Home / Android / 自作も可能!Androidの着信音変更方法とおすすめアプリ8選

自作も可能!Androidの着信音変更方法とおすすめアプリ8選

みなさん、元から入っているスマホの着信音に飽きていませんか?Androidでは簡単に着信音を自分の好きな音楽に設定し直すことができます。

昔ながらの電話の音が良い人もいれば、オリジナリティーがある音、ポップ・ミュージックが好きな方など様々でしょう。

また今ではアプリを使えば自分で着信音を作成することもできるようになりました。

そこでこの記事ではAndroidの着信音変更方法とおすすめの着信音作成・配信アプリをご紹介いたします。

スポンサードリンク

Androidで着信音を設定する方法3選

Androidの着信音は設定しなくても初期設定がありますので、購入したらすぐにメールや電話の着信音を鳴らすことはできます。

では初期設定から変更したい場合はどうすれば良いでしょうか?

Androidの着信音を設定する方法を確認しておきましょう。

1.一括で着信音を変更する場合の設定方法

ホーム画面から「設定」タブ、「音」タブ、「着信音」タブの順にタップして画面を進めて行きましょう。

この時点で表示されている画面には、設定可能な音楽名もしくは曲名が羅列されているはずです。

ご自分の希望の音楽を選択すれば、全ての着信音を一括で変更することができます。

2.一括で端末内の効果音に着信音を変更する方法

前のセクションで書いた手順で着信音の一括変更が可能となりますが、このセクションでは特に端末内の音に着信音を変更する方法をお示しします。

「設定」タブ、「音」タブ、「着信音」タブまでの操作は同じです。

次に、通常であれば表示されている音楽名もしくは曲名の中から希望の着信音を選択して「OK」タブを押しますが、「追加」タブを押してみましょう。

すると着信音用の効果音が表示されますので、この中から希望の着信音をタップして「OK」タブを押せば設定完了です。

設定が終了したらホーム画面に戻り、「設定」タブを押して着信音が変更されていることを確認しておきましょう。

3.人物毎に着信音を設定する方法

メールや電話の受信相手によって、着信音を別に分けることができます。

この機能を設定しておけば仕事など必須で電話に出なければいけない人、友人、家族などで音を分けることにより、画面を見なくても連絡相手の目処がつくようになるので慌てる頻度が減ります。

特に仕事の電話が多い人にはオススメの機能です。

設定方法ですが、まずは「連絡先」ボタンをタップしてみましょう。

登録されている各連絡先の中から個別に設定したい人物を選び、表示されている画面右上に表示されている「編集」ボタンをタップしましょう。

スマホ端末によって画面の違いはありますが「着信音を設定」ボタンが表示されますのでタップし、変更したい着信音を選択して「完成」タブを押せば設定が完了します。

人物から入っていく設定手順なので、感覚的にも分かりやすいですし便利な機能なので活用しましょう。

着信音を自作できるアプリ4選

スマホの中でもAndroidの特徴は、MP3ファイルをそのままスマホの着信音として使用できる点です。

ただしMP3ファイルをそのまま使用した場合には着ウタとしてフルバージョンが流れることになるので、修正してあげることでより着信音らしくなります。

ここでは着メロを自作できるアプリを紹介します。ここで紹しする4つのアプリはいずれもGoogle Playから無料ダウンロードできるものですので、それぞれ使用してみてお好みのアプリを探してみましょう。

1.「着信音メーカー & MP3カッター」

1000万ダウンロードを突破した人気のアプリで、世界中で使用されています。

スマホに保存された音源をカットし、オリジナリティーのある着信音の作成が可能となります。

ソフトもMP3以外にWAV、AAC、AMRなどにも対応しているので、変換作業が不要です。

操作も簡単で、評価が非常に高いアプリです。

2.「着メロメーカー – mp3音楽付きの無料着メロを作成する」

こちらも長い名前のアプリですが着メロメーカー – mp3音楽付きの無料着メロを作成するも世界中で使用されている人気アプリです。

100分の1秒まで編集可能であり、MP3のオリジナル音源の音の大小に関係なく一定の音量で着信音を作成できます。

こうした繊細な機能があるおかげで、本当に使いたい部分だけを切り取り着信音に設定することができます。

2018年10月8日にはバージョンアップされており、多くのソフトに対応していて操作が簡単なアプリです。

3.「カット音楽、着メロを作るためのオーディオ」

こちらも2018年10月にバージョンアップされたばかりのアプリで、アプリ名通り音楽ファイルの好きなパーツを簡単にカットして着信音に利用することができます。

先に紹介した「着信音メーカー & MP3カッター」「着メロメーカー – mp3音楽付きの無料着メロを作成する」と比較するとユーザーの数は少ないアプリになりますが、評価は高く使用上の不都合は特に指摘されていません。

4.「オーディオ MP3カッター ミックス コンバーター」

オーディオ MP3カッター ミックス コンバーター」も機能が良い着信音作成アプリです。

MP3ファイルをカット、結合させることが自由にできますのでリミックスバージョンの作成も可能です。

また、2つ以上の音源を結合させる際には使用ソフトが別々であっても可能です。

次ページ:おすすめの着信音配信アプリ4選

おすすめの着信音配信アプリ4選

「着メロは自分で作るものではなく、出来上がった商品を使うべきだ」と考える方には着メロ配信サイトの利用がおすすめです。

今回はおすすめの着メロ配信サイト4選を紹介します。

1.「mysound」

mysoundプレーヤーは音楽で有名な「ヤマハ」が運営している音楽ダウンロードアプリです。

無料ダウンロードが可能な楽曲も提供されていますし、ご希望の音楽データがあればポイントを利用しながら購入することも可能です。毎月の固定料金を支払うシステムも便利です。

特に「mysound」では、「ハイレゾ」と称される「ハイレゾリューション」を利用した音源を利用できます。

通常CDなどで聞く音源はAACやMP3データを使用しており、データを圧縮しているため音の「奥行き」や「臨場感」までは表現することができませんでした。

「ハイレゾ」では圧縮工程を極力利用せず原音に近い高音質の音源を聞くことが可能ですから、ライブなどの臨場感を簡単に再現することができます。

まずは音の違いを実際に聞いて感じることが最も分かりやすいですから、Google Playから無料アプリ「mysoundプレーヤー」をインストールして早速試聴してみましょう。

2.「レコチョク メロディ」

レコチョク メロディ」は毎月定額の支払いによって全曲ダウンロードフリーの音楽アプリです。

LINEの通知音などオリジナルの着信音が準備されている点が特徴です。

ポップミュージックだけでなく、効果音やオルゴールなども手に入るので欠かせないアプリです。

また実施しているキャンペーンを利用すれば土日限定で1曲無料ダウンロードできる場合もあるので、お試しでダウンロードすることもできます。

3.「着信音設定」

着信音設定」アプリもGoogle Playから無料でダウンロードできます。

音楽ももちろんですが、様々な音源から作成された効果音も用意されていますので、日々聞いている音楽では物足りない人はこのアプリで独自の効果音を探してみましょう。

4.「music.jp 着信音ツール」

数秒程度の音が多数収録している「music.jp 着信音ツール」アプリは、着信音向けに加工されているのですぐに使い始めることができます。

音楽配信サービス「music.jp」のアプリですから楽曲数も豊富です。

アプリごとに通知音を設定する方法4つ

これまでは電話の着信音や電子メールの着信音の設定で事足りていましたが、最近ではSNSが普及しているので、電話や電子メールよりもSNSの方が頻繁に着信音が鳴るようになりました。

そこでアプリごとに通知音を設定する方法を確認しておきましょう。

1.LINE

1-1.LINEの着信音変更方法

LINEでの着信音変更方法を整理します。

まずLINEの「友達」タブをタップして、歯車マークで表示されている「設定」タブをタップし、「通知設定」をタップしましょう。

次の画面では先に「通知設定」と「サウンド」の項目をONにしておきます。

「通知サウンド」のタブをタップすると着信音の一覧表が表示されるので、ご希望の着信音を選択しましょう。

1-2.スマホ端末内の音楽をLINEの着信音に設定する方法

ここまでは既定の着信音の設定方法を整理しましたが、次はオリジナルの着信音を設定する方法を確認します。

スマホ端末に保存している着信音をLINEの着信音に設定するので手順が若干複雑になるのが難点ですが、この設定はAndroidのみで実行できるのでぜひ活用しましょう。

