Home / Android / 【Android】スマホでexcelをインストールして使いこなす方法

【Android】スマホでexcelをインストールして使いこなす方法

「Microsoft Office Mobile」しか使えなかったAndroidのスマートフォン端末でも、2015年の6月からパソコン版のOfficeソフトに近い機能を搭載した「Microsoft Excel for Android」が使えるようになりました。

このアップデートでAndroid用の「Microsoft Office」はスマートフォン・タブレット両対応となり、iOS端末とAndroidタブレット向けに先行してリリースされていたサービスを、Androidのスマートフォンユーザーも受けられるようになったわけです。

そこで本記事では「Microsoft Excel for Android」の使い方やインストール上の注意点、新しい機能について初心者向けにご紹介します。

スポンサードリンク

「Microsoft Office Mobile」から「Microsoft Excel for Andoroid」へ

excel

「Microsoft Office Mobile」からの改善点

従来のAndroidスマートフォン向けには「Microsoft Office Mobile」というアプリが提供されていました。しかし閲覧・編集可能ではあったものの編集できる範囲がテキストのみだったり、文書のレイアウトや図形が崩れて表示されたりといった課題が多かったのはご承知の通りです。

今回のアップデート版ではこれまでの課題の多くが改善されパソコン版と同じ感覚で閲覧や修正ができるようになりました。これまで困難だったスマートフォン上でのデータ編集の多くが容易になったのです。

例えば選択したセル範囲にある数値の一括集計や、数式の入力、グラフ作成、またドラッグ操作で行・列をまとめて移動することも出来るようになり、編集画面の[表示]タブで「ウィンドウ枠の固定」を設定しておけば、シートをスクロールしても先頭行や左端列が常に表示されるようにすることも可能です。

画面が比較的大きなタブレット端末を使えば、パソコン並の編集もストレスなしに行えるでしょう。

「Microsoft Excel for Android」は無償版でも高機能

無料で使用することのできるExcel アプリは、ドキュメントの表示、作成、編集のための基本的な機能をすべて備えています。

後述にもありますが、無償版の対象は画面サイズが 10.1インチ以下のデバイスとなっており、現在リリースされているほとんどのスマートフォンとタブレットで利用できます。

「Microsoft Excel for Android」スマホ版の使い方

それではまず「Microsoft Excel for Android」の実際の使い方をご紹介していきます。項目ごとに分けて説明をしていきますのでご利用に役立てて頂けますと幸いです。

「Microsoft Excel for Android」を起動してサインイン、新規ファイルを作成

アプリを起動するとサインインの画面が表示されます。

  1. Microsoft Officeアカウントを持っていればアカウントでサインイン(持っていない場合は「新規作成」もしくは「後でサインイン」をタップ)
  2. ファイルの選択画面が表示される
  3. 新規ファイル作成の場合は「+新規」をタップ(既存のファイルを編集したい場合は「開く」をタップ)

※「後でサインイン」だとExcelファイルの編集に支障はありませんが、ドライブなど一部機能の制限がありますので注意が必要です。

新規作成時に選ぶことが出来るテンプレートにはたくさんの種類があります。ご自身の使用用途に合わせてお選びください。

「Microsoft Excel for Android」の基本操作

ここでは「Microsoft Excel for Android」を使用する際の基本操作についてご説明させて頂きます。

ファイルの操作

ファイルを開いた後でもファイル関連の操作は可能です。

  • 左上三本線のメニューアイコンをタップ
  • 新規→新規ファイルの作成をしたい場合
  • 開く→別のファイルを編集したい場合
  • 上書き保存・名前を付けて保存→保存したい場合

セルの入力

セルをタップすることで文字を入力することが出来ます。切り取りや貼り付けといった作業も、サブメニューから簡単に行うことが出来ます。

またセル範囲は、セルの端にある〇をタップしたままスライドさせることで拡大や縮小をすることが可能です。

編集作業

Aと鉛筆が重なっている「編集」のアイコンをタップすると様々な機能を使うことが出来ます。また、「ホーム」をタップすると「挿入」や「数式」、「関数」などを選択することもできます。

ホームでは文字の色やフォント、大きさ、セルの結合や右揃えなどをしたい時など、Excelにおける基本操作が可能です。

「関数」を使う

「Microsoft Excel for Android」でも関数の機能を使うことが出来ます。

「fx」ボタンをタップすると関数の一覧が表示されますので、関数を選択後セルをタップすれば作業が可能となります。

「Microsoft Excel for Android」ファイルの保存

続いて作成したファイルの保存方法をご説明いたします。

  1. 左上にある三本線をタップしてメニューを表示する
  2. 「名前を付けて保存」をタップする
  3. 保存する場所を指定する(OneDrive・このデバイス(スマホ本体)・クラウドストレージ・Googleドライブから選択可)

既存のファイルの編集をする際であればメニュー画面から「上書き保存」を選択できます。

またファイルの名前を変更したい場合は「3.保存する場所を指定する」際、一番下に「book」と表示されているところがあるのでそこをタップすると編集することが出来ます。

「Microsoft Excel for Android」スマホ版のインストール方法

「Microsoft Excel for Android」のインストール方法と必要要件

  • 画面サイズ: 10.1インチ以下のデバイス 現在リリースされているほとんどのスマートフォンとタブレットで利用できます。
  • 対応OSバージョン:KitKat (4.4.X) 以上
  • RAM:1GB以上

以上のデバイスの条件満たしていればお使いのAndroidにインストールが可能となります。

また「Microsoft Excel for Android」は、Google Playから誰でもインストールできます。アプリをインストールした時点で使用条件に同意したものとみなされ、使用権限が与えられます。

ただ「Microsoft Excel for Android」を使用するには、「Microsoft」のアカウントにサインインしなければなりません。アカウントを持っていない場合は新規登録する必要があります。

その他注意事項として、無料版は非営利(個人利用)目的にのみ使用が認められていることが挙げられます。

「Microsoft Excel for Android」有料版でできるようになること

  • 10.1インチ以上の端末で使用可能に
  • 商用利用目的での使用が可能に
  • Microsoft Office(PowerPoint/Word)の高度な機能すべてが使用可能に

※Excelについては、Office 365 のサブスクリプションによってロック解除される機能はなく無料版と同じ機能のみの利用となります。

有料版を利用するにはサブスクリプションを新規購入(¥1,274/月)する必要があります。

「Microsoft Excel for Android」を開きリボンから「ファイル」をクリック→ページ左下部「アップグレード」をクリック

こちらからサブスクリプションを購入することができます。アプリからサブスクリプションを購入した場合Google Play Storeアカウントへの課金となり、契約期間が切れる24位時間以内に自動更新となります。自動更新設定をオフにしている場合は手動で行う必要があります。

また既存のサブスクリプションをご利用になる場合は、「既存のサブスクリプションを使用してライセンス認証します」という選択がありますのでそちらを選んでください。

しかし「Microsoft Excel for Android」では、上述の通りサブスクリプションを購入しても機能の拡張はありません。

そのため、上の有料版で出来るようになる項目+PowerPoint/Wordの機能拡張を意図していない場合はサブスクリプションを購入する必要はないでしょう。

次ページ:「Microsoft Excel for Android」の特徴

「Microsoft Excel for Android」の特徴

他のデバイスと同様に使えるようになった「Microsoft Excel for Android」はどういった特徴があるのでしょうか?ここではそれらを紹介していきます。

スマホならではのやり易いタッチ操作が可能に

新しい「Microsoft Excel for Android」の特徴は、スマートフォンやタブレットの特徴である直感的なタッチ操作「タッチ・ファースト」で設計されたことでしょう。

「Microsoft Excel for Android」のグラフィック・ユーザー・インターフェス(GUI)は、パソコン版でおなじみのExcelの外観と操作性が引き継がれています。

しかしまったく同じというわけではありません。タッチデバイスを使ったことがない場合でもいくつかのジェスチャを覚えておけば、タッチ機能を最大限に活用できるようになるでしょう。

視覚的に操作できるように

数式・グラフ・表・並べ替え・フィルター処理などの機能を備えており、データの分析や視覚化が容易にできるように設計されています。

少し慣れれば、数式の追加や行・列順序の変更、表サイズの変更などの操作を指先のタッチだけで実行できるようになるはずです。

また通常のExcelの拡張子であるxls/xlsxファイルなどを直接扱えます。

自動保存機能

新しいスプレッドシートは入力を始めると同時にユーザーが指定した場所に自動的に保存されます。作業途中のデータが誤って失われてしまうといったミスを未然に防いでくれるのはありがたい機能です。

これまでオフィス文書をモバイルで活用したくても諦めざるを得なかったユーザーには待ち望んでいたアップデートです。

クラウド・ストレージとの連携が可能に

「Microsoft Excel for Android」は「OneDrive」、「One Drive for Business」、「Dropbox」、「Google ドライブ」などのクラウド・ストレージに対応しているので、必要なファイルにいつでもアクセスできます。変更内容は自動的に保存されるので安心して作業が可能です。

最新以外のバージョンを表示して復元することもできるので、あるデバイスから別のデバイスに切り替えても書式やデータが失われる心配はありません。

クラウドサービスを活用することによって、データ、分析、インサイトを他のメンバーと共有でき、業務効率の向上が期待できます。

またリンク、添付ファイル、あるいは独自に作成した招待状も送信できます。

まとめ

日本人 女性 女 30代 アラサー ライフスタイル 部屋 リビング 室内 ポーズ 机 テーブル ジーンズ パンツ デニム ジーパン ピンクベージュ ピンク チュニック カジュアル プライベート 部屋着 私服 パソコン PC ネット インターネット 見る 閲覧 ネットショッピング メール 在宅 在宅ワーク 副業 主婦 OL ハーフアップ mdjf013

タブレットやスマートフォンのスペックが上がるにつれて、これまで考えられなかったような利用方法が広がっています。これまでタブレットやスマホでのスプレッドシートの利用といえば、データの確認やプレゼン用に閲覧する程度でした。

しかし、新しい「Microsoft Excel for Android」はこの概念を完全に変えたといっても良いでしょう。

データ入力や修正はもちろん、データ分析や表、グラフの挿入など、これまでパソコンでなければできないと考えられていた作業がストレスなく行えるようになりました。どこにいても、オフィスと同じように仕事ができる環境が整いつつあるといっても良いでしょう。

その反面、息抜きのできる場所がますます少なくなるというため息も聞こえてきそうです。


スポンサーリンク