Home / Android / まだ見られる?AndroidでFlash動画を簡単に再生する方法

まだ見られる?AndroidでFlash動画を簡単に再生する方法

一昔前までは、Android OS提供元のGoogleがAdobe Flash Playerをサポートしており、それによりFlash動画を見ることができましたが、現在はサポートしておらず、Google提供のブラウザ(Google Chrome)ではそのまま再生することができません。

ですが、全く再生できなくなった訳ではなく、再生する方法は存在しており、Flash動画などのFlashコンテンツをサポートしているブラウザアプリもいくつか開発されています。

今回は、AndroidでFlash Playerを再生する方法、再生できない時の対処法、そしてFlash動画などのFlashコンテンツをサポートしているブラウザアプリをご紹介します。

スポンサードリンク

Andoroidでの再生にはFlash Playerのインストールが必要

Androidには初期状態ではFlash Playerに対応したブラウザがインストールされていません。

それどころかFlash Playerもインストールされていないため、まずはFlash Playerをインストールする必要があります。

数年前までは、GoogleがFlash Playerの動作をサポートしていたため、普通にFlash Playerがインストールされた状態でAndroid端末が売りに出されていました。

しかし、時がたつにつれ、Flash Playerに潜在する脆弱性が問題視されるようになりました。

脆弱性が見つかるということ自体は良くないことではあるものの、他のサービス・アプリでもよくあることです。

ですが、Flash Playerの開発元であるAdobeが脆弱性の対応に対して何故か消極的であるため、結果GoogleはFlash Playerのサポートを取りやめることにしました。

最新のFlash Playerでも修正されていない脆弱性(報告されているにも関わらず1年以上未修正)があり、一定のリスクは潜在しています。

Flash PlayerをAndroid端末にインストールする方法

AndroidにFlash Playerをインストールするには少し設定を変更する必要があります。

この設定の変更を忘れると、この先でおこなうFlashPlayerのインストールの途中で先に進めなくなる(インストール拒否されてしまう)ので、必ずやっておきましょう。

1.「設定」を開き、「セキュリティ」を選択

まず、Androidの設定画面を開きます。設定画面から[セキュリティ]を選択します。

2.「提供元不明のアプリ」を有効化する

その後、[提供元不明のアプリ]を有効にします。この際確認メッセージが表示されますが、そのまま[ok]をタップします。

3.設定画面を閉じ、ブラウザを起動

設定画面を閉じたらブラウザを起動します。

次にするのは、FlashPlayerインストーラをダウンロードすることだけなので、この時起動するブラウザはなんでも構いません。

4.Androidのバージョンに応じて適切なFlash Playerをダウンロード

ブラウザを起動したら、次にするのはFlash Playerのインストールですが、「Flash Player  アーカイブ」と検索するか、以下のURLに直接アクセスしてください。

URL:http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/228683.html

その中から持っているAndroidのバージョンに合ったインストーラをアーカイブ一覧から探します。

アーカイブである分、インストーラは大量の用意されていますが、Android向けのFlash Playerインストーラはやや下の方にリストされています。

インストーラの名前には”Android”の文字が入っているので、それをさがすようにページを下に行くと簡単に見つけることができます。

インストーラをタップするとダウンロードが始まり、ダウンロードが完了するまで待機します。

5.ダウンロード後、「install_flash_plarer_ics.apk」ファイルを選択

ダウンロードが完了したら、「install_flash_plarer_ics.apk」というapkファイルがあるので、それをタップします。

「install_flash_plarer_ics.apk」が存在しない場合は、間違えて開発者向けライブラリをダウンロードしていたり、Windows/Mac版のインストーラをダウンロードしている可能性があります。

Android向けのインストーラは末尾に必ず”apk”という文字が入っているので、それを基準に判断するとわかりやすいです。

6.確認のメッセージ表示後、「OK」を選び、インストール開始

選択後、インストールの前に確認画面が入りますが、気にせず[OK]をタップしてください。

ただし、このときまでに設定で[提供元不明のアプリ]の有効化が完了していないと弾かれてしまうので注意してください。

しばらく待つとインストールが完了し、AndroidにFlash Playerが入った状態になります。ここでインストールに失敗する方は、バージョンを間違えている可能性が高いです。

アーカイブには「Android 4.0 用の Flash Player バージョン」「Android 3.x/2.x 用の Flash Player バージョン」の二種類存在するので、間違えないようにしましょう。

ちなみにxの部分は数字が入るので、バージョン4.0/3.x/2.xだけしか対応していないという意味ではありません。

Androidのバージョンによって使うブラウザが異なる

インストールに成功したからといって、どのブラウザでも見れるというわけではないので気をつけましょう。Androidのバージョンによって使わなければいけないブラウザが異なるからです。

以下、Flash動画を再生できるブラウザアプリをバージョン別に2つ紹介していきます。

Androidのバージョンが4.3以前の端末の場合はFlashfoxを使用

Androidのバージョンが4.3以前の場合は、FlashFoxを使います。4.4以降では正常にFlash Playerが動作しません。

Flash Playerをインストールした状態でFlash Browserを使うと、これまで再生できなかったFlash動画などのFlashコンテンツを閲覧できるようになります。

