Home / Android / Androidのアプリを完全に削除する方法

Androidのアプリを完全に削除する方法

使わなくなったアプリをインストールしたままにしておくことはおすすめできません。無駄にストレージスペースを占有し続けているだけでなく、バックグラウンドでリソースを使っている場合もあります。Android端末を快適に使用し続けるためにも、使用しないアプリは、完全に削除してしまいましょう。

スポンサードリンク

アプリの非表示とアンインストール、無効化の違い

アプリをホーム画面から削除しても「非表示」になっただけです。ホーム画面はすっきりしますがアプリは端末にインストールされたままです。アプリを端末から完全に削除するにはアンストールする必要があります。

しかし、端末を購入した時にプリインストールされたアプリについては、アンインストールすることはおすすめできません。無理にアンインストールすると端末の動作が不安定になったり、一部の機能が使用できなくなったりすることがあります。

そこで、この二つを分けて作業を確認しましょう。まず端末購入後にインストールしたアプリのアンインストール(削除)の方法を説明します。プリインストールされたアプリについては、次の項目の「アプリの無効化」を参照してください。

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

アプリのアンインストール(削除)の方法

まず、ホーム画面の「設定」メニューから「アプリ」または「アプリケーションの管理」設定画面を開きます。端末によっては「アプリとゲーム」のように、他のメニューと一緒になっていることもあります。

次に、インストールされたアプリをすべて表示させます。「ダウンロード」のメニューがある場合は、選択すると購入後にインストールしたアプリの一覧だけが表示されます。使わないアプリを選んでタップすると「強制停止」と「アンストール」のメニューが表示されますので、「アンストール」をタップすると、アプリは端末から完全に削除されます。

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e6%b6%88%e5%8e%bb%e7%94%bb%e9%9d%a2

プリインストールされたアプリを無効化する方法

アプリのアンインストールと同じく、ホーム画面の「設定」メニューから「アプリケーションの管理」を選びます。「すべてを表示」「すべてのアプリケーションを表示」などのメニューがありますのでタップすると一覧が表示されます。ここで、プリインストールアプリを選んでタップすると「無効」あるいは「無効化」のメニューが表示されます。

%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e7%84%a1%e5%8a%b9%e5%8c%96%e7%94%bb%e9%9d%a2

「無効」をタップするとアプリは使用できなくなり非表示になります。

注意としては、プリインストールされていたアプリを無効にすると、そのアプリの関連データも削除されることに留意してください。もし、そのアプリで使用していたデータを共有しているアプリがあった場合、そのアプリも正常に動作しなくなる場合があります。類似した機能のアプリを使い続ける場合は注意してください。

基本的に、すべてのアプリはアンインストールか無効化のどちらかが選択できます。アンインストールできなければ無効化と考えておけば良いでしょう。無効化の場合も、アプリが使用していたデータや更新情報などはリセットされ出荷状態に戻りますので、ストレージ容量もある程度解放されます。

アンインストールされたアプリの再インストール

アプリをアンインストールしても、端末に再び追加することができます。有償で購入したアプリの場合は、一般的には再インストールの際に再度代金を支払う必要はありません。アンインストールしたアプリを、再びPlayストアから再インストールすれば復活できます。

この時、過去に購入したアプリは「購入済み」と表示されているはずです。もし、支払いを再度求められたときには、Google のアカウントをチェックしてみてください。PlayストアはGoogle アカウントでコントロールされており、アカウントが違うと過去の支払いが反映されません。

無効化したアプリの再有効化の方法

一度無効化したアプリを再度使用するには、有効化する必要があります。無効化した時と同じ手順で、「設定」から「アプリケーション管理」に進み、アプリの一覧から無効化を解除したいアプリを選択します。

%e6%9c%89%e5%8a%b9%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e7%94%bb%e9%9d%a2

「強制停止」とならんで「無効」と表示されていた場所が「有効にする」あるいは「無効化を解除」などという表記に変わっています。この「有効にする」「有効化」のメニューをタップすれば、無効化されていたアプリは再有効化されて使用できるようになります。

アプリを削除する前に注意しておくこと

Androidのアプリは日々更新されています。「新しいバージョンのアプリをインストールしたら動作が不安定になった」、「古いバージョンの機能が新しいバージョンではなくなってしまった」といった話をよく聞きますね。

また、アプリそのもののリリースが停止されてしまい、再インストールができなくなる場合もあります。アプリをアンインストールする前に、ネット上での評判などを確認しておきましょう。将来、再度使う可能性のあるアプリについては、こまめにアプリを終了させておくことでリソースの消費は抑え、削除しないという選択も検討しましょう。

プリインストールされたアプリについては、特にGoogle、端末メーカー、通信キャリアの名前がついたアプリはできるだけ削除(無効化)しない方が安全です。動作が不安定になったり、セキュリティ上必要な機能が阻害されたりする可能性があります。少しでも動作がおかしくなったら、すぐに有効化することをおすすめします。

まとめ

Androidのアプリは、気がつかないうちにどんどん増えてゆくものです。しかし、多くのユーザーは、日常的に使うアプリは数種類だとも言われています。日々性能が向上するスマホですが、リソースには限りがあります。長い間使っていない不要なアプリは削除して、快適なモバイルライフをエンジョイしてください。


スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画をAndroidでダウンロードする方法

ここ数年で、大きな盛り上がりを …