Home / IT / AIの意味とは?人工知能について知ろう
ai3

AIの意味とは?人工知能について知ろう

皆さんは、最近ニュースでも頻繁に見かける様になった「AI」という言葉はご存知でしょうか?「AI」とは、日本語では「人工知能」と言われ、「コンピューターが、まるで人のように考えて行動することが出来るシステム」というような意味を持つ言葉です。

近年話題の「Pepper」や、お掃除ルンバなども、この「AI」のシステムや考え方をベースに開発された身近な人工知能たちです。人工機能の技術は、現在進行形で人のように日々成長しているため、明確な定義が確立していないものです。

この記事では、現在も成長を続ける「人工知能=AI」について、紹介していきます。ニュースなどでこの単語が出ていたときも、内容が理解しやすくなりますよ!

スポンサードリンク

近年よく耳にする「AI」って?

ai1

ニュースでも頻繁に出てくるようになった「AI」という言葉。

「AI」とは、分かりやすくいうと「人工知能」と呼ばれるものの略称となるのですが、どんなものか知っているようで、説明しにくい言葉かと思われます。ここでは、まず「AI」と「人工知能」について紹介します。

AIはなんの略称?

「AI」とは、「artificial intelligence」の頭文字を取った略称で、「artificial」は、人工的な・人造の、と言った意味を持ち、「intelligence」とは、思考力・知性・理解力、探求と言うような意味を持ちます。

日本語では主に、それらの意味を理解しやすくした言葉として「人工知能」と呼ばれます。

人工知能ってなに?

「人工知能」とは、実はまだ正確な定義がある言葉ではありません。主な意味合いとして、「人工的に人間の脳が行っているような知的な考え方や思考を、コンピューター上で行うシステム」または、そのシステムや機能の実現に向けた活動のことをいいます。

もっと分かりやすくいうと、「人間のように考えることが出来るコンピューターを作ろう」ということです。コンピュータが、人間のように自分で考えて行動し、まるで人間のように問題を解決する。

まさに「ドラえもん」やキテレツ大百科の「コロ助」などをイメージしてみてください。彼らは、自分の独自の考えを持ち、まるで人のように考えて行動や判断を行います。このような、コンピューターが自立して人のように考えることが出来るシステムを人工的に作り出そう、というのが「人工知能」です。

AIを詳しく見てみよう

ai2

上記で、大まかではありますが「AI」や「人工知能」について見てきました。もう少し、理解を深めるために、「AI」の歴史や現在でもすでに利用されているAIについて見ていきましょう。

AIの歴史

「AI」の歴史は実はとても古く、現在のような高度な技術が生まれるまでに長い間、研究が続けられてきました。「AI」の起源は遡ると紀元前までに戻ってしまう考え方があるとも言われています。

最も古い起源は定かではありませんが、初めて「AI」が世の中で大きく注目されるようになったのは、1960年代頃のことです。この時は、現在の人工知能が持つような高度なシステムはまだまだ実装には至らず、当時の限界が来るまで模索が続けられた時代でした。

それから、1980年頃に第二次ともいえる「AIブーム」の波が起きましたが、この時も現在ほど話題に登ることはなく、本格的に注目され技術の成長が大きく世間に広まったのは、最近の2010年頃になります。

このように「AI」は、長い時間を掛けて成長のブームを繰り返しながら、今日のような私達が簡単に理解するのは難しいと思えるシステムや技術を確立していきました。つまり、現代で活躍している人工知能は、長い研究や開発者達の努力の結晶なのです。

AIとロボットの違いは?

「AI」は、「コンピューターが人間の脳のように自立して知的に考えるシステム」ということを紹介しました。それでは、「AI」よりも早く世の中に流通した「ロボット」とは、どんな違いがあるのでしょうか。

「ロボット」の起源としては、「人間の代わりに作業や仕事を自立してこなすことが出来る機械・そのシステム」といった目的で、開発が始まりました。「AI」の先輩ともいえる「ロボット」との明確な違いは、定かではありませんが、大きく異なるのは「AIは自立して脳のように思考する事が出来る」という点です。

現代におけるロボットも、技術が驚くほどに進歩して、人のように行動したり、受け答えをしたりできるロボットが開発されていますが、ロボットにはあくまでも、「この場合はこう判断する」「これができたら、次はこれをする」といったように、行動のほとんどが人の手によってプログラムされています。

「AI」の目指しているところは「人がプログラムしていないことも、AI自らが思考して判断し、行動するする知能」であることです。最終的には、人の手を借りずにAI自身が考える、人の脳のようなシステムを作ることが目的とされているのが、ロボットと似て非なる部分と考えられています。

AIの種類は?

「AI」と一口にいっても、AIにもできることとできないことのレベルが存在し、またその役割によって大まかな種類分けをすることができます。
AIの種類は、大きく分けて以下の種類に分類することができます。

  1. 特化型人工知能(AGI)
  2. 汎用型人工知能(GAI)

「特化型人工知能(AGI)」とは、ある特定の領域に特化した知能を持つ人工知能で、いわゆるその分野の専門家というイメージをしてみてください。

例えば、近年のニュースでも話題となった、「囲碁のプロ棋士と人工知能の対決」等で使用される人工知能は、この「特化型人工知能」になります。専門的に絞られた領域内では、人以上の知能を有していると言われ、自動車の自動運転のシステムにもこちらが利用されています。

対して、「汎用型人工知能(GAI)」とは、その言葉の通りあらゆる物事に対応できる人工知能であり、現在「AI」の開発はこちらの知能の実現を求めて日々開発や研究が進められています。

この汎用型人工知能は、前述している「AI」の到達点でもあり、最終的にAI自身が考え、様々な課題を解決できるようになる事が理想とされています。それ故に、解決しなければ行けない課題は多く、簡単には開発に成功はできないようです。

身近なAI

とても近未来と思われる「AI」ですが、実は私達の生活の身近なところで、すでにAIは活躍しています。例えば、自分で動いて床を掃除してくれる「ルンバ」。

どちらかと言うと、ロボットに近いとも言われますが、このルンバのシステムに組み込まれている「状況を判断して、柔軟に対応できる」という点では、AIの役割を持っているとも言われます。自立して考えることはルンバにはできませんが、家具の配置や床の障害物を感知し、自分で判断して行動することができます。

他には、私達がインターネットで何気なく使っている検索ツールの「Google」の機械学習などにも、AIのシステムが使われています。
検索された言葉から、関連性の高い言葉を見つけ出したり、正確な言葉を入力しなくても、その言葉に似ている言葉を判断して、私達の検索をサポートしてくれています。

このように、「AI」の高度な技術はまだまだ世間に流通していなくとも、このAIのベースとなる技術は、すでに私達の生活を豊かで便利なものにするために、いろいろな場所で使用されていることが分かります。

AIの今後

これまで、「AI」の素晴らしいところを紹介してきましたが、これからAIの技術が進歩することで悪い事が起きる可能性も、専門家たちは危惧しています。

人のような知能を持って行動するコンピューターがもっと流通すれば、生活は豊かになりますが、本来人が行ってきた仕事をAIが担うことで、なくなってしまう職業があるとも言われています。ここでは、今後のAIの将来について少し考えてみましょう。

現在AIが活用されているところ

前述した通り、AIはそのレベルの違いはあれど、すでに私達の身近なところで活躍をしています。現在、積極的にAIのシステムを活用しているのは、「Google」や自動車の自動運転システムなどです。

特に自動車の自動運転は、すでに市場に出ているものもあります。障害物や周りの状況を判断して、事故を未然に防ぐために自動でブレーキを掛けたり、突然子どもが飛び出してきたときなどにも対応できるような、高性能のセンサーが搭載されています。

このような、IT業界や自動車業界などでは、知能レベルの高いAIのシステムが多く活用されており、今後も技術の進歩に向けて様々な取り組みが行われています。

今後どのようなところに使われていく?

「AI」は、今後もっと私達の生活により密接に関わってくる事が予想されています。

現在、積極的にAIの開発協力や導入に力を入れているのは、大手IT業界の「Google」や「Microsoft」、自動車やものづくりの大きな工場を持つ大企業、大量のデータを取り扱う流通業界などが上がられます。

日本ではまだ発売に至っていませんが、誰もが知っているインターネットのオンラインショップ「Amazon」では、「Amazon Echo」と呼ばれるスピーカーと一体型の対話デバイスを販売しています。

これは、音声によって様々な家電の操作が行えたり、製品の使い方などを質問すれば会話して答えてくれるといった商品です。こちらにはAmazonが開発した人工知能「Alexa」が使用されており、利用者が増えるごとに多くのデータを習得して、日々進歩していると言われています。

日本でも、音声に反応して中身の状況を判断して足りないものを教えてくれる「冷蔵庫」や、お店の受付などでお客様の案内を行う受付AIの開発など、AIは狭いジャンルに囚われずに、様々な角度から多くの企業が開発に尽力している事が分かります。

AIが人の仕事を奪ってしまう可能性も?

人に代わって、様々なシーンでの活躍が期待されている「AI」ですが、その一方で、AIの進歩によって今まで人が行っていた仕事がAIに取られてしまう可能性が危惧されているのも現状です。

例えば、コンビニやショップにおける小売業の販売員、一般事務員、コールセンターの案内スタッフ、ビルの管理人など、人の手を使わなくともコンピューターが変わりを担えるだろうと、と予想されている職種は、AIの労働市場の参入によって、なくなってしまうかもしれないと言われています。

人が手間を掛けなくても済む部分を、AIにやってもらうことは確かに効率化を図ることができ、経済が円滑に回るようにも思えますが、そのなくなってしまうかもしれない職種で現在仕事をしている方たちには、あまりいい話には聞こえません。

すでに、一部の企業では人の手を省きAIに仕事を任せることで、人員の削減などに貢献が行われているようですが、これがもっと多くの企業で行われるようになれば、私たちは機械に取って代わられない仕事のあり方を考えなくてはいけないのかもしれませんね。

優れた人工知能でも、できないことはたくさんある

どんなに、人のように考えることが出来るAIが生まれたとしても、「人工知能」が取って代わることができないものもたくさんあります。カウンセラーや、人材の育成、育児など、優れた機能だけでは成立しないものは、人工知能が解決できない部分が大きいでしょう。

人には感情があり、その心のこもった感情が誰かを動かす事があります。上記の項で、人工知能は人に取って代わって様々な問題を解決することを目的としていると、紹介しました。

人は感情が伴う生き物です。人工知能にこの「感情」の部分がどのように反映していくのかは、これからの研究課題でもあるようですが、なんでもコンピューターに任せないという、人の気持ちはどんなに生活が豊かになるとしても、忘れてはいけないことかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。「AI=人工知能」は、すでに完成された技術ではなく、現在進行形でどんどん進化と成長を続けている、まさに「人間のように成長するシステム」です。

これからの私達の生活を豊かにしてくれる一方で、私たち自身も人工知能の技術進歩に負けないように、社会を成長させていく必要があるかもしれませんね。
今後も新しい発見が出てくる人工知能から、目が離せませんね!


スポンサーリンク

Check Also

iot家電って何?おすすめiot家電9選!

iot家電をみなさんはご存知で …