Home / Android / Androidのホーム画面のカスタマイズ方法

Androidのホーム画面のカスタマイズ方法

Androidのホーム画面のカスタマイズといえばウィジェットですね。しかし、Androidにはもっと大胆にホーム画面のデザインをカスタマイズする方法があります。アイコンやウィジェットを配置するための特別なアプリ、「ランチャー」を使う方法です。

このランチャー、ホーム画面をカスタマイズするのが目的のアプリなので「ホームアプリ」とも呼ばれています。いつもの画面、いつものアイコンが使いやすいという人もいれば、季節ごとに衣替えというユーザーもいるのがAndroidの世界です。画面が変われば気分も一新します。ホーム画面のカスタマイズに挑戦してみませんか。

スポンサードリンク

ランチャー(ホームアプリ)とは何か?

ランチャーは、アプリを起動させるためのアイコンをまとめて格納している特別なアプリです。アプリやウィジェットを貼り付ける「スイッチ板」だと考えればわかりやすいでしょう。オリジナルのホーム画面に、このランチャーを被せることで、まったく違うデザインに変えることができます。

しかし従来のパソコンの画面とは違い、Android端末にはタッチパネルが組み込まれており、入力方法も単純なタップだけではありません。入力情報をきちんと処理することができなければ、快適にAndroid端末を使うことはできません。

さらに、データを処理するということはリソースを使うということでもあります。ランチャーは、入出力装置の一部ですので常駐アプリです。ランチャーが余計なリソースを使いすぎると、端末の動作が遅くなる可能性もあります。

このような特性を理解して、自分に合ったランチャーアプリを選んで、ホーム画面をカスタマイズしましょう。

3b077f87209d558609778bf5b145dd38_s

ランチャーアプリ(ホームアプリ)を選ぶときのポイント

ランチャーは大きく2つのタイプに分けられます。第1のタイプは、ある特定のイメージでデザインした画面が「ホームパック」としてあらかじめ作り込まれており、着せ替えて使うものです。カスタマイズの範囲は、いくつかのテーマや背景画像を組み合わせるだけです。いわゆる「プリセット」されたデザインを選択すると考えれば良いでしょう。

第2のタイプは、好みのデザインを、自分自身で作ってゆくタイプのものです。柔軟度が多い反面、お気に入りのホームに仕上げるにはそれなりの時間と知識が必要です。

一般的に、第1のプリセットタイプの方が使用するリソースも小さく、動作も軽快なようです。導入作業も、Google Playで好みのデザインを探してインストールすれば、すぐに使えるものが多くなっています。

しかし、まったく個性的な画面に仕上げるためには、第2のタイプでなければ対応できません。オリジナルがまったく想像できないような、フル・カスタマイズされたランチャーを見ると、本当にすごいなあと思ってしまいます。Android端末の処理速度は近年相当に早くなっていますので、あまりリソースのことは気にしないという人は、挑戦してみるのも楽しいでしょう。

おすすめの「着せ替え」ランチャー

LINEランチャー

line%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc

出典:Google Play

「スマホが一瞬でかわいく大変身!」というキャッチの通り、ラインのキャラクターでホーム画面をデコレーションできるアプリです。地味なアンドロイドを簡単に大変身させることができるので、LINEキャラが大好きな人にはおすすめのランチャーです。

GOランチャーEX

go-launcher-ex

出典:Google Play

「おしゃれ、スマート、スリム」がキャッチフレーズの「GOランチャー」は、Android向きの着せ替えランチャーとして定番のアプリ。2億人以上のユーザーが愛用しています。アプリサイズが小さく、軽快に動作することが多くのユーザーに支持されている理由の一つ。

buzzHOME

%e5%a3%81%e7%b4%99%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

出典:Google Play

バズホームは壁紙とアイコンなどをまとめて簡単に着せかえできるランチャーです。着せ替えのメニューは約50万種。季節や気分に合わせて何回でも着せ替えができるのがポイント。

用意されているテーマのカテゴリーも、かわいい、クール、ガーリー、シンプル、スタイリッシュなど多様。スヌーピー、ムーミン、ドラえもん、エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン新劇場版)、サンリオなど、人気キャラクターや有名ブランドも用意されています。

ホーム画面を自由にカスタマイズするおすすめアプリ

ホーム画面を自由に替えるために必要な要素は3つです。まず背景画像を自由に替えることができること。これは、どの端末でもデフォルトで可能です。第2は、好きな文字や画像をアイコン(ボタン)として使えること。第3は、このオリジナルのアイコン(ボタン)を自由な位置に配置できることです。

自作ボタンと背景を組み合わせて配置すれば、グリッド状に配置されたおなじみのホーム画面とは「さようなら」です。必要なのは、想像力と根気だけ。あなたも完全なオリジナルのホーム画面を、友達や家族に自慢することができます。

Nova Launcher

novalauncher

出典:Google Play

自由度の大きさで評価の高いランチャーアプリ。アイコンテーマ、色、レイアウトなどが自由に変えられるのはもちろん、一般的なランチャーと異なり、ホーム画面のグリッドの間にもアイコンやウィジェットが配置できるのが特徴。

また、複数のドックを作ってウィジェットを配置し、スクロールさせることもできます。ホーム画面レイアウトやNova Launcherの設定をバックアップし、簡単に復元できるのも便利な機能です。

トータルランチャー

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc

出典:Google Play

トータルランチャーは、最も高い自由度を持つと同時に、動作の軽快さがうたい文句のAndroid向けランチャーです。

ボタンの動作も左フリックや右フリックを判別して動作を変えられるなど高機能。その一方で、一つ一つの設定を置いて行くのは相当に根気のいる作業でもあります。

まとめ

Androidのホーム画面のカスタマイズは、iPhoneに比べて相当に自由です。同じことをiPhoneでやろうとすると「脱獄」するしかありません。このAndroidに許された自由を使わない手はない、と考えるユーザーが多いのも納得です。ランチャーを使えば、少なくとも安全にカスタマイズに挑戦できるのも大きな利点です。

あなただけのスマホやタブレットのデザインにぜひ挑戦してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …