Home / Android / Androidスマホの画像や動画をキャプチャする方法

Androidスマホの画像や動画をキャプチャする方法

アイキャッチ用

ネットで調べた情報を保存したり、スマホの操作を動画で保存したりとスマホに表示されている画面をそのまま保存したいことってありますよね。友人にお店の地図を送ったり、流行りのゲームのプレイ動画をネットにアップしたりと画像や動画を保存できるようになるとスマホを使ってできることの幅が広がります。

そこで今回は、意外と知らない人の多いAndroidスマホで画像や動画をキャプチャする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

画像をキャプチャする方法

例えば初めて行くお店を予約しそれを友人に連絡する場合、お店の場所を教える必要があります。メールやLINEでお店の名前や住所を送って各自で調べて貰うのもひとつの手ですが、地図をキャプチャしてそのまま送ってあげることができれば自分も友人も手間がかからずに済みます。

また、自分がネットで調べた情報を記録する場合、メモ帳に記入し直さなくても画面をキャプチャしておけば保存も確認も手間いらずです。書き間違いなどの人為的なエラーが起こる心配もありません。

いろいろな使い道のある画面キャプチャですが、その方法はいくつかあります。
目的や好みに合わせて選んでみるといいでしょう。

スクリーンショットを撮る方法

Android4.0以降のスマホでは、搭載されている基本機能で画面キャプチャ(スクリーンショット)を行うことができます。ほとんどの端末では、電源ボタンと音量ダウンのボタンを同時に長押しすることで現在表示されている画面をキャプチャすることができます。

また、Xperiaでは電源ボタンを1秒以上長押ししてメニューを呼び出し、スクリーンショットを選択する、GALAXYでは電源ボタンとホームボタンを同時に長押しするなど、方法が異なる場合がありますので注意してください。

Now on Tapを使ったスクリーンショット

Android6.0以降を搭載している場合は、Now on Tapという機能を使用することができます。Now on Tapは画面に表示されているワードをさらに詳細に検索してくれる機能ですが、情報の共有などを簡略化するためのスクリーンショット機能も組み込まれています。

まず設定画面でNow on Tapを有効にします。すると電源ボタンを長押しすることでNow on Tapのメニューを呼び出すことができます。検索ワードなどが表示されてきますが、左下の共有ボタンを押すことで他のどのアプリと共有するかの選択をするメニューが表示されます。この機能により、LINEで友人に地図を送る、Twitterで呟くなどの作業が簡単に行えます。

注意点として、この機能を利用しても本体に直接保存されることはないので保存したい場合はオンラインストレージにアップロードするなどの手順が必要になります。単純に本体に保存するだけの場合は基本機能として搭載されている撮影方法の方が手順が少ないのですが、他アプリと共有したい場合などにはとても有効ですので、ぜひ使いこなしてみましょう。

ページ全体をキャプチャする「画面メモ」

画面メモ

無料でダウンロードできるアプリにもスクリーンショットの撮影に有効なものがあります。この「画面メモ」というアプリがそのひとつで、標準ブラウザに拡張機能として画面メモ機能を追加できます。単純なスクリーンショット撮影と違う点は、ページ全体をそのまま保存できるという点です。

この機能により、電車の時刻表や料理のレシピなど、縦長でスクロールしなければすべて表示できない画面でも画面メモとして保存することができますし、電波の悪い場所などでオフライン状態でも閲覧することができます。オンライン状態ならページ内のリンクもそのまま利用できるので簡易ブックマークとしても利用可能です。

スクリーンショット

スクリーンショット

こちらの「スクリーンショット」はその名の通り、スクリーンショットを撮影してくれるアプリです。

基本機能と違うのは撮影した画像を切り抜いてトリミングしたり、テキストを追加しメモを残す、モザイクで一部を隠したりなど、そのまま加工ができる点です。シェア機能も搭載されているので、撮影した画像から必要な部分を切り抜き、メモを追加して友人に送るなど使い方次第でとても便利なアプリです。

スクリーンキャプチャ

スクリーンキャプチャ

「スクリーンキャプチャ」は単純に画面のスクリーンショットを撮影するというアプリです。

撮影した画像の加工や、その画像をシェアするなどの付属機能は搭載されていませんが、単純である分、簡単な操作でスクリーンショットの撮影ができます。指一本で撮影ができるので、同時押しがし辛い形状の端末や基本機能としてスクリーンショットが搭載されていないAndroid4.0以前の端末などの場合にとても有効です。

注意点として、root化された端末でないと使用することができないので
多少の専門的な知識が必要になってくるかもしれません。

画面をキャプチャ

画面をキャプチャ

「画面をキャプチャ」は画面のスクリーンショットを簡単に撮影し、手軽に加工をしたりする際に便利なアプリです。

撮影方法はボタンのワンタッチ、端末のシェイクなどから選択することができ、撮影した画像は一部を切り取るなどの加工をしたり、保存形式をJPGやPNGなどから選択することができます。保存するディレクトリの指定やファイル名も設定できるので、複数枚撮影する場合でもしっかりとファイルの整理ができます。

こちらも端末によってはroot化されていないと使用することができない場合がありますので注意してください。

スクリーンキャプチャショートカット

スクリーンキャプチャショートカット

こちらは無料版と有料版のふたつがあります。

無料版はシンプルに画面に表示されたボタンを押すとスクリーンショットが撮影できるというもので余計な機能が無い分操作がわかりやすく、初心者の方にもオススメです。

有料版にはいくつかの機能が追加されており、端末のシェイクで撮影できる「振りキャプチャ」やボタンを押してから指定した秒数のあとに撮影する「遅延キャプチャ」、撮影する際の音量をオフにする「サイレントキャプチャ」などがあります。

