Home / Android / Androidのおすすめカメラアプリと特徴

Androidのおすすめカメラアプリと特徴

友達との思い出や、街で出会った一瞬の心ときめく風景、子どもの成長の記録やお気に入りのカフェのスイーツと、スマートフォンで写真を撮るチャンスは無限にあります。公開されているカメラアプリを使えば、自分好みの写真が演出できます。ぜひインストールして試してみてください。

ハイエンドのデジカメや一眼レフと比べれば、まだまだスペックは劣りますが、スマホに付属しているカメラは相当に高性能になっています。編集や加工によってはプロ並みの出来ばえにすることもできます。持ち歩いていなければ写真は撮れないわけで、スマホカメラのアドヴァンテージは相当高いですね。

最近では、メールで友達と交換するだけでなく、ブログやインスタグラムなど、アップロードする先も増えました。お気に入りのカメラアプリで、スマホライフをさらに充実させてください。

スポンサードリンク

高機能カメラアプリ

d68285d34798b8105a6f37145850d588_s

普段から一眼レフやハイエンドのデジタルカメラを使っている人は、スマホ内蔵カメラのオート撮影モードに物足りなさを感じるようです。

そんな写真上級者のためには、シャッタースピードやホワイトバランス、照明のオンオフだけでなく、測光方式の切り替えやISO設定、ブラケット撮影など、好みの写真に仕上げるための項目を細かく設定できるアプリも出ています。

おすすめの高機能カメラアプリをご紹介しましょう。

Camera FV-5(高機能カメラアプリ)

出典:Google Play カメラFV-5

camera-fv5

以前の「Camera FV-5 Lite」はお試し版では解像度「640×480」しか撮影できませんでした。現在は「2048×1536」まで撮影できるようになりました。それでも、操作性を確認して気に入ったら、有料版(320円)の使用をお勧めします。多機能ながら、使いたい機能が一つの画面上で操作できるGUIが最大の特長の高機能カメラアプリです。

シャッタースピード、ホワイトバランス、フォーカス、測光、ISO、露出補正などが細かく設定できます。ワンタップで操作できるので、シャッターチャンスを逃さずすばやく設定が出来ます。

ISO設定は50から3200までとAutoモード。解像度は最大3840×2160と十分。明るい屋外でもNDフィルターを必要とせず、ISOや露出などを工夫すれば、薄暗い室内でもフラッシュなしの撮影が可能です。

夜撮カメラ

出典:Google Play 夜景カメラ

%e5%a4%9c%e6%99%af%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

夜景を美しく撮影することに的を絞ったカメラアプリです。光量の不足する夜景では、どうしてもノイズが発生していまいます。この夜景カメラは単なるISO設定範囲を広げるのではなく、 コンポジット合成機能によってノイズ軽減を図っています。

長時間露光によるブレ対策としては、自動ブレ補正機能を組み込んでいます。

無音カメラアプリ

会議室やレストランなどでの撮影で気になるのがシャッター音。赤ちゃんや動物を撮影する時にもシャッター音が邪魔になります。標準のカメラアプリでシャッター音が消せないようになっているのは、盗撮を防ぐためですが、TPOにあわせて「音を消す」機能は誰もが求めているものかもしれません。

無音カメラ [高画質]

出典:Google Play 無音カメラ

%e7%84%a1%e9%9f%b3%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

シャッター音を消せるアプリの中でも、高画質をウリにしているのが、この「無音カメラ [高画質]」です。インストールした後、設定なしでいきなり「無音」で写真が撮れます。

ズームやフォーカスが簡単に設定できるほか、ホワイトバランスの調整やライトのオン/オフなど直感的に使用できます。

カメラ ICS+

出典:Google Play カメラICS+

cameraics

カメラ ICS は、Ice Cream Sandwich (Android 4.0)に含まれている公式カメラアプリの改良バージョンです。動作は軽快で、GUIも直感的に操作できます。インストール後、サイレントモードはOFFになっているので、ONにすると操作音が消えます。

広告表示が点滅するなどして存在を主張するので、一通り動作を確認して気に入ったら、広告がないバージョンの「カメラ ICS+」の購入をおすすめします。

特化機能カメラアプリ

Android用カメラアプリの中には、さまざまな特殊効果を簡単に実現してくれるものがあります。肌の色をきれいにしてくれたり、特殊なフレームと合成したり、使い方はアイデア次第で無限です。

Cameringo+ (超広角レンズ効果)

出典:Google Play Cameringo+

cameringo

魚眼レンズや広角レンズのようなカメラ効果を表現できるカメラアプリ。さまざまなデフォルメなど、300以上のカメラエフェクトと20を超えるフレームを搭載しています。

すべてのフィルターはカスタマイズ可能で、ユーザー好みのエフェクトを利用できます。シンプルかつパワフルなインターフェースもこのアプリの特徴。搭載のエフェクトを使ってGIFアニメーションを作る事も出来ます。

B612(自撮りアプリ)

出典:Google Play B612

b612

自撮り用に厳選された25種類のフィルターを内蔵。顔認識スタンプといろんなエフェクトで、一味違うオリジナル写真も撮影できる自撮り用アプリ。

撮影した自撮り写真はFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSで簡単にシェアできます。

BeautyPlus(美肌効果)

出典:Google Play BeautyPlus

beauty-plus

いわゆる「美肌」アプリ。高度な顔認識で美顔加工できる「自動美顔」機能をはじめ、美肌、デカ目、ホワイトニング、顔やせなど、20種類以上のフィルターと写真加工機能を数多く搭載した自撮りアプリ。

シャッター音が出ない「無音機能」もついており、周囲を気にせず撮影することもできます。自動光補正機能やセルフタイマーなど高度な機能も搭載している多機能アプリです。

スケッチカメラ(絵画風特殊効果)

出典:Google Play スケッチカメラ

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

リアルタイムでスケッチや鉛筆画、油彩画、水彩画などの効果を再現できるカメラアプリ。保存されたギャラリーの写真にフィルターを適用することもできます。

Foodie(フード撮影アプリ)

出典:Google Play Foodie

foodie

「食べ物写真」をいかに美味しそうに撮影できるか、という1点を追求して生まれたカメラアプリ。20種類を超えるフィルターとさまざまな加工機能が、日常の料理をプロの一皿に変身させます。

まとめ

最近のAndroid用カメラアプリの充実ぶりには目を見張るものがあります。以前はフォトショップのようなプロ用編集ソフトでしかできなかった作業が、撮影時に瞬時にできてしまうのは驚きです。

いかに多機能なソフトでも、熟練の技術を必要としたのでは使いこなすことはできません。その点、Androidのカメラアプリは誰でも簡単に使う事ができるのも特徴です。「美白ソフト」など、まったく別人のように修正できます。ぜひ、お気に入りのカメラアプリを見つけてください。


スポンサーリンク

Check Also

位置情報(GPS)を使った人気のアンドロイドアプリ

昨今では携帯のGPS機能を使っ …