「しつこう」と打てば、「執行」「失効」に加えて「実行」「実効」などが変換候補として表示されます。この機能はケータイ配列とGodanキーボードの時に利用できます。QWERTY配列のローマ字入力では使えませんが、必要もないでしょう。

a0001_017622

ユーザー辞書を追加する

ユーザー辞書とは、変換候補には表示されない、頻繁に使う言葉などをユーザー自身が登録する機能です。特定の単語を登録しておくことで、文字入力の効率を上げることができます。Google日本語入力でユーザー辞書を追加するには「辞書ツール」をタップして右上の「+」をタップします。

ユーザー辞書には、「単語」とその単語を候補として表示する際の「よみ」を登録します。頻繁に使う長い単語を、短い「よみ」で登録しておけば、入力時間が短縮できます。例えば「アンドロイド・タブレット」という言葉を「あんど」というよみで登録しておけば、その後は「あんど」と入力しただけで「アンドロイド・タブレット」が候補として表示されます。

学習機能のオン/オフを切り替える

学習機能をオンにしておくと、使用した単語は、上位候補に繰り上がって表示されます。よく使う単語が上位に表示されることで、変換スピードの効率化が期待できます。見方を変えると、普段あまり使わない単語を使用すると、せっかくの学習成果が逆戻りすることにもなります。

「学習を利用するが更新しない」を選択すると、選択した時点までの学習データのみを利用することができますが、以後の学習はされないというちょっと便利な機能です。「利用しない」を選択すると、初期状態で利用できます。

全角入力時もスペースに半角を使う

Google日本語入力では、「常に半角スペースを使う」にチェックを入れておくだけで、ひらがな全角入力時でもスペースは半角になります。ブログなどへの入力で、スペースを半角で統一したい場合などに便利です。

キーボードを左右に寄せる

少し大きめの端末を片手で使う場合、キーボードを左右のどちらかに寄せた方が便利です。Google日本語入力ではキーボードの左右寄せができます。全福、右寄せ、左寄せから選択します。「片手モード」の有効/無効を切り替え、右寄せ、左寄せを選ぶバージョンもあります。

アプリ一覧にGoogle日本語入力のアイコンを表示させておく

「アイコンを表示する」にチェックを入れておければ、端末のアプリ一覧にGoogle日本語入力のアイコンを表示させることができます。Google日本語入力の設定や履歴の消去を頻繁に行うユーザーの場合、アプリ一覧からGoogle日本語入力の設定に飛ぶ方が便利でしょう。ちょっとしたことですが作業効率が上がります。

横画面時のキーボードを縦画面と違う配置にする

デフォルトでは「横画面のソフトウェアキーボード設定」の項目の「縦画面の設定を使用する」のチェックが入っています。縦画面時に左右寄せや高さを低くしている場合は、横画面では使いづらいはずです。

このチェックを外すと、横画面時のキーボード設定を自由にレイアウトできます。例えば、縦画面ではケータイキーボードを使うが、横画面時はQWERTYにしたい場合などです。

ハードウェアキーボードを設定する

自宅ではパソコンを使い、外出先ではタブレットを使うといったユーザーの場合、外部キーボードを使うことも多いでしょう。ハードウェアキーボードの設定は、USBやBluetooth接続でAndroid端末にキーボードを接続して使うときに使用します。外出先デマ止まった時間ができた時など、携帯用キーボードを持っていれば、格段に入力効率が上がります。

一般の日本語キーボードを接続する時は「日本語109A配列」を選択してください。コンパクトキーボードの場合、英語配列のものもありますが、その場合は「システム配列」を選びます。

「Godanキーボード」の使い方

Android日本語入力には、Googleが開発した独自のキーボード「Godanキーボード」が搭載されています。Godanキーボードは、一見するとケータイ打ちのレイアウトに見えますが、キー配置がまったく違います。

Godanキーボードの配置は、A,I,U,E,Oの母音が左側に縦一列に並び、右2列に子音が割り振られています。Godanキーボードの入力は両手打ちに向いていて、まず子音を選んでから続いて母音を選んで1文字を作る、というパターンの繰り返しで打ってゆきます。

特殊な文字としては、「ん」は「N」を上にフリック。数字はそれぞれのキーに数字が割りあてられているので下にフリックするだけです。数字キーボードに切り替えても良いのですが、フリックの方が便利でしょう。

「Godanキーボード」は全く新しい入力方法なので馴染みがありませんが、スマホを両手で使うユーザーの場合、慣れればフリックよりも効率的です。

加減乗除の計算

Google日本語入力では、加減乗除の計算ができます。設定は必要ありません。例えば、「1+2=」のように「+」と「=」などの計算記号を入力すれば、変換候補に計算結果が現れます。

掛け算の場合は「25*120=」のように「*」と「=」を、割り算の場合は「32/86=」のように「/」と「=」を入力することで計算できます。文章を入力している途中で計算結果が必要になった時、電卓アプリを起動する必要がないので覚えておくと便利です。

まとめ

Android端末といってもその種類は多く、ユーザーの利用目的も多様です。日本語入力アプリに求められる機能もユーザーによって異なります。ここでは、「早く打つ」ことを目的に便利な設定と機能をまとめてみました。

スマホ限定の機能や、より大型のタブレットで有効なものも含まれていますが、どれも知っておいて損はない機能ばかりです。

Android日本語入力は、有料アプリに負けない高機能を無料で提供したことで多くのユーザーに支持されています。さらに設定をユーザーの使用目的や環境に合わせてカスタマイズすることで、より効率的に使用できます。特に、学習機能やユーザー辞書の設定は、長期間にわたって入力効率に影響するだけに、自分に合った設定を慎重に決めることが効率化のポイントです。


スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画をAndroidでダウンロードする方法

ここ数年で、大きな盛り上がりを …