Flash Playerのインストールが済んでいるならば、Flashfox側でなにか設定を変更する必要はありません。そのまま使用できます。

ただしこれはバージョン4.3以前の場合の手法なので、それ以降のバージョンの方は次の方法を試してください。

Flashfox:https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.browser.flashfox&hl=ja

Androidのバージョンが4.4以降の端末の場合はDolphin Browserを使用

Androidのバージョンが4.4以降の場合は Dolphin Browser を使用します。

Dolphin BrowserはFlash動画を再生できる数少ないブラウザアプリとしてかなり人気であり、バージョンが4.4以上であれば、まずコレ一択になるでしょう。

公式サイトによると1億人のユーザーがいるそうです。

こちらもFlashfoxと同じようにFlash Playerのインストールが済んでいればDolphin Browser側で何も設定を変更せずにFlash動画を再生することができます。

Flash動画を見れるだけのブラウザというわけでもなく、ブラウザとしてあると便利な機能が複数搭載されています。

広告をブロックするアドブロックやタブ管理機能、ジェスチャー操作など様々な機能が搭載されていて一つのブラウザとしての完成度も高いです。

Flash動画やだけでなくFlash ゲームも問題なく動作するのでオススメできるアプリの一つでもあります。

Dolphin Browser:https://play.google.com/store/apps/details?id=mobi.mgeek.TunnyBrowser&hl=ja

AndroidでFlash Playerが再生できない原因と対処法

1.OSをアップデートした

Android OSをアップデートするとそのアップデートが原因でFlash Playerが動作しなくなってしまうことがあります。

この場合は、また新しく対応しているFlash Playerをインストールする必要があり、対応するFlash PlayerがリリースされるまではFlash動画などFlashコンテンツを再生することができません。

ですので、Flashコンテンツを多用する方はOSのアップデートする時は注意しましょう。

一番確実に未然に防ぐ方法は、一度Flash PlayerをインストールしたAndroid端末は今後アップデートしないという方法です。

メインで使っているAndroidでこのような運用をしてしまうと新機能の恩恵が受けれなかったりとデメリット満載ですが、安いAndroid端末を一つ購入し、その端末にFlash Playerをインストール、今後OSアップデートはしないという使い方をすると問題なくFlashコンテンツを楽しむことができます。

今は安いAndroid端末ならば数千円から買えるレベルになっているため、一つ用意していても良いかもしれません。

2.機種変更をした

当たり前の話ですが、機種変更をすると物理的にAndroid端末が変わります。新しいAndroidにはFlash Playerが入っていません。

Flash PlayerはAndroid OS開発元であるGoogleがサポートすることを止めたため、Flash Playerがない状態で受け取ることになるからです。

ですので、またFlash動画などFlashコンテンツを再生したいのであれば、もう一度Flash Playerをインストールして環境を整えるようにしてください。

ただし、このときAndroid OSのバージョンが既存のFlash Playerに対応しているかが重要です。

Flash Playerが対応できていないバージョンのOSを機種変更で受け取ってしまった場合、そのOSのバージョンのに対応したFlash Playerがリリースされるのを待つ必要があります。

最悪の場合はリリースされないということも可能性としてはゼロではないため注意しましょう。

3.使用しているFlash Playerの配信が終了した

Flash Playerで再生できなくなる、できなくなった原因として、インストールしているFlash Playerの配信が終わってしまったということです。

この場合は、対応している新しいFlashPlayerをインストールする必要があります。

基本的にはアーカイブに全て残っているはずなので、配信が終了した結果、使えるFlashPlayerがなくなったということはないはずですが、極めて重大な脆弱性が発見されて即修正、新バージョンをいち早くインストールさせるために、配信を強制的に終了というパターンは考えられます。

その場合は、ほぼ確実にマイナーアップデートされたバージョンが出ているはずなので、面倒であっても新しいFlashPlayerを再インストールするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。AndroidでFlash Playerを再生する方法、再生できない時の対処法、そしてFlash動画などのFlashコンテンツをサポートしているブラウザアプリをご紹介してきました。

FlashPlayerはGoogleがサポートしなくなったり、脆弱性がなかなか修正されなかったりと色々不遇な対応をされてきた機能ですが、未だに現役で動き続けているものでもあります。

まだインターネットが普及していない時から、インターネットの世界を広げてきた機能の一つでもあるため、その存在感はまだまだ健在です。

余談ですが、一応AndroidのGoogle ChromeもFlash動画を再生することが可能であったりします。

しかし、サポートを外れているため、正常に動作しないリスクもあるほか、初期設定ではFlashコンテンツが再生されないようになっています。

ですので、もしFlash動画やFlashゲームなどを再生したいのであれば、この記事で紹介した「Flashfox」や「Dolphin Browser」といったFlashコンテンツをサポートしているブラウザを使用すると良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

意外と知らないテザリングの設定方法を解説!

フリーWi-Fiスポットが充実 …