スマホ端末に「Notifications」という名前のフォルダがあり、このフォルダ内に入っている音源を着信音として使用することができます。

したがって着信音に使用したい音源は「Notifications」にあらかじめ移動しておく必要がありますので、もうひとつ別のアプリを利用しましょう。

ファイルマネージャー」というアプリをGoogle Playからダウンロードしたら「ファイルマネージャー」を開き、画面上部に表示されている「オーディオ」タブをタップしましょう。

するとスマホ端末に保存されている音源のリストが一覧表示されるので、LINEの着信音として使用したい音源にチェックを入れて左下にある「移動」タブをクリックしましょう。

次の画面で移動先フォルダとして「Notifications」が表示されているので、選択して「ペースト」タブをタップすれば音源の移動は完了です。

LINEアプリに戻り「友達」タブ、歯車マークで表示されている「設定」タブ、「通知サウンド」タブを順にタップしましょう。

着信音の一覧表の中で一番下にある「その他」タブをタップすると、「Notifications」に移動した音源が表示されるので、ご希望の着信音を選択しましょう。

つまり、LINEの着信音に使用する音源を「Notifications」へ移動しておくことがポイントなので、移動させる音源の数が多数の場合などはスマホ端末では操作が煩雑なのでパソコンで移動させておく方が簡単です。

次ページ:着信音配信アプリの音源をLINEの着信音に設定する方法

1-3.着信音配信アプリの音源をLINEの着信音に設定する方法

music.jp 着信音ツール」アプリをインストールして常時ONにしておくと、LINEに通知があった場合に「music.jp 着信音ツール」アプリが反応して着信音を流すシステムを構築することができます。

この方法は操作が簡単ですが、常時アプリが作動していることになるのでバッテリー消費及びメモリー消費が通常より多いことに注意しましょう。

「music.jp 着信音ツール」アプリを開いたら「アプリ通知音設定」タブをタップして「LINEメール」項目の「設定」タブをタップして下さい。

「music.jp RINGTONEが通知受信の情報を取得する事を許可する」表示が出るので「OK」タブをタップし「music.jp 着信音ツール」項目をONにして「OK」タブを押します。

するとスマホ端末に保存されている音源が一覧表示されるので、ご希望の音源を選択します。すると指定した音源を「先頭から指定」または「ココから指定」タブが表示されるので、ここでご希望の方をタップして音源の開始場所を決定します。

これで設定は完了ですが、LINEアプリの通知サウンドをOFFにする事を忘れないように気をつけましょう。

LINEアプリと「music.jp 着信音ツール」アプリは別々に作動しているので、LINEに通知が来た時に着信音が2つなってしまうからです。

「music.jp 着信音ツール」アプリを利用した着信音の設定は、Facebook、Twitter、Gmailなどの設定にも利用できるので覚えておきましょう。

2.Facebook

Facebookアプリを開き「メニュー」「アプリの設定」「お知らせ」「お知らせの着信音」の順にタブをタップしていきましょう。

ここまで来れば着信音を選択できる画面が表示されるので、ご希望の着信音を選択しましょう。

3.Twitter

Twitterアプリを開き「メニュー」「設定」「モバイル通知」「着信音」の順にタブをタップしていきましょう。

ここまで来れば着信音を選択できる画面が表示されるので、ご希望の着信音を選択しましょう。

4.Gmail

Gmailアプリを開き「メニュー」「設定」「受信トレイの音とバイブレーション」「ラベル通知」「音」の順にタブをタップしていきましょう。

ここまで来れば着信音を選択できる画面が表示されるので、ご希望の着信音を選択しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

Androidの着信音設定方法とおすすめの着信音作成・配信アプリをまとめました。

スマホ端末に初期から入力されている音源の設定や変更は、どのSNSでも操作方法は大きく変わりません。

専用アプリを使えば着信音を自作したり、配信されている着信音に変更できることを覚えておきましょう。


スポンサーリンク