簡単にスクリーンショットを撮影できる便利なアプリですが対象機種の幅がやや狭いので、使用時、特に有料版を購入する際にはあらかじめ確認が必要です。

動画を録画するアプリ

離れた友人に端末の操作方法を画面を見せつつ説明してあげる場合などはスクリーンショットの撮影では何枚も必要になり、手間が増えてしまいます。しかし、操作方法を動画で送信できるようになれば一度の撮影で簡単に説明することができます。また、ゲーム実況をyoutubeなどのサイトで公開する場合などは動画ファイルの撮影が必要になってきます。

このように、画像ではなく動画を撮影したいという場面があるかと思います。そんなときに便利な動画撮影アプリをご紹介したいと思います。

Screen Recorder

Screen Recorder

動画撮影の標準的な機能を備えたアプリとして「Screen Recorder」はとてもオススメです。

撮影動画の時間制限が無く、長時間の撮影も可能です。端末をシェイクすると一時停止するという機能もあり、あとで動画を編集する場合などに必要な部分だけを撮影することができます。また、タップした箇所がわかるエフェクト機能も搭載しており、操作の説明などにとても便利です。

GooglePlayゲーム

googleplayゲーム

スマホでゲームをするという方の端末にはこちらの「GooglePlayゲーム」がインストールされていることが多いと思います。

このアプリは実績の記録やゲームスコアの公開などに使われていましたが、アップデートによりゲーム動画の録画機能が搭載されました。「マイゲーム」から録画したいゲームを選択し、録画ボタンをタップ、画質の設定をするだけで簡単にゲーム画面の録画ができてしまいます。

また、一度ゲーム画面でアプリを起動してしまえばゲーム画面以外も録画することができます。他アプリのような多彩な機能はありませんが、お手軽に録画をするのに便利です。

AZ スクリーンレコーダー

AZスクリーンレコーダー

「AZ スクリーンレコーダー」はとても多彩な機能を備えた無料アプリです。

録画中の一時停止や撮り直し、カウントダウンタイマーやスローモーション機能など動画撮影に便利な機能が数多く搭載されています。テキストの挿入やスクリーンタッチの表示などの機能もあり、説明動画の作成にも最適です。また、フルHD・QHD動画の撮影に対応しており、高画質な動画を撮影することができます。

SCR Screen recorder free root

scr-screen-recorder-free-root

こちらは動画を撮影してmp4形式などで保存できるアプリです。

解像度の設定やエンコーダーの種類の選択などが幅広く、細かい設定まで対応しています。インタフェースもシンプルで、ワンタップで録画が開始できるなど
直観的な操作で簡単に動画が撮影できます。

名前からもわかりますが、使用にはroot化が必要になりますので、その点には注意が必要です。

スクリーンキャプチャ活用法

「キャプチャのやり方はわかったけれど、どう使えばいいんだろう」という方もいるかもしれません。今まで使用していなかった場面でスクリーンキャプチャを使用することで、スマホがもっと便利なツールになることがあります。そんなスクリーンキャプチャの有効な活用例をご紹介いたします。

乗換案内を保存

初めての場所へ電車で行くとき、路線によっては何度か乗り換えが発生すると思います。インターネットの路線図などで検索し、あらかじめ調べておく方も多いと思いますが、そのとき、スクリーンキャプチャし画像を保存しておけば気になったときにすぐ見直すことができます。地下鉄などの電波の悪い場所でもすぐ確認が取れるのでとても便利です。

時刻表を保存

公式ホームページなどに時刻表を載せている交通機関は多いですが確認するにはインターネットに接続しなければいけません。ですが、電車やバスの時刻表などもキャプチャしておくことでいつでも見直すことができます。よく利用する交通機関の時刻表を保存しておくといいでしょう。

QRコードを送る

URLなどを簡単に読み込むために簡略化したQRコードというものがあります。カメラで簡単に読み取ることができるので、URLなどの長文を入力する手間が省けるのですが、現在ではLINEの友達登録など、さまざまな分野で使用されるようになっています。スマホで作成したQRコードをキャプチャすることで、そのまま送信することができます。

ショッピングの注文番号を保存

amazonや楽天市場など、インターネットの通信販売を利用される方も多いと思います。通信販売で買い物をした際、それぞれに注文番号というものがついています。再注文する際や何かしらのトラブルがあった際などに必要になるのですが
うっかり忘れてしまうことも多々あるかと思います。

そこで、この注文番号をキャプチャしておくことで、いつでも確認できるようにしておくのです。桁数の多い数字の羅列であることが多いので、メモ書きなどでおこる書き間違いなども防ぐことができます。

待ち合わせ場所を送る

友人と待ち合わせる際、待ち合わせ場所の説明に困った経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに目印が無い場所の場合、勘違いからなかなか会えなかった…ということもあります。そこでGoogleMapなどの地図アプリをキャプチャし、画像をお互い共有することで目印となるものが無い場所でも待ち合わせ場所を明確にすることができます。

キャプチャできないアプリ画面もある

一部の有料アプリなどではキャプチャを禁止する仕組みを組み込んでいるため、ご紹介した操作を行ってもキャプチャできない場合があります。とくに有料動画を配信するアプリなどで多くみられます。どんなものでもキャプチャできるというわけでは無いので注意してください。

まとめ

画像や動画をキャプチャする方法や画像の有効利用などをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。無料のものから有料のものまであり、その機能はさまざまですがご自分の目的に合った方法を利用することで、スマホの利便性がさらに上がります。

今までキャプチャを利用していなかった方も今回ご紹介した中からご自分に合った利用方法を見つけ、もっと便利にスマホを使いこなしていただければ幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …